FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『クライム・キーパー 香港捜査官』をシネマート六本木3(B1F小)で観て、集中力切れ切れふじき★★

五つ星評価で【★★ともかく延々カンフー】  

カンフーさえあれば私、何もいらないの、とばかり延々カンフー。
後半雪崩のように増えるカンフー津波に集中力が切れて船を漕いでしまった。

ドニー・イェン祭の一本だが、原題の「皇家師姐IV直撃證人」からも分かる通り、主役は女刑事シンシア・カーンの方だろう。この女刑事、映画冒頭は三原じゅん子みたいな厚化粧でちょっと引いたが、映画見ているうちに志保美悦子っぽく可愛く見えてくる。
睡眠薬を打たれ、眠さと戦いながらカンフーするシーンがエロい。

ドニー・イェンはちょっといけ好かない男の刑事で、最終的にはいい奴クラスに昇格するが、見映えも含めて信用できないオーラがぷんぷん漂ってくる。どっしりしてないっつーか、童貞オーラ強いっつーか。

「クライム(犯罪を)キーパー(保護する)」って邦題はあかんのじゃないの?


【銭】
さよなら興行1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
クライム・キーパー 香港捜査官@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



『アイアンモンキー』をシネマート六本木3(B1F小)で観て、3ってそうだったのかふじき★★★

五つ星評価で【★★★映画は面白いよ、適当に】  

昔、ファーストランと最終二番館興行(多分、テアトル池袋)で見てる。
ソフトとそれを掛ける上映設備との相性や兼ね合いもあるのかもしれないけど、ともかく今回の上映はヘロヘロだった。先週観た『MAD探偵』もヘロヘロだったからシネマート六本木の3は設備的にあかんのかもしれん。音は暑い所に放置したカセットテープみたいに波だったし(但し、冒頭映画会社マークだけで本編は慣れたのか違和感を感じなかった)、映像はベタっとしてるし。質の悪いデジタルと出会うとフィルム映写の美しさ(と言うより真っ当さ)がよく分かる。ただ、質の悪い上映に会ったらという事で、普通のデジタル上映だったらフィルムとの差なんて気づかないし、分からない。そんなに敏感じゃないのだ、私は。
力づくで二択しかないのなら、フィルムの劣化を無視するならデジタルよりフイルムの方が映写は綺麗だ(大前提として撮影がフィルムでなければ、どっちでも大差がないとも思うが)。

アイアンモンキーは義賊の名で、
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』の主人公フォン・フェイホンは
その義賊捕縛を命じられる旅の医者親子の息子の方。小学校高学年くらいだろうか、けっこうちゃんとしたカンフーアクションが割り振られてこなしている。
タイトルロール、アイアンモンキーを演じるおっちゃんもしぶいが、フェイホンの父ちゃんを演じるドニー・イェンのカンフーの美しさが際立つ。静と動、どちらも美しいのだよね。そして、カンフーをこれでもかと立体的に見せるのはツイ・ハークが製作と脚本で噛んでるからだな。

話は善玉と悪玉がカンフーで火花を散らす事だけを目的に書かれた程度の適当な感じの一本。でも、カンフーが楽しいから、これはこれでよし。


【銭】
さよなら興行1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ワンス・アポン・ア・タイム・ イン・チャイナ〈外伝〉 アイアンモンキー@ぴあ映画生活

PS アイアンモンキー夫婦が風に散った書類をカンフーの技でかき集める
 「カンフーの無駄使い」みたいなシーンが平和で好きだわあ。