FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ヒロイン失格』をトーホーシネマズ日本橋3、『恋するヴァンパイア』をトーホーシネマズ新宿1、『at Home』をUCT5で観て、上手い下手だ物足りないふじき★★★,★,★★

◆『ヒロイン失格』
五つ星評価で【★★★主人公がヒール・タイプなのが画期的】
原作マンガ未読。
「桐谷美玲」という素材で自由に遊びまくってるのが好感持てる。
基本、桐谷美玲は好きだし、可愛いし、アヒル唇でいいじゃん。
ちゃんと『恋するヴァンパイア』も見てるぜ(↓)。
あれは……クズ映画って事しか覚えてない。
って事でバカに徹してガン付けを真面目にやってのけた桐谷美玲の評価は高い。
あのガン付けだって、そんなんやらすなよ。ブスなんばれるだろ、
とかちょっとでも思わせたら失敗で、あの表情で可愛く見せなければならない。

凄いな。化物だな。

その桐谷美玲の幼馴染に『L・DK』の山崎賢人。
「ぶっきらぼうな彼」設定が全く変わっていない。
あのゴーちゃんを主役に据えた事で色々破綻してしまった『L・DK』
何が変わる訳でもないのだけど、彼は普通。
まあこーゆーのは相手や相性もあるからね。

その桐谷美玲にいきなり求愛するプレイボーイに『at Homwe』の坂口健太郎。
山崎賢人と顔の作りが180度違うので、とてもいい人選だと思う。
あと、この坂口健太郎がかます3連続速攻壁ドンもポイント高い。
本当に見事な武道にしか見えない。「壁ドン」で国体とか出てほしい。

山崎賢人の交際相手に我妻三輪子。いいメイク師雇ってるわあ。
我妻三輪子って可愛い。突飛な顔立ちだけど決してブスではないのである、本来は。
映画では見事なブスに仕上がっている。
しかも、そこそこ元の可愛らしい部分も残してあるから、
ブスはブスだけど、工事したらどうにかなるブスに見える。

でも、映画の中で一番可愛かったのは福田彩乃。彼女が映画のバランスなんだよなあ。
それとエンドロールにかかる西野カナの『トリセツ』は近年になく、よく出来た映画エンデイングテーマ。映画の中の主人公とこんなシンクロした映画の曲はない。


◆『恋するヴァンパイア』
五つ星評価で【★適当ヴァンパイア】
もう、何も覚えてないなあ。
男アイドルの演技が下手下手という評判だったけど、
発声がおかしいだけじゃん。いや、それが下手と言う事か、と思ったような……。
パン屋の同僚の韓国人だか中国人の女の方が邪魔だったなあ。
いや、もう何か話もどうでも良かったけど、
設定がヴァンパイアだけど日中活動バリバリ大丈夫とかゆるくて
「お前らが信じるヴァンパイアって何よ」と叫びたかった。


◆『at Home』
五つ星評価で【★★そこから先が見たいのだ】
役者はみんないい。
竹野内豊の沁み込んでくるような芝居も、
松雪泰子のまだまだ息を呑む美しさも。
坂口健太郎の世慣れてるけど青い感じとかも。
ただ、寄せ集めの家族が大きい事件に会って存続の危機に陥る。
物語的にはそこから先、彼等のピカレスクな技術を駆使した
巻き返しが見れると思ってたら、プツンと終わってしまった。

えーっ?


【銭】
『ヒロイン失格』:トーホーシネマズフリーパス15本目。
『恋するヴァンパイア』:前売券を常設ダフ屋で980円でGET。
『at Home』:映画ファン感謝デーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヒロイン失格@ぴあ映画生活
恋するヴァンパイア@ぴあ映画生活
at Home アットホーム@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ヒロイン失格@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
恋するヴァンパイア@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
at Home アットホーム@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
at Home アットホーム@映画のブログ
at Home アットホーム@映画的・絵画的・音楽的
スポンサーサイト