FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『牙狼〈GARO〉 -DIVINE FLAME-』をシネ・リーブル池袋2で観て、ふんふん分かるけど分からんわいふじき★★

169668_9
▲まるでWinkの二人のようなレオンとアルフォンソ。

五つ星評価で【★★いやまあ、一見さん向けではない】
牙狼は実写ドラマ・映画、TVのアニメシリーズのいずれとも未接触。
このコンテンツの多い時代にそんなに何でもかんでも見る事は出来ない。
なので、これが全く最初の接触、一見さん鑑賞である。事前に何の準備もなし。
映画館で映画見るってのは「ぶらっ」と立ち寄って見る
取り込み客の存在が大きかったので、これが本来の見方だとは思うものの………
まあ、何だ。一見さんへの考慮は一切ない。
もう、前提全て知ってるでしょって進み方。
そんなに知らなきゃ困るほどの深い設定もなさそうなので、見れなくはない。

しかし、主人公のレオンと相棒のアルフォンソが髪の色が違うだけで
一見のおっちゃんの俺には見分けがつかんのだな(記事TOPの画像参照)。
見分けがつかんから困るような話運びでもないのだが。
女が苦手な兄ちゃんとそうでもない兄ちゃんって色分けはあったか。

ゲストキャラで出てくる盲目の剣士が
盲目故の弱さや強さが全く見えない点はどうしたもんだろう?
そんなん大きな問題でないという事か?
北野武版「座頭市」だろうか?JOJOのワムウだろうか?
脚本の小林靖子はJOJOアニメやってたしなあ。

とりあえず妖怪さんとパワードスーツ騎士の戦いはビジュアル的におもろかった。

そういやセックスの場面から始まるアニメって凄いな。
セックスの当事者達が十三金よろしく血祭りに上げられてしまうのもまた楽し。
はっきりセックスと殺人描写があるのでPG12指定なのだろう。
どうせなら、異常に可愛く描かれている甥っ子を「死の生贄」とするだけでなく、
「爛れたSEXの生贄」にしてしまえばいいのに。
そんなんしたら成人映画枠じゃ(しかもコンテンツを外国に売れなくなる)。
すんげえドギツイもんであっても、いろいろ限界はあるのである。
限界を越せば偉い訳ではないのだが、限界を越そうとするバカは嫌いではない。


【銭】
テアトル系映画館の会員割引+メンバー曜日割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
劇場版 牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-@だらだら無気力ブログ
スポンサーサイト