FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『Zアイランド』を角川シネマ新宿1で観て、疲れてる時にはこれくらいがいいふじき★★★

五つ星評価で【★★★悪くはないんだけど、すんごいこれだ感もなし】

品川祐の映画はセリフが多く、それが映画のテンポを妨げる事なくポンポン丁々発止で進む。ただやっぱりヤクザ系の映画からゾンビ映画に踏み出す一体目のゾンビ出現シーン辺りの説明セリフは胡散臭い。基本、一人語りになってしまうからだろう。コントじゃないんだから、いくら恐怖でメチャクチャになっていても、人は状況を説明しながら逃げたりはしない。

ゾンビに立ち向かう元ヤクザ組長に哀川翔。どんなジャンルの映画でも中心に置いてブレないのは大変良い。

インチキっぽいポリ役の窪塚洋介のライトにいい加減な感じがとっても気持ちいい。
エロ好きのヤブ医者、風間俊介もいい加減な感じがいい。
いい加減な奴らが好きなのは、そんな風にやりたいなって願望か?

家出娘二人(山本舞香(黒髪)、水野絵梨奈(茶髪))、看護婦シシド・カフカ、元カノ篠原ゆき子あたりが「女の子」ラインなんだけど、この辺りはもうちょっと頑張ってほしかった。女の子が可愛く撮れてさえすれば、それなりに嬉しいもんだし。茶髪が紺ソクの上にルーズ重ねて履いてるのはリアル。

ヤクザとかクズやらせると芸人は輝く。
キム兄と大悟と宮川大輔はアクションも実にいい。

ラストカットはゾンビものとしてのあるあるラストで終わるよりは、
任侠映画のあるあるラストで締めた方が収まりが良かっただろう。
そこだけでも収まりよくすれば、
凄く賛成に回る人が増えたっぽい気がするちょっと残念な一本。
まあでも、仕事で疲れている時はこれくらいの映画が観たいので、それにはちょうど良い映画だった。


【銭】
テアトル会員更新時の1000円で一本見れる券使用。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
Zアイランド@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
Zアイランド@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
Zアイランド@だらだら無気力ブログ
スポンサーサイト



『原宿デニール』をUCT9で観て、映画以前の問題としてあれはいかんふじき★★

五つ星評価で【★★おそらく安い撮影機材のデジタルはいかんということだろう】

映画の出来以前に、1カットの中で露出(明暗)が安定しないカットが幾つもある。『バードマン』のような超長回しとかではなく、ごくごく普通のカットだ。デジタル映写機のせいとは思いづらいので、撮影の時に自動露光がオン(不安定)の状態のまま、撮り続けたという事ではないだろうか。ごくごく最近までのフィルム撮影では撮影時間中照明を焚いていたので、露光は一定していた。仮に屋外での自然照明での撮影をするにしても人工照明でのノウハウがあるから一定の採光になるよう意図して撮影したに違いない。デジタルで小さなカメラで誰もが撮れるようになった事から、安い映画では撮影機材の性質を掴み切れず、気持ち悪い映像を撮ってしまう事が多いように思う。デジタルモアレだったり、ピント異常だったり。それは撮影失敗だから誠実に対処するなら再撮影すべきだが、撮影素材をPCの小さいモニターで確認するのだから、ミスに気が付かない。最後にスクリーン試写を行う段階で気づいても、どうにもならない。そんな事象が多くなってそうだ。プロなんだから、ちゃんとしてほしい。

原宿を舞台にしたライトな群像劇はそこそこ面白い。
ただ、指輪屋と耳かきが同じだとかは分からなかった。
登場人物が多いのに整理が行き届いていない感はある。
市井に巣食う一介の変態として「デニール」という単語くらいは知ってる。
ちなみにデニールが大きい方が好み。

女の子はそこそこ出てるけど、あまり可愛く撮れてない気がする。
照明が適当だからしょうがないか。
単純に晴れの日と曇りの日だったら、女の子は晴れの日の方が綺麗に映る。
原宿がジメジメしてる訳でもないだろうけど、
この映画の中でカラっと晴れてたって印象はない。
お目当てで見に行った武田梨奈の脚は、武器としてはいいけど、
失礼ながらそんなに綺麗じゃないと思う。

ホモじゃないけどパンスト屋の男はかっこいいと思うな。

あと、寿司屋のオヤジの一喝はよし。


【銭】
太っ腹にも1800円均一料金をそのまま払った。見終わってムカムカする事も知らずに。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
原宿デニール@ぴあ映画生活