FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『汗ばむ美乳妻』もういっちょ

城定監督の最新作目当てで再見。
しかし、無理なスケジュールで一週間に2回見る事になりつつの、
仕事が津波のように押し寄せてきーので、どうにか見には来れたが、
けっこうイネムリこいてしまって激・悔しい。
まあ、なかなか思うようにはいかんのが人生だ。

◆『汗ばむ美乳妻 夫に背いた昼下がり』
五つ星評価で【★★★★★七海ななが映画史上類を見ないほどチャーミング(再確認)】

映画の冒頭からラストカットまで、七海ななさんが頭の先から足の指の爪の先まで、全て見事に演技を貫いている。ちょっと凄い。一つ一つのセリフも勿論だが、セリフ以前の「あっ」とか「ふっ」とか「んー」みたいに漏れる感情が、実は旦那の為にルールに隷属してはいるけれど、一個の生き物としてそのルールからすぐはみ出してしまう様を間近で見ているようで大変面白かった。
危機回避のため1分1秒を惜しんで現場回復しなければいけないのに、ふと漂ってくるズリネタからの甘美な誘いに肉体が乗ろうとして、「いかんいかん」と自覚するシーンとかほんとおもろい。そういや胸はちっぱいだった。まあ、それも良し。

七海ななの超絶演技からすると木下桂一(旦那)の演技はとてもつまらないのだが、この人の妻に対する受け答え演技が徹頭徹尾全く変わらないのはニュートラル(基準線)になって良い。この人が内面は別として外面が全く変わらない事で、ちょっとした妻のアタフタがダブル効果で楽しめる。でも、実際、この人が下手だとSMのシーンとか物凄く陳腐になるから、普通に上手い役者さんであるのだろう。

ハゲとアフロのSMなんかネタっぽくて面白いなあ。
ハゲが物凄く情を込めてるのに、
アフロがそんなハゲの情をビジネス的に突っ返す(あそこに情はないだろ)。
それでもギブ・アンド・テイクでこの関係はウィン・ウィンだという不思議さ。

輝彦さん(旦那)の相手がアフロだったら、
輝彦さん(旦那)がこの後、クラブに強制で行かされてアフロとプレイになったら、
この映画はハッピーエンドで終われなかったりするかもしれない。

他の城定監督の作品を思い返してみても「これは下手だわあ」みたいに思う役者は一人もいないので(『ホームレスが中学生』のホームレスだって別に下手だったという印象はない)、上手い役者を選んでるのかもしれないけど、城定監督自身の演技演出プランがすげえしっかりしてるのかもしれない。にしても、今回の七海ななは良かった。


◆『美人セールスレディ 後ろから汚せ』
五つ星評価で【★★消化作品(再確認)】
ちょっと寝てる間に大体前と同じ前半分くらいの筋がすっ飛んだ。どうせすっ飛ぶなら後半すっ飛べばいいのに。まあ、でも、これくらい綺麗なお姉さんが脱いでくれるなら全然いいです。最近では熟女ラインみたいに、マニアックな女優中心だったりするピンクもあるから。個人的には普通の美人女優がいいもの。手入れがいいんだろう、@YOUちゃん乳も尻もとても綺麗だった。まあ、商売道具やけんね。


◆『本番不倫 七人の人妻』
五つ星評価で【★★消化作品(再確認)】
うっすら均等に寝て、これは合わせて一本見れた感じ。結論的にはこれは寝てもいいな。濡れ場をしこたまつぎ込んだおかげで話らしい話もない。一応、オチはあるけど、やはり大した話ではない。こういうシカバネのような映画が山のようにあって、傑作のピンクがたまに遥か上方に鎮座する。だから、これはこれであってもいいだろう。もう一回見るのはつらいから勘弁してもらいたいが。


【銭】
上野オークラ、一般入場料金1600円。スタンプカード貰った。次から捺印だそうだ。いや、そこは一個サービスしてくれてもいいんじゃない? 12個たまると劇場1回無料入場となる。

▼関連記事。
汗ばむ美乳妻 夫に背いた昼下がり1回目@死屍累々映画日記
スポンサーサイト



『星ガ丘ワンダーランド』をユナイテッド・シネマ豊洲2で観て、あれこんな筈ではふじき★★

五つ星評価で【★★残念だなあ】
いい役者がいっぱい出てて、いい演技をしてるんだけど、話が整理されていなくて、意外性がなくて、主人公に共感が出来ない。

主演の中村倫也は特に悪くないのだけど、
とっつき悪かったり、傍から見るとそんなに気持ちの良くないルールを持ってたり、感情に任せて友情踏みにじったり、主人公として好きになれる要素が少ない。佐々木希も杏も好きな女優なのに均等に出番が少ない。物語のキーワードは「家族」だろうから、母を奪った義理の弟(菅田将暉)や妹(佐々木希)、その母を脅していた疑いのある親交の乏しい兄(新井浩文)、家族の代用としてかのように仲良くなる友(市原隼人)など、必要な人材はちゃんと配置されている。でも順番にそれぞれのパートを均等に回っているような話の進め方で、主人公の家族に対する熱がよく分からない。伝わってこない。
そして、母の死因も主人公が主張する他殺説を明確に覆す論証もないまま、取って付けたように新事実が分かっておしまい。それは一般的に証拠として嫌がられている状況証拠でしかないんじゃないか?

何か、とても残念。


【銭】
ユナイテッド・シネマの会員ポイント2ポイント使って1000円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
星ガ丘ワンダーランド@ぴあ映画生活

PS 何で「星ガ丘」の「が」は「ガ」なんだろう。
 漢字変換してて凄く違和感がある。
PS2 じゃあ
 星ガ丘
 星ガガ丘
 星ガガガ丘
 星ガガガガ丘
 星ガガガガガ丘
 とかでもよくない?