fc2ブログ

『アパッチ砦』『マルクス捕物帖』をシネマヴェーラ渋谷で観て、いやいやホホホふじき★★★★,★★★

特集上映「映画史上の名作13」の1プログラム。

◆『アパッチ砦』
五つ星評価で【★★★★凄いなジョン・フォード】

開拓時代の西部劇で、前半ミッチリ砦のヤンキーの生活を描くので、
後半登場するインディアンは物凄い蛮族として描かれるのかと思いきや、
異文化の尊敬すべき人々として描かれる。
ヤンキーどもに見せてお金取ろうってのに、この正しさには痺れる。

多分、実際もそうであったように、映画内のインディアンは正論を語る。
それを蛮人扱いして、滅ぼそうとするのは文化人である筈のヤンキーだ。
「文化人」は「蛮人」を支配したり、絶滅させたりする権利を有する。

イラクに攻め入って制圧したアメリカの論理は、
この映画の中でのヤンキーがアパッチに対して行う
理不尽な攻撃と何ら変わっていないように見える。

西部女には全く見えないシャーリー・テンプルが子供子供してて可愛い
(セックスアピール・ゼロ)。

ジョン・フォードの映画って何でこんなに長さを感じないんだろう。


◆『マルクス捕物帖』
五つ星評価で【★★★オマケみたいなもの】
引退したマルクス兄弟が再び集まって作った、
そんなにつまらなくもないけど傑作でもない、
でも捨てづらい映画。

二枚目のゼッポがいなくて、年取ったチコが何となくサッパリしてしまっている。

ハーポの楽しいパントマイムやハープ演奏、
チコの可愛らしいピアノ芸、
グルーチョの徹頭徹尾存在の耐えられないいかがわしさ等は健在。

お話も他愛もなくていいのだけど、
マルクス兄弟は一つのネタをバランス悪く引きずる事があり、
後半、アクションシーンへのキャグ差し込みが低かったりで、
全体としてはまとまりが悪い。

ハーポは真面目な顔をしてるとクリストファー・ウォーケンに
似てなくもないと思うのは欲目だろうか。
まあ、音楽芸を持ってないグルーチョが一番好きだけどね。

飛行機と車で何気に『ワイルドスピード』みたいな事をやったりする。

それにしても「捕物帖」はないだろ、おい。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。
9ポイントたまったから次はロハで見れるぞ。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アパッチ砦@ぴあ映画生活
マルクス捕物帖@ぴあ映画生活

『青春ディスカバリーフィルム』を新宿シネマート2で観て、張り込みメシだけ一歩抜きんでてるよふじき★★(ネタバレあり)

チラシによれば、新進気鋭の監督×俳優による青春をテーマにした四つの物語。
おい、ちょっと待て。
いまおかしんじとか田尻裕司とか城定秀夫とか、
全部ひっくるめて「新進気鋭」って……
いまおかしんじなんてウィキ見ると1995年から撮ってるんだよ。
田尻裕司が1997年、城定秀夫が2003年、谷健二が2013年。
20年監督しても新進気鋭。
そ、そらあ、鈴木清純みたいに60年撮ってる人もいたりするけど、奥深すぎる。
けっこう確かな監督だけど知名度の低い人を
十把一絡げに
「新進気鋭」にしちゃうんだろうなあ。

てことで、オムニバスです。
オムニバスとしての作りは4本、ただ集めただけのゆるい構成。
映画全体の評価は★★。少しずつどこか欠けてる感じ。


◆『23時間59分59秒』谷健二監督作品
五つ星評価で【★★悪くないけど、最後にもう一つパンチが欲しかった】
バンドの中の一人だけがメジャーデビューを誘われて、
友情と名声のどちらを取るか葛藤するステレオタイプ・ストーリー。
ただ気持ちのいいステレオタイプというのはあるので、その辺はいい。
歌手がギターに持ちかける提案も気が利いている。
でも、そのままスッと終わってしまう。
もう一ネタ最後にトドメになるようなパンチが脚本に欲しかった。


◆『純愛ストーカーくん』田尻裕司監督作品
五つ星評価で【★★タイトルがこれではないと思う】
バディもの。
ストーカーくんがもう一人の彼の秘密に気がつく瞬間に説得力がないので、
そこから全体が破綻してしまった。
男のキャラが他愛もなく可愛らしいのに、女のキャラが妙にふてぶてしい。リアル。


◆『張り込みメシ』城定秀夫監督作品
五つ星評価で【★★★ふふふふふふふふふ】
波岡一喜ってこんなに面白い役者だったのか。
密室の中の感情のせめぎ合いが本当面白い。
ラストどんな味なのか知りたいなあ。
新米くんが「ピン」と来るのは、「年配の男好みのメニュー」だからじゃなく、
カレーの次の日が鍋だからって方が説得力あると思うな。


◆『なんでも埋葬屋望月』いまおかしんじ監督作品
五つ星評価で【★出てくる野郎どもがみんなホモちっくで嫌い】
腐女子に媚びてるみたいで気持ち悪い。


【銭】
シネマート新宿、火曜メンバーズデー1100円。

▼関連記事。
《青春ディスカバリーフィルム-いつだって青春編-》@ぴあ映画生活

『ミニオンズ』を109シネマズ木場1で観て、魅力的なバカ騒ぎだけどそれ以上じゃなくないふじき★★★

五つ星評価で【★★★まあ「魅力的なバカ騒ぎ」がコンセプトだろうから、その命題を完遂していていいんだろうけど……】

怪盗グルー2本は見てない。
予告編の鶴瓶の声があまりにも下手なので避けてたら劇場がなくなってしまった。今回は評判もいいし、鶴瓶も出ないし(あ!)、シネコンの時間がちょうど仕事終わりとピッタリ合ったので見に行った。

タイトルにも書いた通り「魅力的なバカ騒ぎ」をぶっ通しで91分続ける映画。
とは言え、ずっと同質のテンポで走り続けるのは辛い
(それはフラッシュアニメ然り、クレイアニメ然り)。ちょっと意識を失った。

宣伝で言ってた「ミニオンズの驚くべき秘密」とは何だか不明。
結局、彼等が何であり、何故最悪のボスを求め続けるのかは不明のまま。
それを求めて見に行ったりした訳ではないけど、
そういう宣伝のミスリードは気になる。

悪の女王的な位置付けの
「スカーレット・オーバーキル」という名前と美脚がステキ。
吹替えだから分からないのだけど、サンドラ・ブロック姐御の声は似あいそうだ
(フガフガ鼻で笑うのとかやってそう)。
日本版吹替えの天海祐希さんは何の問題もなく普通によかった。

たまに『ミリオンズ』と題名間違えてる人がいる。

「ミニオン」は「子分」という意味らしい。
仮面ライダーのショッカー迷彩で騒ぐミニオンズが見たい気がする。


【銭】
新聞屋系の招待券もらったからロハ。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ミニオンズ@ぴあ映画生活

何となくみんな褒めてるからTB付けに行きづらいので今回はTB後攻で。

『東京無国籍少女』をシネクイントで観て、ああ押井だ押井らしいなふじき★★★(ネタバレ要素あり)

五つ星評価で【★★★清野菜名のアクションに星一つプラス。映画としては大した映画じゃない】

ラスト部分についての言及でネタバレしてます

バリバリに良くも悪くも押井守。
相変わらず物語を展開させる気持ちはないらしく、
状況のスケッチをひたすら積み重ねる退屈な部分と
そこから一転、目を離せない売りのアクション部分とがはっきり分かれる。
アクションを成り立たせる為に長い振りがあるのだが、
押井自身がどっちにより関心を傾けているかは分からない。

原案になる作品があるらしいのだが、
映画としては「東京」でも「無国籍」でもない。
改変前が予想つかないが、
例えば巨人が出てこない映画に『進撃の巨人』
ってタイトルが付いてたら変じゃん。
違和感ありあり。

とにもかくにも、清野菜名のアクションが驚愕レベルの出色の出来なので、
この部分だけでも見る価値がある。

「ラスト15分 この結末は予想できない」とコピーにあるが大した結末ではない。ピンポイントに予想する事は出来ないかもしれないが、これってスタイリッシュにした夢落ちに他ならないから、これを予想できても、あまり威張れないのではないか。やはり、「夢落ち」は昭和で途絶したものという印象がある。見た目や味わい具合を改造してまで、後世に残さなければいけないほどの手法とも思わんのだ。押井先生、まだ夢なんですか。もう夢はいいんじゃないですか?


【銭】
チケットリターンで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
東京無国籍少女@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
東京無国籍少女@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS せめて『北海道無国籍少女』じゃあかんのか?
PS2 ブログタイトルが『東京国籍少女』で「無」が飛んでしまってる。
 アセアセ。すぐさま修正。

『パージ:アナーキー』をトーホーシネマズ日劇2で観て、これはええねんぞふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★今回も大好き】

一年のうち一日(厳密には12時間)、法の拘束力を皆無にする制度が成立しているアメリカを舞台に状況で見せる映画の二作目。

「こんな法案成立する筈ないだろ」という感想は置いておいて、こういうのはありえるかどうかではなく、ありえた場合の「if」を楽しむ物なのだ。

前回の籠城戦とは打って変わって、
今回は路上に出て目的地までの負のロード・ムービーである。

やむにやまれぬ事情で徒党を組むことになった主人公グループと、
組織的にパージに関わってくる謎の武装者集団と、
パージ前から計画的に獲物を確保しておく若者の集団、
パージに反対する武装テロリスト、などが出てくる。

目的地にまで向かう中の全ての存在が敵になるというのは、
『ウォリアーズ』みたいじゃないか。そりゃ、面白いよ。

金持ちは殺しを楽しみ、貧乏人は痴話喧嘩で殺し合う。
ちゃんと機能している所を見ると、案外、いい法制度なのかもしれない。

ラスト、主人公が取った行動についてはモヤモヤする。


【銭】
トーホーシネマズの会員ポイント6ポイントを使って無料鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
パージ:アナーキー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
パージ:アナーキー@ここなつ映画レビュー
パージ:アナーキー@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
▼関連記事。
パージ関連記事リンク@死屍累々映画日記・第二章

PS 前回もお面の人たちが怖かったけど、今回はお面もパワーアップ。
 いい趣味してはるわ。
PS2 お金持ちが殺しに興じているけれど、
 実は彼等は自分のバカ息子に遺産目当てで狙われたりするんじゃないだろうか?
 いや、それを考えたらパーティーみたいなのに出てた方が安全か?

『きみはいい子』をテアトル新宿で観て、こんなんいい映画に決まってはいるけど予告はちょっとどうかなふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★観終わった直後より後にボディーブローくらう感じ】

おそらく、普通にいい映画であるだろうとは思っていたし、
なるほど、確かにいい映画でもあったのだけど、
『ターミネーター 再起動』の感想で言った通り、
予告を見ると物語の全貌が分かってしまい、
予告で持ちだされた話の結末をただ確認する映画になってる気もした。

自分は、映画館で予告編の回答を得たい訳ではない。
映画館で物語を見たいのだ。
なので、映画その物は良作であるが、
予告編や宣伝方法にはちょっと引っ掛かる物があった。

ただ、私は映画に対して、
物語よりも役者が演じるキャラクターを重要視して見る傾向があるので、
一日経ってから、映画の事をぼーっと思いだしたりすると、
彼等の真摯な演技を思いだして「ああ、やっぱりよかったなあ」と
思わざるを得ない状況に落とされていた。

好きな映画なのだけど、あまりいい出逢い方をしなかったのは残念だ。

気になった役者。

高良健吾:いや、いい。目がオドオドして、キラキラして、
 とっても特別だけど、とっても普通。
 ラスト、あの後が見たかったが、
 あそこで終わるのは甚だ「映画」という気もした。
 あのやっと走り出した彼の行動が突破するにしても玉砕するにしても
 先を見たいと思うのは当然じゃなかろうか。
 勿論、走り出した事に意味があるのは重々分かるけど。
尾野真千子:きっつい役で、本当にリアルで怖い。
 この人は映画によってあまり変わるという印象がないが、
 それがいい意味でリアルに響いてくる。
池脇千鶴:もう、何やらしてもこの人は大丈夫な人だから。
 池脇千鶴が意味がなかった映画は『海月姫』くらいか。
 映画の中で、池脇千鶴が子供に当たらないでいられるようになった
 転機を描いてほしかった。
高橋和也:『パズル』とか『そこのみにて光輝く』とか観た後に、
 こういうの持ってこられると、柔和でいい役者だなあと思う。
 池脇千鶴と一緒のシーンとか見たかったが、
 過剰に登場人物の繋がりを見せないのは意図的にやっていたのだろうか。

あと、子供はみんないい。うますぎる。演技してない感じ。
映画の中でギュっとされない尾野真千子の子供をギュっとしてあげたい。


【銭】
テアトルの会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
きみはいい子@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
きみはいい子@映画的・絵画的・音楽的
きみはいい子@お楽しみはココからだ
きみはいい子@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 白味の立場は?

コカコーラ「いろはすとまと」

物凄い努力して作った味である事は分かる。
トマトを林檎や蜜柑と一線に並べようという努力が、ちょっと心を打つ。
でも、やはり「トマト味」にはそんなに需要がないだろう。

一口飲んで「あ、いけるかも」と思ったのだけど、
トマトの甘みを引き立たせるために入れてる塩が、
ゴクゴク飲んだ後の後味を悪くしてる。

試しに一回は買っても、同じ価格だったら
次は「林檎」や「蜜柑」を躊躇せずに買うだろう。
何か、引っかかりのある謎の味なのである。
だが、私達は悩んだり、哲学したり、答えのない解答を探すために
ドリンクを飲む訳ではないのだ。

『若草の頃』『奥様は魔女』をシネマヴェーラ渋谷で観て、涼んだ涼んだふじき★★★,★★

特集上映「映画史上の名作13」の1プログラム。

◆『若草の頃』
五つ星評価で【★★★四姉妹物というか大家族物】

万博直前のセントルイスを舞台に燐家の学生と次女の恋愛を中心に描く。
1944年の作品だが舞台は1903年。
道路は舗装されてるが、それは自動車の為ではなく馬車の為。
夜の採光は油と火。
男女がお近づきになる為のパーティーで踊られるのは社交ダンス。
ハロウィンの練り歩きも今、聞くものとかなり違っている。

風習の違いを見てるだけでも面白いが、
もどかしい次女の恋愛や、家族の間の機微具合とか、
とてもちゃんと作っていて面白い。

個人的にジュディ・ガーランドは顔立ちがお水っぽくて嫌い。


◆『奥様は魔女』
五つ星評価で【★★どうもTVのイメージに引きずられてしまう】
これも1942年の作品だから、基本TVの『奥様は魔女』とは無関係。
というか、TV版はこの映画によってインスパイアされた物らしいが、
TVの多幸感が乏しい。

奥様が魔女になるまでが長くてテンポが悪い。
魔女サイドは基本、人間を軽んじてるし、
人間サイドはいつまでも夫婦の受け入れ態勢が整わない。
なかなかホームドラマにならないし、その前の展開がギスギスしいる。

魔女役のヴェロニカメレイクの絵から抜け出してきたかのような美しさ。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
若草の頃@ぴあ映画生活
奥様は魔女@ぴあ映画生活

マクドナルド「アボカド・ビーフバーガー」

とこか他でやってたのを猿真似しちゃうのが
今のマクドナルドの悲しさだな。

そこそこうまくて、マクドナルドの味になってる。
技術力はあるが、企画力が借り物。
やっぱりマクドナルドほどの大企業が柳の下の泥鰌を狙うのはいい気分がしない。
そもそも、そういう物を作って、追われる立場にならんといかんでしょ。

値段設定は高い。
税込290円くらい(※)が妥当とか言ったら潰れちゃうか?
実感としてはそれくらいな感じだなあ。
そこそこ美味いけど超絶美味いとまでは思わないから。

付記
※ マクドナルド販売価格390円

『インサイド・ヘッド』を109シネマズ木場5で観て、だから何だったのだろうふじき★★★

五つ星評価で【★★★ヨロコビとカナシミの冒険は終わった。めでたしめでたし。で、それでいいの? 何か一つ釈然としない】

吹替版で鑑賞。
上手い下手というより、役柄に合った人を探してきたな、という感じ。
佐藤二朗が吹替えしてて意外と達者だったのには驚いた。

ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミ
この五人が操るのだから、ライリーは
『脳内ポイズンベリー』の真木よう子よろしくロボット扱いであり、
とても良い表情をCGで表現しているのに、感情移入は難しい。

なので、感情移入は各感情キャラクターに対して行う事になるが、
どうも主人公のヨロコビの「躁病気質」が強すぎて好きになれない。
彼女が全く調和を考えてないとは思わないが、
自己の存在を重視するために、他の要素をないがしろにする
自己中な部分が散見され、それが嫌い。
ある意味、自分が笑っていられるなら、
悲しい人をはぶるなんて真似はいじめっ子みたいじゃないか。

物語は普通に楽しめる。ちゃんと作ってある。
でも、あまりグッと来る感はなかった。

見る前は『脳内ポイズンベリー』の感情達とそんなに似てないかと思ったが
チョコチョコ呼応してないでもないと思った。
「ヨロコビ」→「ポジティブ(躁気質)」
「カナシミ」→「ネガティブ(鬱気質)」
「ムカムカ」→「衝動(好き嫌い判断)」
「ビビリ」→「記憶(過去知識からの危険予測)」
全く呼応してないのは「イカリ」と「理性」くらいだ。
と言うよりも正反対だから逆に似てるのかもしれない。
「イカリ(理屈に合わない)」⇔「理性(理屈で判断する)」
「理性」が過剰にヒートアップした状態が「イカリ」かもしれない。

生物として生きるためには
「ヨロコビ」はあった方が都合が良い。
快適な状態を追求する事により、生物は死から縁遠くなる。
「ビビリ」も必須。これは野生生物が天敵から逃げるために発達させた感情だ。
「ムカムカ」は嗜好。これが発達する事により、個々の個性が際立つ。
個性を際立たせる事は種としての多様性を保証する。個体というより種として大事。
「カナシミ」と「イカリ」は「ヨロコビ」の逆目。
快適でない状態と、それを爆発させて周囲に伝える機能。
つまり、「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」は快適であるかどうかを
判断する機能の一側面にすぎない。正体が同じなら一体で良い。

なので、感情発露的にも登場回数の少ない「カナシミ」「イカリ」を排して
3体の感情による脳内セッションでも良かったかもしれない。


【銭】
火曜109シネマズのメンバーズデーで会員1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
インサイド・ヘッド@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
インサイド・ヘッド@映画的・絵画的・音楽的
インサイド・ヘッド@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
インサイド・ヘッド@SGA屋物語紹介所

PS 『インサイド・ベッド』だったら「人間寝床」で乱歩っぼくって猟奇だ。
PS2 ドリカムのイメージソング、プロモは
 「ああ、俺たちってやっぱり醜いモンゴロイドなんだな」と思い知らされる。
PS3 何となく、のめり込み感が薄かったのは、冒険のマッピングが
 所詮、製作者が考えたマッピングであり、現実に見る事が出来ない以上、
 とっても我田引水で好き放題できるように感じてしまうからだろう。
プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる