FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『図書館戦争 THE LAST MISSION』をトーホーシネマズ日本橋7で観てむず痒いふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★架空の設定を乗り越えれるか】
日本国内で二つの勢力がそれぞれの意見を通すために擬似交戦する
という架空の設定を呑み込めさえすれば楽しめる。
「いや、そんなんはありえんだろ」と端から否定をぶちかますのなら
『スター・ウォーズ』を初めとする全てのSFも同じ姿勢で否定すべきだ。
それらとは嘘や架空の設定の大きさや強さが単に異なるにすぎない。

で、私はこの設定を呑み込んでドラマを楽しめる派だ。
流石にうちの母はダメらしい。
まあ、この設定がリアルに進行中とは言え(表現浄化の加速や一部図書館の劣化)
図書隊設立の青くささや、国内での交戦を許可するなど、
どんなに法整備を進めてもそうは収まるまいという部分はある。
でもいいじゃん。それはそういう世界だという事で。

前作に負けず劣らずで豪勢な戦闘シーンが延々と続く。
ここいらは手慣れた物なのだが、
館内戦が中心になったので採光的にはちょっと厳しかった。
それにしても、変なアクション映画より、カメラも動かず実にちゃんとしている。

私個人はこの実戦寄りの格闘戦術以上に岡田准一と榮倉奈々の進みそうで進まない不動のラブコメ演出が面白くてたまらなかった。

新顔として登場した松坂桃李。どこにでも嵌りながら、マイナーチェンジは怠らない、いい役者だなあ。『日本のいちばん長い日』『ピース・オブ・ケイク』、そして今作。どれも同じ人間に見えない。それぞれにちゃんと各人のバックボーンを感じさせるいい演技だ。

同じく新顔・蛍雪次朗の大人ならではの弱さも分かりやすくてよかった。
どう考えても自分はこの人と同じ部類の人間だ。

前作同様、攻める良化隊の隊長を演じる相島一之もいい。
単に組織に属する悪役ではなく、この人はこの人なりの正義観の元に戦闘を実行しているのが抑制された演技から見て取れる。『12人の優しい日本人』の相島一之がこんなにちゃんと軍人として機能するとは思わなかったので素直に脱帽したい。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス・ラスト29本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
図書館戦争 THE LAST MISSION@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
図書館戦争 THE LAST MISSION@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
図書館戦争 THE LAST MISSION@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
▼関連記事。
図書館戦争(実写1本目)@死屍累々映画日記

PS 映画化が1970年代頃だったら、笠原はマッハ文珠か、和田アキ子。
 堂上教官はせんだみつお辺りってラインもあったかもしれない……地獄。
PS2 原作が発表されたのが2006年、SNS黎明期の頃。
 10年後の現在に第一作が書かれていたら、ネットに関して
 中国のように国に全て掌握されているという状況かもしれない
 (原作未読なのでどう対処されているか知らないのだけど)。
PS3 エロ本とか暴力系の本とかは検閲対象として全く上がってこない。
 それはそれでイビツなんだけど、
 そこまで話の根を太くすると長さがどうにもならんだろうからなあ。
スポンサーサイト