FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』を立川シネマtwo-dで再見して、なるほどデリカシー欠如なんだなふじき★★★

未レビュー撲滅運動対象記事。
時間のかかるTBとかもできるだけ避けてガンガン飛ばしたい。

五つ星評価で【★★★巨人が怖けりゃそれでいいや、だけでもないか】

巨人のビジュアルと、彼等が苦も無く「ひょい」と摘みあげて人間を捕食してしまう恐怖感は初見でも再見でも相変わらず怖くて最高。人間に近くて人間でない者の怖さが押し寄せてくる。彼等の瞳が濁っていてコミュニケーションが取れそうにないのも良い。前半、大挙壁内に流入してきた時は身長差のバリエーションがあったが、後半、みな同じくらいの体格になってしまったのは残念だ。そのままの顔を使っている場合もあるが、絶妙に町中とかで見たら引くだろうという顔に加工してある物もあり、不気味感を増している。超大型巨人と比べて、普通の巨人はただのおっちゃんおばちゃんやないかという意見もあるが、ただ巨大なだけの人間が普通の人間を食らう方が言い訳できなくて怖いと思う。「超大型巨人」は人を捕食しないが、あの巨人が捕食したら、人ダッシュ(人に似た別種)が人を食ってる、猿が人を食っているに似た状態になって怖さは半減していると思う。
という事で巨人の恐怖は初見同様、絶賛したい。

脚本は実写『ガッチャマン』の渡辺雄介(と評論家の町山智弘)。
渡辺は人間の感情を大袈裟な絶叫で理屈付けて叫ばせるのが好き。
別に観客はそう言うのを求めている訳ではない。
いや、決まればかっこいいが、そういうの連発するのってかっこ悪いし、くどい。
多めの登場人物が何かしらトラウマ持ってて一様に叫んでいる感じ。

そんな事に腐心したためか、話のあちこちにアラが目立つ。
細部に魂が籠らない世界は嘘くさい度が増してしまうのである。
前回は見るのに精いっぱいだったし、
私、基本、にぶちんだから気づかなかったけど、
二回目だとポロポロ「あれ、あれえ」が出てきてしまう。

何でお前らはそんな大音が生死の境を決める世界でバカみたいに叫び続けているの?
しかも、一度大声のせいで大虐殺が起こった後でさえも。
学習能力ないのか。

太っちょが斧を持ってるのはまだいいとして、
桜庭ななみが弓矢を持っているのは、
巨人退治(もしくは時間稼ぎ)のアイテムとして不自然だろう。
何か普通に狩りをするみたいな伏線でもあれば別だが。

エレンとシキシマとミカサの痴話喧嘩がうざい。他にやる事あるだろ。
ってか、その痴話喧嘩が「駆逐」の原動力って何かやだ。

立体駆動装置でちゃんと飛べよ。
訓練なしであれを付けさせてる理由はないから(資源だって乏しかろう)
飛べないなら飛べない理由をちゃんと明確にすべきだ(角度・位置など)。
そこを精神論に置き換えるなら、
彼等のほとんどが最初の巨人戦である事をもっと強調しておく必要がある。

巨人の弱点だけ分かって、何故そこが弱点であるかが分からないのは不自然。
あのウナジの部分を偶然、攻撃して、経験則で分かったというのは
普通に考えてありえない。

基本、人間サイドより、巨人が出ている部分の方が面白いのだけど、
悲惨なシーンで、キリストさんの宗教曲を借りてきたみたいだったり、
巨人から巨人が飛び出すあのシーンの「トテチテター」って
気狂い染みた劇伴盛り上がりが心地よい。

初見のトーホーシネマズは画面がうすボケてる気がしたが、今回は大丈夫だった。
何となく、トーホーシネマズは「どこでもいいや」と端っこ選ぶと
ハズレ席だったりする事があるのかもしれない
(シネコンならどの席でも大丈夫だろうという盲信があるが
 最前列とかはスクリーンが奥まってる非シネコン館の方が見やすくて良質)。


【銭】
立川の会員制度で平日鑑賞1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN@ぴあ映画生活
▼関連記事。
一回目@死屍累々映画日記
後編@死屍累々映画日記
スポンサーサイト



『キングスマン』をトーホーシネマス渋谷2で観て、マシュー・ヴォーンらしいなふじき★★★

五つ星評価で【★★★その「マシュー・ヴォーンらしさ」とは何か】

スタイリッシュ、かつ、モラルに興味がなく、小振りで小回りの効く話で攻めてくる。だと思う。

今回はスパイもの。
ロンドンの高級テイラー「キングスマン」は実はどの国家にも属さない
最強のスパイ組織。そのキングスマンと地球壊滅を目論む悪玉との戦いを描く。
『健全ロボ ダイミダラー』の美容室プリンス(美容室かつ地球防衛組織)
みたいなもんだな。
日本を舞台にしてリメイクするなら「しまむら」辺りか。

キングスマンが英国紳士というか白人。
敵対する紳士でない敵が黒人と東洋系の障碍者というのはわざとだろうか?
『戦場のメリー・クリスマス』で醜い弟への贖罪の為に
アジア人将校に優しく接する白人将校の構図とかを思い出した。
劣等種族の悪巧みに踊らされる白人は悪魔の指示に従って
自らの中に誘惑の実を仕込ませる(それは堕落の実アップル)。
ちなみにサミュエル・L・ジャクソン演じるヴァレンタインが
マクドナルドを美味しそうにパクつくシーンが印象的だが、
マクドナルドはユダヤ資本なんだそうな。
彼が根拠地とするアメリカその物がユダヤ人に牛耳られた国と解釈すると、
この戦いはユダヤを初めとする穢れた血の人々と
生まれ・家柄にこだわる白人純血主義者との戦いという事になる。

つまり「英国紳士」のように振る舞っているが、
その「英国紳士」的という外見を剥奪した時、
彼等はどの国にも属さない機関=自国を追われたナチスを指しているのではないか。
キングスマンは「マナー」が人を作ると言う。
だが、映画内ではどうすれば「マナーが身に付く」かは語られない。
「マナー」以上に感じ取れるのは「チームワーク」という名の「規律」。
だから言葉を置き換えて見る。「規律が人を作る」。
ナチス的、かつ、キングスマン的だ。

彼等の敵ヴァレンタインは無償でコンピューターのチップを配っている。
このチップはウィルスのように人を殺す。
彼の出自であるアメリカも滅んでしまう土地だ。
だが、逆にコンピューターのない土地は無影響だろう。
アフリカとかアジアとか。
最終的に、統制された白人社会に対して、無統制の有色人種系社会が勝利を収める戦争、それがこの映画で描かれた戦争ではないだろうか。

という絵解きはどうでしょう?

敵エージェント、ガゼルが無敵なのに顔がお芋ちゃんっぽいのが好き。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス6本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
キングスマン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
キングスマン@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
キングスマン@映画のブログ
キングスマン@徒然なるままに
キングスマン@ノルウェー暮らし・イン・原宿
キングスマン@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
キングスマン@ペパーミントの魔術師
キングスマン@或る日の出来事

PS 紳士を作るのは芦田愛菜らしいです。
PS2 王様に土下座して謝る映画「キングすまん!」