FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アンフェア the end』をトーホーシネマズスカラ座で観て、これは尻の映画ふじき★★

五つ星評価で【★★尻が見れれば全てよし】

映画前回の『アンフェア the answer』で、完結した筈だと思ってた。前回、お金を出して終わった気分を味わった事をチャラにされるというのは、それがアンフェアなんじゃないだろうか。

原作、ドラマ、未読未鑑賞。映画だけ前の2本を見てる。映画バリバリに覚えていない。普段の生活に何の関係もないからな。前回の映画鑑賞の記事を読むと、誰が裏切り者でも何ら問題がない、そういうドラマだと書いてある。それは今回も踏襲。だから、誰が裏切ろうと安定していて全く驚かない。裏切る事が想定の範囲内なのだ。「予想出来ない衝撃な結末が待っています」という言葉が安定路線というのは凄い皮肉である。

本当に「予想出来ない衝撃な結末が待っています」という風にするのなら、雪平夏見の父の死の真相は地球外から来た宇宙人にキャトルミューテーションされたくらいでないと成り立たないんだけど、まあ、それはできないし、寺山修二みたいに「最後に今までのこれは全て芝居だったのだ」とばらして幕を閉じる事も出来ない。

ある意味なんて過酷な出来レースなんだ。

という訳で、話的に見るものは特に何もないです。
寺島進のべらんめえな感じの昔刑事が気持ちいいくらい。
あっ、見なかったけど『マッドマックス怒りのデス・ロード(日本語吹替版)』のAKIRA氏も慇懃無礼で、とっても高そうなコートとスーツを着てる検事(その時点で出てきた途端に善玉っぽくない)で出てました。せっかくだからエグザイル魂見せて歌ったり踊ったりすれば、映画が台無しになって、それはそれで面白いな、と思ったんだけど、まあ、できないよね、そんなことも(多分、されても困るけど)。

という事で、この映画の見せ場は冒頭と末尾にある

篠原涼子のです。うん、いい尻だった。
あっ、篠原涼子は安定した美人でコートの裾翻るところなんかもかっこ良くて良かったです。映画自体を面白いとは思わないけど、篠原涼子がこれでこの作品に有終の美を飾れるなら記念碑としてはいいんじゃないかな。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス5本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アンフェア the end@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アンフェア the end@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
アンフェア the end@ノルウェー暮らし・イン・原宿

PS 雪平役を遠藤憲一が演じる『アンフェア the 遠藤』ってどうだ。
 尻は抜きでいいから。
PS2 大使館のデザインが『HERO』のネウストリア公国に似てる。
 デザイン事務所へのバーター発注か?
PS3 ラストに『愛しさとせつなさと心強さと』がかかってほしかった気もする。
スポンサーサイト



『ヴィンセントが教えてくれたこと』をトーホーシネマズシャンテ3で観て、ビル・マーレーええのうふじき★★★

五つ星評価で【★★★老境に差し掛かるとそらこれを肯定しない訳にはいかん】

クソ爺ビル・マーレイが優等生少年の子守バイトをやったら案外OKという話。
多面性の教訓で、人は洋上に浮かんでる氷山の一角だけから全てを類推してはいけない、未知の良い部分が必ず隠されているに違いないから。そこで、闇を掘り起こしちゃったらホラーになるのだが、美談でまとめた方が売れるからそうはならないし、それで良い。

ビル・マーレイがいい。
と言うより、ビル・マーレイのキャスティングが成功だ。
ビル・マーレイ自身はそんなに特別な事はやっていず、いつも通りのへそ曲りだ。
だが、老境に差し掛かり、ツイッターなどで人並に嫌われ者になったりするとよく分かるのだけど、嫌われ者が好かれる映画こそが今、みんなに求められているコンテンツじゃないだろうか。昔に比べて「嫌われ者」や「潜在嫌われ者」が山のようにいっぱい増えてる気がする。昔は爺さん、婆さんになってやっと偏屈な嫌われ者になる感じだったのに、今は要所要所で嫌われ者作成イベントが山のように待ち構えている感じ。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス4本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヴィンセントが教えてくれたこと@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ヴィンセントが教えてくれたこと@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ヴィンセントが教えてくれたこと@お楽しみはココからだ
ヴィンセントが教えてくれたこと@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

PS 母ちゃん役の太っちょ「メリッサ・マッカーシー」って、
 『デンジャラス・バディ』の太っちょ女刑事か。
 当たり前だけど、『デンジャラス・バディ』のままじゃなく、
 ちゃんとメイクしたら、母性の濃い母親っぽくなるのだな。
PS2 少年の父ちゃんがさほど嫌な奴として描かれていないのは
 ちょっと腑に落ちない。
PS3 『ビンビン銭湯が教えてくれたこと』という成人映画プリーズ!

『天空の蜂』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、なかなかじゃんふじき★★★

五つ星評価で【★★★堤の癖に】

原発の上にホバリングで止まる無人の巨大ヘリコプター。
燃料切れまで8時間、遠隔操縦する犯人と開発者との戦い。

なかなかスリリングな設定であるが、監督が堤幸彦という映画ファンの信頼をことごとく裏切ってきた男だから安易に安心してはいけない。堤であるが故に「安心できません」と見なかったり、見ても「堤に負けたくない」とマイナスを膨らませてしまう人も多いかもしれない。まあ、しょうがない。だって、堤って映画ファンの間では、葬式に酔っぱらってきて裸踊りした挙句個人の棺桶にゲロ吐いちゃうような奴というくらいの散々なイメージなのだもの。

前作の『イニシエーション・ラブ』も私は賛成派だが、手強い反対派も多かった。監督名伏せて見せれば、そんなに強い拒否反応はなかったと思うんだが。今作『天空の蜂』もいい出来上がりだと思う。基本、雇われ仕事はいい結果を出したりするんだよね。いい結果出さないと次のオファー来ないしね。私もこれが「歴史に残るような」とまでは言わないんだけど、同時期に見た『S 最後の警官』とか『アンフェア the end』があまりにもズタズタだったんで、相対的に評価を上げてしまった。でも、一つの難問を解決するために沢山の人が幾つもの知恵と技術を出し合って解決を模索する、その中でアイデアが多い物は、そのアイデアが多いだけで秀作になる。これはそのケースの映画。詰め込んだ分、ちょっと分かりづらくなったりする分はまあ、しょうがないだろ。

江口洋介、こういう一本調子で不器用な役が似あう。
ぴょん吉着たら似あうかもしれない。

モックンの胡散臭げに江口洋介と対立する役もおもろい。
「歩行」は聞き取りづらかったな。

仲間由紀恵いい感じで華がない。

手塚とおる気持ち悪い。良くも悪くも印象に残る。

綾野剛、『フェノミナ』かよ(役柄、逆か)。

國村隼、心臓を捧げよっていい人、悪い人に関わらず演技は一緒。

柄本明、……も演技は一緒。別に柄本明の新しい側面を見たい訳ではないけど。

映画として、ちゃんと主張する内容があってよかったと思う。
そういうのを何の主張もなさそうな堤が取るというのも皮肉だが。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス3本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
天空の蜂@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
天空の蜂@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 江口洋介が開発していたのがビッグBではなく、
 ビッグXだったらこんな事件にならなかったのに。
PS2 「天空」と付くからには「バルス」と言ったら
 自動的に瓦解するようなシステムにしとけばよかったんだよ。