FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『コータローまかりとおる!』を神保町シアターで観て、こんな低俗な映画大好きだふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★パンチラパンチラまたパンチラ】

鈴木則文だもん。
ああ、面白かった。
いい。
この何も身にならない感じが。

原作のマンガを通しては読んでないが、チラ見はしている。
なので、キャラクターの再現度には驚くばかりだ。
主人公コータローの黒崎輝は顔がゴツイ部分がちょっと難ありだけど、縦横無尽にアクション出来る事を考えれば納得できるキャスティング。

コータローのライバル、天光寺に大場健二。ツルツルである。
この天光寺は常に和服のいでたちだが、着こなしがちゃんとしている。
又、服の素材も原作同様レザーだったり、再現度が高い。
JACだから殺陣もいい。満点のキャスティングである。

コータローを付け狙う生徒会長のタラコ唇に山口良一。
宛書してるかのようにソックリである。

あと、蛇骨会のNO2ムチの達人砂土屋俊平に伊原剛志。
こんな仕事もやってたのね。中々似あってます。

あと、ベルバラチックな志保美悦子とか
ホモっぽい真田広之とか、パンツ見せて喜んでる金髪美少女とかが出てきます。

ヒロインの真由美は千原真理。何か真由美ってこんな感じだろうな。

カリオストロの城に触発されて、時計塔の機関部で戦うカットがあるのだが、予算が足りなかったのか、歯車がカリオストロの5%くらいしかなかったのが笑えて泣ける。


【銭】
神保町シアター正規入場料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
コータローまかりとおる!@ぴあ映画生活
スポンサーサイト