FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『女の子よ死体と踊れ』をシネマート新宿1で観て、いやそんなにふじき★★

五つ星評価で【★★音のいいシネマートで音に耽溺する。でも音だけ】

『クソすばらしいこの世界』の朝倉加葉子監督だから期待していた。
物語は自己ルールが多く、主要6人のキャラは「不思議ちゃん集団」であり、
それぞれのキャラクターの分化が一見さんにアピールするほど強く為されていない。
監督の前作がリアルにファンタジーを強引にぶち込む話だったので、今回の最初からリアルを放棄した乗りには私個人はちょっと付いて行きづらかった。

って事で作品は今一つ乗れなかったけど、
相変わらずシネマート新宿1の音響はちょうど気持ちのいい音量で攻めてくる。
そいと、久々に見た「ホラー秘宝」の動画ロゴが気持ちよかった。


【銭】
月曜メンズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
女の子よ死体と踊れ@ぴあ映画生活

『サム・ペキンパー 情熱と美学』を角川シネマ新宿2で観て、生あくびふじき★★

五つ星評価で【★★ずっとインタビューが続くのは退屈】

そんなにサム・ペキンパー見てないんだなあ、という事を実感。
見ているのは『ワイルドバンチ』『ケーブル・ホーグのバラード』『戦争のはらわた』『コンボイ』の四本。映画一本一本を取りあげて、その映画の関係者に話を尋ねるという形式に付きあうには少ない本数だった。で、退屈する。まあ、せんない。

デアゴスティーニから、サム・ペキンパー全集みたいな物が出た時に
増刊オマケ別冊みたいな形で付加すると喜ばれそう。
作品というより資料の側面が強い。
監督したのはペキンパーの伝記を執筆した人で、私財を投げ打ってるらしい。
ごめん。私がこの映画を楽しむ為には、まだ素養が足りていないようだ。


【銭】
テアトルの会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
サム・ペキンパー 情熱と美学@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
サム・ペキンパー 情熱と美学@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

『五つ星ツーリスト THE MOVIE』を角川シネマ新宿2で観て、どうでもいいコンテンツだけど高月彩良ちゃんが可愛いからOKふじき★★

五つ星評価で【★★時間が55分って元々のテレビドラマとさほど変わらんのとちゃう?】

渡辺直美主演のムチャクチャ、ビデオムービーテイストな一本。
凄くありがちな話で、何一つ驚きがなかったのは期待してないからいいのだけど、
みんな何を求めてこの映画に足を運んでるんだろう。
私は高月彩良ちゃん目当てだけどね。かーいくて好き。
ドラマや映画がどうというより、基本、そういうお客が多そうだ。
タレントいっぱい出てるし。
高月彩良ちゃん和服かあ。美脚が見れなかったのは残念だけど、
Sキャラは面白かった(Sキャラでもギスギスしないのがいい)。

主役を張る渡辺直美は演技力が低いけれど、
別に彼女の演技力を確認したくて映画館に足を運ぶ訳ではないから一応OK。

あっ、小島藤子ちゃんも出てる。
この薄い話の薄い設定の映画で、凄く達者な演技をする。
少なくとも渡辺直美とは段違いだ。
別に大半の観客はこの映画に演技力を求めてないだろうから
スルーされちゃうだろうけど、感情の籠った演技をしてるの
彼女くらいじゃないだろうか?

ああもう、寺島進って何でも出よるなあというのを実感。
物凄い演技力を秘めてる人だけど、ここではリラックスしたダラケ演技。
それでよし。

チョイ役でほっしゃんが出てる。ほつしゃんは割と役者向き。


【銭】
テアトルの会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
五つ星ツーリスト THE MOVIE ~究極の京都旅、ご案内します!!~@ぴあ映画生活

PS 新撰組を題材にしたBLマンガ『恋する蛤御門』
 ちょっと読みたいかも。

『ラスト・ナイツ』をトーホーシネマズ日本橋6で観て、とてもいいけど一つ疑問があるよふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★忠臣蔵が好きなので】

忠臣蔵が好きなので、これを翻案して上手く作ってあると「ええなあ」と思ってしまう。今回は日本人が脚本・監督を担った事で、かって外国で作られたどの「忠臣蔵っぽい話」より忠臣蔵の本心を表わしたものになった。

なんて書きながら「忠臣蔵の本心って何よ」と自問自答したりする。
・ロイヤリティ(忠誠)と正義の為に耐え忍び、目的を達成する。
 暴力を振るう相手は限定されており、蛮勇にならないよう抑制されている。
 目的を達成するためには死をも厭わない。
とかかな。
なるほど、これは武士道→騎士道に置き換えても成立しそうだ。

ただ一点、忠臣蔵を複雑にしているのは「お家」の観念があるのだが、これは純日本的な観念なので、流石にバッサリ落とされている。その為、整合性が乱れている所がちょっとある。

そう言えばキアヌ・リーブスの『47RONIN』でも、同じ扱いだったが1年がポンっと飛び越えるように過ぎる。この1年の間の艱難辛苦が人情劇的には見せ場であるのだが、毛唐にはそんな人情劇は不要とばかりバッサリ。
まあ、長くなるから残せないのは致し方ない。
ただ1年待っている事はあまり道理が合わない。
出来ればすぐ攻めてしまえばよかったのだ。
日本の忠臣蔵で「待つ」のは、待つ間に刺客の軍団を精鋭だけに組織化するだけでなく、「お家の再興」嘆願の結果を待っているからである。キアヌのも含めて、西洋版ではこの観点を全く無視している。領主領家再興など考えていない。だって主家の娘が極貧にあえいでいても助けもしないもの。だから、待つ必要はない。敵の首に対する警護が大きく強くなる前に攻めてしまえばよかったのだ。その辺の紆余曲折が一切触れられていなかったのは手落ちではないだろうか。

クライヴ・オーウェンよし。
モーガン・フリーマンよし。
アン・ソンギ伊原剛志もよし。

まあでも、本当はもっといろんな戦略が組み込まれてるのが忠臣蔵の醍醐味だから、洋邦問わず忠臣蔵ベースの映画がかかると、面白くても長丁場のドラマの方が向いてるといつも思う。


【銭】
トーホーシネマズデーなので1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ラスト・ナイツ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ラスト・ナイツ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ラスト・ナイツ@MOVIE BOYS
ラスト・ナイツ@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ラスト・ナイツ@ノルウェー暮らし・イン・原宿
ラスト・ナイツ@だらだら無気力ブログ

PS 塙のお兄ちゃんの近況の映画だったりして
PS2 同じ原案の筈なのに菊地凛子の役がないのはいかがなものか?
PS3 悪役の人のしまりの悪い口元が、ちょっとマペットっぽい。

『起終点駅 ターミナル』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、女優がいいとしか思わんわあふじき★★

五つ星評価で【★★ぐっと来ない】

もういい年だから、こういう主人公が侘び寂び集めましたみたいな映画で
「はあああああ」とか声出して脱力してもいい筈なんだけど、
主演の佐藤浩市が肉体は白髪も増えて枯れ出しているのに
顔の作りが「何かあったら不撓不屈で頑張る」作りなので、
「佐藤浩市が老人のコスプレ」してるみたいで、
どこかその存在を嘘くさく感じてしまった。
佐藤浩市は佐藤浩市と言うだけで、弱そうに見えないのだが、
この役は贖罪の為に弱すぎて消えてなくなりそうなぐらいの人に合う役なんじゃないだろうか? 原作未読なので元々の主人公のニュアンスがどうであるかとかは分からないが、私には佐藤浩市の不器用で無骨な強さがあまり「そこに逃げ込んだ人」に見えないような気がした。

本田翼は身体に似あわず顔だけエロイ顔しよるなあ。
潤んだ瞳で発熱した少女とかが、何かたまらんのは私自身が病んでるからだろう。
しかし、いきなり高熱でフラフラしてるってのは展開にムリがある。
というか、よくありすぎる陳腐な展開で、コメディーすれすれだ。その展開の強引さが強すぎて中村獅童が割り込んで来てサスペンスに路線替えするかと勘繰ってしまった。
私はこの役を佐藤浩市の代用子供(息子の代わりとなる娘)として捉えたので、その佇まいは本田翼自身であれば良くて、演技力とかそんなにいらないと思っていたのだが、本来は佐藤浩市と本田翼との間に淡い恋心が生じる役らしい。それはミスキャストでしょう。どう見ても「淫行」っぽいもん。


【銭】
トーホーシネマズデーなので1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
起終点駅 ターミナル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
起終点駅 ターミナル@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
起終点駅 ターミナル@MOVIE BOYS

PS 本田翼が子供なんで尾野真千子が大人だったな。
 「いい意味で化粧が濃い」なんて思わんよ、普通。

『明日へ』をトーホーシネマズ新宿4で観て、実直で地味な仕事すぎないかふじき★★★

五つ星評価で【★★★カタルシスは薄いけどいい映画】

韓国のスーパー「ザ・マート」のレジ係、清掃係が契約未満了にも関わらず解雇通知を言い渡された。彼女たちは労働組合を作って抵抗する。その抵抗の510日を描く。

やたらめったら現実的な話で、大企業が牙を剥き出しにした時、社員は一溜りもない。団結により抵抗活動を行うが、事件は夢のように解決などしない。この解決しない現況が長い。絶望的に長い。それでも一歩一歩進んでいく事によってしか解決はしない。ともかく活動が前進に結びつかないさまがもどかしい。だが、本当のところ、そういう物なのだろう。

話が閉じられる時「××のようになりました。」とテロップが出ていきなり終了する。そして、その決断のシビアさにちょっと唖然とする。いいのか、それで。いやまあ、実話に根差した物語だから、行われた決断を後から変える事は出来ないが。その選択肢は合ってはいるが優しくない。


【銭】
トーホーシネマズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
明日へ@ぴあ映画生活

『劇場版MOZU』をトーホーシネマズ日本橋8で観て一見でわからんぞゲラゲラふじき★★

五つ星評価で【★★一見さんは分からんと思って見に行く事】

TBSとWOWWOWで放映していたドラマの劇場版。
一見さん完全無視の姿勢が個人的にはキツいのだけど、出来はいいらしい。
いや、一見さんなんで全く筋が分からんかった。
『魔法少女まどかマギカ』みたいな丁寧な商売は流行らんだろうけど、
もうちょっと丁寧な一見さん誘導はできんもんなんかな。
WOWWOW契約して見ろやって事なんだろうけど。
そんなんせんだろ普通。

予告とか絵の作りが物凄く上手くて、
叫ぶ登場人物たちに乗せられて「一見さんにはキツい」という事前情報を
あえて無視して見に行ったが、そーね、何で叫んでるかもよく分からなかった。

最初に起こるビル占拠と大使館爆発。
これである少女の誘拐が目的らしいのだが、
最後までこの少女が何の役に立つかが分からなかった。
日本犯罪史の闇と言われる「ダルマ」さん、
夢の絵がタケシより坊主にした香川照之に似てないか?
この「ダルマ」も凄いテロを画策してるらしい事は分かったが、
お目覚めになればとか言われて、眠ってるのか、少女との関係は何とか、
本当に分からない。ラスボスが眠ってて、起こす為のオメザが必要って
戦隊シリーズによくあるけどいいんか、その展開で?

西島秀俊はかっこいい。
最初、設定も何も説明してくれないから刑事だとは思わんかった。
まあ、かっこいいからいいだろう。

池松壮亮はWOWWOW見てないと分からない謎の存在らしく、
映画新キャラの松坂桃李君と拮抗してる。
松坂君はアクションの中での見栄の切り方が上手くていい。流石戦隊出身。

長谷川博已は第三勢力らしい面白キャラ。
こいつの「倉木」が「く~、LUCKY」にしか聞こえない。
随分、躁状態のキャラだなと誤解した(多少、躁状態ではある)。

小日向文世が出てきた途端に退場。
きっと凄いキレ者キャラなのだろうけど全くその片鱗も見えず。
通行人並の扱い(一見さん的には)。

伊勢谷友介も新キャラらしい。
こういう綺麗にえげつない感じの役者ってそんなにいないから適役でしょう。
でも、オーバーアクションがステキだけど、
この映画の中だけの話であまり頭が良さそうには見えない。

真木よう子は淡泊な役だなあと思って見ていて、
最後のレストランのシーンで胸が巨乳にしか見えない服を着てきて
一気にこの映画で一番語るべき存在になった。

そんな感じ。


【銭】
トーホーシネマズのメンバーズサービス週間を使って1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 MOZU@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
劇場版 MOZU@MOVIE BOYS
劇場版 MOZU@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
劇場版 MOZU@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

PS 一見さんとか関係なく、
 単に頭が悪いから理解できなかったとしたらごめんなさい。
PS2 危機の回避方法が外部から突然やってくるってのが
 二か所あると流石に雑だなと思う。
PS3 エンドロールの映画前提映像見たら本気で面白そう。
 でね、特報チラシにこんな一文が載ってる。
 
 おさらいMOZU これを知っていれば劇場版だけでもOK!
  妻と娘の死の真相を追う公安警察官・倉木(西島秀俊)は、
  要人連続殺人事件の秘密を暴いた。
  しかしそれは、国家が抱える「巨大な闇」の、
  氷山の一角にすぎなかった…。

 うおおおおおおおおおおう、全然OKじゃねええええええええ!

グリコ「真っ黒プッチンプリン」

商品名が秀逸だ。
そして、商品が本当に真っ黒。
チョコ製品全般のイメージから多少の硬さや「もさっと」感を想像してたのだが、見事に「プッチンプリン」の柔らかさなのには意表突かれて唸らされた。
 うーん。

言わんでもいい事をあえて言うなら、既存「プッチンプリン」は親しみのある日本人の姉ちゃんの乳。「真っ黒プッチンプリン」はセクシー・ダイナマイト・ハニーなニグロ姉御の乳のようだ。あとはホワイティーなブロンド美人の乳を………もとい、プッチンプリンを求めてやまない。単純にホワイトチョコ味か、杏仁豆腐味あたりかな。

『ピッチ・パーフェクト2』をシネマ・カリテ1で観て、勿論おもろいけどこれでええのんかふじき★★★

五つ星評価で【★★★スムーズ】

万全のPART2と言うか、
こんなん見たいんやろ、これでええんやろ、満足やろ、
と畳みかけられる感じなんだけど、本当にそうだっけとちょっと立ち止まってみる。
確かにこれはこれでありなのだけど、
一作目の何もなかった所から構築した物語とキャラクターをまんまいただいて、
同じ物語を拡大再生産でいただいて、アカペラで締めくくる。
私自身はそれを堪能したりしないので、
何となく「きっとそうなんだろう」という推測で語るのだが。
TVドラマのシーズン1モロパクリのシーズン2みたいな映画である。

例えば映画のテーマ(語りたい主題)はPART1にはあったが、
PART2にはあるような、ないような、多分ない。
でも、これはこれでいいんだと思う。

つまり、凄く大規模に作られて、
ドッカンドッカン、アカペラ突っ込んでるので気づきづらいが、
これは一本の映画と言うより、一作目のファン専用に作られた
ファン・ムービーだろう。

ただ、各キャラクターが類型的に作られているので、
おそらくこのPART2から見ても、
そんなに違和感なく楽しめるだろう(推測)。
物語として真っ当に勝負してるかどうかは別にして。
随分、不思議な代物を作ったもんである。

にしても公開短いな。公開作品が多すぎて日の目を見ない映画が多すぎる。
これもそんな中、頭角表わしづらく、知らん間に淘汰されてしまった一本。


【銭】
水曜、武蔵野興行系の映画館は1000円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ピッチ・パーフェクト2@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ピッチ・パーフェクト2@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
▼関連記事。
ピッチ・パーフェクト@死屍累々映画日記

PS アナ・ケンドリックはいつも通り、可愛い。
 ちっちゃい彼女がでっかいドイツ女に悪態つこうとするのに
 ついつい褒めてしまい、超スピードで自己嫌悪に落ちる下りは最高。
PS2 えーと、だから、アナ・ケンドリックが主役張ってるんで、
 そういうアイドル的な側面でこの映画は好き。
PS3 ドイツの奴らの方がパフォーマンスの出来はよかったと思う。
 「それを乗り越えるオリジナル曲」という程、いい曲とも思えず。
PS4 世界アカペラ・コンクール
 セリフ一つで落とされていた韓国チームもちょっと見たいわ。
PS5 そういう意味ではインドチームも、もっとヨガとかバリバリやって、
 悪い意味での妄想的なインドに仕上げて
 ………つまり、『リングにかけろ』みたいな世界チームが参戦する
 アカペラ世界大会が見たいの。負けた奴は死あるのみみたいな、
 ガチになるしかない奴。

『メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮』をトーホーシネマズ日本橋7で観て、話運びがスムーズやねえふじき★★★

五つ星評価で【★★★おもろい展開】

巨大迷路を出た坊やたちがサバイバルで右往左往。

二作目はもう「迷路」ではないのだけど、
その辺はうっちゃっていいくらい話運びが早くて退屈しないから、よし。

ゾンビもどきが出てくるが、
彼等の生息区域と工場跡地みたいな所と市街地みたいな所はバッティングしないのだろうか? 何となく、警備でどうにかできるレベルであるなら、世界をあげてその撲滅を第一義な問題にするほど恐れなくてもいい気がする。

レコードが針飛びしてループしなくてよかった。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮@映画的・絵画的・音楽的
メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
▼関連記事。
メイズ・ランナー@死屍累々映画日記
メイズ・ランナー 最期の迷宮@死屍累々映画日記

PS 何故、巨大迷路が試験として出されたんだろう?
 逆に、巨大迷路を解き明かせられないような人間が罹患しやすい
 そういう事ではないだろうか?
 (1) バカ、コミュ障(チーム不適合者は全体を危機に晒す)。
 (2) 著しく体力の劣る者(ホーキング博士は失格)
 (3) 迷路が苦手な者
  ・左右を取り違いやすい
  ・方向音痴
  ・平衡感覚に問題がある→三半規管が弱いとか
 そう言えば砂漠の迷宮の中で三半規管を試すような
 ミッションが幾つもあったな。
 謎施設の中で試験体をぶらんぶらんぶら下げてるのも
 三半規管への過重試験だったりするかもしれない(しないかもしれない)
前のページ 次のページ