FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ひつじのショーン いたずらラマがやってきた!』を丸の内ピカデリー3で観て、ラマこええふじき★★★★

いたずらラマ
▲三匹の虎がグルグル回るとバターが出来るなら、
 ラマだったらきっと「ラーマ」になるだろう。

五つ星評価で【★★★★おもろいけど地味に怖い】
テレビシリーズのベストセレクションが35分。
短編『いたずらラマがやってきた』が28分。

ベストセレクションも卒なくどれも面白い。
「ベスト」を選出するより「駄作」を選出する方が難しいんじゃなかろうか?
(いやいやいやいや、そんなこと言いながらTVは全く未鑑賞なのだけど)
それにしても、相変わらず「言語」未使用の徹底さには驚く。

で、本編に当たる『いたずらラマがやってきた』
怖い。ラマ怖い。
剥き出しの歯も怖いが、威圧的な大きさで「勝てない」事が一目で分かるのが怖い。
外見だけならともかく、このラマに豚も犬も羊も人も実際に適わない。
突如、牧場に現われた最高峰のヒエラルキー存在。
何が怖いって、「勝てなくて当たり前」の意識が無意識に浸透してしまう事
(特に飼い主に顕著だった)。
ラマの顔が攻撃性と外向性を強く打ち出すように口が大きく、3匹中2匹がとても大きく目を剥いていて、1匹の目が完全に隠れている。躁状態であるが上に何をやりだすか分からない2匹と、表情が見えない1匹。ヤクザ映画のチンピラと重鎮みたいだ。
『ひつじのショーン』では羊にしても、豚にしてもすごく大口を開けないし、目を剥いたりもしない。一拍置いた感じというか、とっても感情表現が緩やかなのだ。これと相反する特徴の顔をよく持ってきたもんだなあ。

と、クドクド言ってきたが、それでもちゃんとコメディーとして正しく面白い。
凄いもの作りよるよのおエゲレス人。


【銭】
劇場入場料金1300円だが、チケット屋で額面1100円の前売券を1080円でGET。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ひつじのショーン スペシャル ~いたずらラマがやってきた!~@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ひつじのショーン スペシャル ~いたずらラマがやってきた!~@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ひつじのショーン スペシャル ~いたずらラマがやってきた!~@SGA屋物語紹介所
ひつじのショーン スペシャル ~いたずらラマがやってきた!~@徒然なるままに
▼関連記事。
ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム@死屍累々映画日記
スポンサーサイト