FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『お盆の弟』をシネマート新宿2で観て、ええんやけどええんかなふじき★★★

五つ星評価で【★★★渋川清彦のキャスティングに助けられてるなあ】

辛いながらも小さな日常の中、前を向きながら歩くも
愛する妻からは別れを告げられ、監督としての次回作も作れず袋小路、
という「私小説」的な映画としてはありがちな話に思える。

なのに、とっても肩入れ出来てしまうのが
ダメ男を演じるのが「渋川清彦」という
見ている観客がどうしても許しちゃう俳優を使っているからだ。
何だろう。ホモじゃないけど「人間として」抜群の可愛らしさがある。
こういう人はダメ男が嵌る。
多分、渋川清彦で寅さんとかだって面白い気がする。
バランスだけで語るなら、佐藤我次郎の代わりに出川哲郎とか横に置きたい。
渋川清彦には「怠惰」も似あうし、
仮に底の底まで堕ちてもまだ微笑みを返しそうな余裕がある。
だから、どんな不幸が近づいてきても盤石の安心感がある。
でも、この映画ではそこそこありがちな不幸と、その結果、
掴み取れそうなそこそこありがちな幸福とを提示するだけだった。
これでも成り立つし面白い。
でも、どこかでもう少し叩きつけられる「揺れ」みたいな物を感じたかった。
そういう「揺れ」がなきゃないでリアルかもしれないが、
やはりドラマ的に一番の峠となるような頂点みたいな部分があった方が
「映画的」だと思うのだ。

『お盆の弟』というタイトルだけど、
弟・渋川清彦に対峙する兄貴・光石研は映画内の序列で言えば
相棒・岡田浩暉、妻・渡辺真紀子、交際相手・河合青葉に次ぐ五番目である。
他に適当な題も思い浮かばないけど、この題ではない気がする。

緩慢なダメ男を演じる渋川清彦と対照的に
全力のダメ男を演じる岡田浩暉が本当にああいう人にしか見えないのが凄い
(いや、よく知らないけど本当にあんなだったら嫌だから演じてるんだと思うよ)。

河合青葉がエロさのカケラもないのに、
美しくて清々しくて、これもとてもいいキャスティング。


【銭】
親の友達から貰った新聞屋系の招待券でロハ入場。シネマートさん、いいのムーブ・オーバーで持ってくるよなあ。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
お盆の弟@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
お盆の弟@映画的・絵画的・音楽的

PS 主役がマキタスポーツでも映画は出来るが、きつかったろうなと思う。
 マキタスポーツの兄ちゃんを誰に据えるのかと言う難しい問題も発生する。
 ※ 大変失礼だがマキタスポーツさんは確実に安心感を持てない俳優さんである。
PS2 ネタ
 「おぼんの弟って誰や」
 「こぼんやないけ?」
 「おぼんこぼんは兄弟とちゃうで!ほんま!」
スポンサーサイト