FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『探検隊の栄光』をトーホーシネマズ新宿12で観て、こーゆー潔いバカ映画は好きふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★荒い所もあるけど基本熱いバカを肯定する映画は嫌いじゃない】
フェイク・ドキュメンタリーの裏事情をフィクションとして描くコメディー。
嘉門達夫の「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」を関係各方面に問題のないドラマにした感じ。

基本、こういう「バカ」を肯定的にとらえた映画は好き。
みんな「バカ」が好きだし、好きでいいじゃん。
後半、反政府ゲリラが出てくる辺りから話の展開が雑になるのが残念
(そこはちゃんとリアリティ踏まえて単に勢い押せ押せの話にしちゃあかん)、
そんな日本語伝わらん相手に熱意だけで押せ押せで従わせるとかないだろ。
これもお客の目に触れる前に回数減って公開終わってしまったなあ。
今日本で公開される映画は多すぎる。
宣伝打つ金も少なくなるだろうし、過当競争で面白いコンテンツが埋もれてしまう。

藤原竜也をこういう使い方するのはいいなあ。
「クズ」として色が付いてしまった藤原竜也もまだまだ色々な使い方がある。
にしても、普通の役やるときっと違和感出ると思うな、今の藤原くんは。
一本の映画の中で叫ばない藤原くんをずつと見てない気がする。

また、心のこもってない事を言う時のユースケ・サンタマリアが絶品。
この人自体に心があるかどうかは別として上滑りしてる感がMAX強いキャラはもう本当キャスティングの勝利。

逆に綿密に作り込んだんじゃないかと予想されるのが適当キャラ小澤征悦。
この人演技が上手いとは思わないんだけど、何かいい位置に滑り込んでくる。
役者として凄いスキルを持ってるかどうかが謎だ。
まあ、二世タレントだけど美男すぎないのがいいのだろう。安心感がある。
そう言えばユースケとは『エイプリル・フールズ』でもコンビだった。

現地ガイドやった岡安章介。日本人だとは思わんかった……一番演技力があるのかも

AD佐野ひなこ、足は引っ張らないのだけどいるだけ感が強い。
恋愛系に話が行くのは鬼門だが、エロバディ系の現地女子一人追加投入して
張りあわせるみたいな展開があった方が良かったんじゃないか。
絵面が男男してて安らかない(現地原住民も筋肉男だし)。


【銭】
チケット屋で額面1400円の前売券を同エリアで最終の1回しか使えない状況で額面1300円で購入。仕入れ値の話もあるけど本当はもちっとサービスしてほしかった。うんまあ、ポイント鑑賞しようとしてたの止めたから結果一応オーライなんだけど。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
探検隊の栄光@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
探検隊の栄光@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
探検隊の栄光@だらだら無気力ブログ
探検隊の栄光@徒然なるままに

PS これ、『ギャラクシー街道』と同じ日に見たから尚更おもろく感じたなあ。
スポンサーサイト