FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アリのままでいたい』を渋谷TOEI①で観て、意欲は良くても仕上がりが悪いぞふじき★★

五つ星評価で【★★戦略がバラバラ】

子供たちに驚くような昆虫映像を見せたい。
それが最初にあったのだと思う。

①注目される為に福山雅治に主題歌を歌ってもらった。
②カブトムシの対決シーンを盛り込んで中心に据えた。
③中にアニメを挟み込んでライト感覚にした。
④有名芸能人にナレーターをやってもらった。
⑤映画タイトルもふざけてみせた。

結果、宣伝そのものが少なくて、対象観客に届いていない。
おいおい、どういう事だよ。
映画館に漫然とチラシ置いたり、予告かけたりするだけでお客はやってこない。
原作も何もない無名な映画の場合、何かしら起爆剤的なイベントが必要なのだ。
多分、そういう算段を取っていない。

①福山雅治は仕事としてはまあいい。
 でも、別にしっくり来てた感もない。質的にはプラマイゼロ。
 これで客が呼べてる気は全然しない。
 まあ、虫と雅治じゃ特にリンクする感もないしなあ。
②カブトムシ対決、これが中心にあるのにあまり面白くない。
 カメラワークが使えないので同じようなカットが続く。
 対決模様がおしくらまんじゅうみたいな物なので局面も勝敗結果も地味。
 下手なナレーション(DAIGO)がつまらなさに拍車をかける。
③アニメは許してあげたい。爆笑はなくても箸休めとして機能する。
④前述とおり、DAIGOははっきり分かるくらい下手。
 日本語の発音その物が綺麗じゃないから、
 声だけの仕事とかは今後できればさせない方がいい。
 吉田羊、杉咲花は普通に聞いてられるが、
 それならギャラを低く抑えられる本職で充分。
⑤ふざけたタイトルは嫌いじゃない。
 でも、話題になってない時点で負けだろう。


【銭】
東映の株主総会出席株主招待券をチケット屋で650円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アリのままでいたい@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アリのままでいたい@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト