FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル』をシネマート新宿2(小)で観て、ダメダメじゃんふじき★

五つ星評価で【★いやあ退屈】
割と採点は甘い方で滅多に星一つなんて出さないのだけど、これはどうにも退屈で。

天界、人間界、魔界からなる中国のファンタジーワールド。
冒頭、天界がCGバリバリで映されると、『モンキー・マジック』の使い回しみたいで萎え萎え。しかも『モンキー・マジック』より大味っぽい。いやどうもこれはもともと3D映画として作られているみたいなので、背景は平板の方が立体造形物が浮き上がって見えるとか、そういう効果があるからかもしれないが、2Dで見る分には出来の悪い書割にしか見えない。

魔界で千年ぶりの転生があり、それを機に世が乱れるかもしれないので、天界・人間界は魔界の宝物クリスタルを盗み出し、転生を防ごうとする。もうそもそもその「転生」のシステムがおかしいという事に他ならないのだが、そのシステムの修正とかを天界が行う気は更々ないらしく、人間界と魔界はいたずらに荒れてしまうのだった。

で、その善玉が盗み出したクリスタルの争奪戦になるのだが、
主人公(人間界)のヒゲ男は、そうと知らず過去魔界の美女との恋愛経験かある。
このヒゲ男に天界の神仙のエラいさんが魔界と戦うには魔の力を使えと
ヒゲ男を半魔物にしてしまう。

ヒゲ男と魔界美女との戦いがありーの、
魔物崩れしたと見られるヒゲ男と人間の戦いがありーの、
神仙のエラいさんとヒゲ男とか、魔界美女の戦いがありーの、

なんだけど、この超能力戦がバリバリ3DCGアニメで面白くない。
実写デビルマンとソックリ。あれ、もう本当ゲームCGっぽいつーか何つーか。
モデリングされた人形がそのまま戦ってるみたいな感じ。
で、その戦いが盛り上がらないのは主要な登場人物がみんなつまらんから。

主人公のヒゲ男は正しい事をやろうとするのだが、ずっと無言で葛藤がない。
今までに行っていた事が不正義だと分かっても、それに対して何の反応も示さない、いろいろ同情する余地はあるが、ハッキリ言って、とても魅力のない主人公だ。
魔界美女もリー・ビンビンなので綺麗は綺麗だけど、こっちもその都度、何を考えているか分からない。恋の揺らめきとか表現できなくてこの役に何の意味があるのか。

という事で、見せ場の特撮に心血が注がれてるようにも見えず、
その特撮に情感をつぎ込ませるドラマ部分もポンコツで
こんな年始早々凄い消化試合みたいな一本だった。
公開二週目で、一日一回小さい劇場で
サラリーマンの見れる夜18時以降の上映がないってのは、
逆にシネマート新宿さんの優しさがそうさせていたのかなあ、とか思った。

ダメ映画見た自慢したい人は見に行くとよろし。

あっ、出番をもうちょっと増やせばいいのにって黒いトカゲの女の子は好き。


【銭】
シネマートのポイントカード有料入場10回分のポイントを使用して無料入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
魔界戦記~雪の精と闇のクリスタル~@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
魔界戦記~雪の精と闇のクリスタル~@だらだら無気力ブログ
スポンサーサイト



『傷物語 Ⅰ 鉄血篇』をシネ・リーブル池袋1(奥)で観て、スタイリッシュなだけなのかどうなのかふじき★★★

五つ星評価で【★★★短いのにくどいのはスタイリッシュだから】
驚いたのは64分と言う短さと、それにも増して話がスカスカな密度だ。
確か映画化を三部作で作る事が決定した時に、
あんな短い話をどうやって三部作にするんだという呟きがツイッターに呟かれたが、
極力短い尺に作って、その尺内で同一時間の繰り返しや、心理描写を多用する。
うん、どうにかなりそうだ。なので、物語は大して進んでいない。
予告編を順当に組み立てて、会話を整理したら本編できました、という感じ。

でも、これはこれでいいだろう。
とても親切に作られたスタイリッシュな「クール・ジャパン」の見本映像みたい。
話の密度は薄いが、絵の密度は濃い。
まあ、こういうのが一本くらいあってもいいでしょ。

ちなみにお前、それはアニメキャラデザインとして完全にアウト(X指定入り)
だろって胸とかパンツの羽川翼のパンチラをもう一回見たいから、
又、劇場に行ってしまうかもしれない。大丈夫かよ、俺。


【銭】
テアトル会員割引+曜日割引で1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
傷物語〈Ⅰ鉄血篇〉@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
傷物語〈Ⅰ鉄血篇〉@だらだら無気力ブログ
▼関連記事。
傷物語〈Ⅰ鉄血篇〉(2回目)@死屍累々映画日記
熱血篇@死屍累々映画日記