fc2ブログ

『春だドリフだ全員集合!!』をフィルムセンターで観て、ドリフええがなふじき★★★

特集上映「生誕100年 木下忠司の映画音楽」の1プログラム。

五つ星評価で【★★★長さんの上手くいかない加減が泣かせる】
落語界を舞台にしながら、芸者の身請け話を絡めたドリフの人情喜劇。
主役を張るのは長さん。悪い奴ではないのだけど(あ、そこ微妙だ)、芽が出なくて荒んでる、苦労人でダメ人間の落語家。長さんに丸め込まれて弟子入りさせられて毟り取られてるのがカトちゃん。ここまでがメインキャストで、荒井注、仲本工事、高木ブーは出番の多いガヤ扱い。前に見た『正義だ!味方だ!全員集合!!』でも、いかりや、加藤がメインだったので、そういう作りになるのがお約束なのだろう。荒井注の無頼漢だけど無能ってキャラは面白いけど、主役に持ってくるのは流石に難しいだろう。いかりやは苦労人キャラが顔に合うし、加藤茶はそれに絡むコメディ・リリーフ、仲本工事は二人を引き立たせるそこそこの常識人で、後はガヤという構造はとても収まりがよい。所詮、全員活躍はさせられないのだ。

いかりやがどん底、加藤茶がイケイケ状態のラストで
「このままじゃ終わらねえ、次は見てろよ」と言って終わるのだが、
この後の次回作は全然別の話で続かないのだ(ウィキで確認した)。
この辺りが無責任でいい気がする。
おで、ドリフ映画の適当でA級っぽくないとこが好き(2本しか見てないけど)。

「春だドリフだ」って季節も映画の中では全然関係なかった。

金子信夫の濃い芝居がドリフ映画には合う(アレもコレも同じような役だし)。

せっかく「ゴールデンハーフ・スペシャル」が出てるなら一曲歌ってほしかった。
歌はドリフの「ツーレロ節」と小柳ルミ子の「わたしの城下町」「お祭りの夜」
歌が入ってると楽しい。最近ではこういうの映画の中でないけど。

わざわざテロップを出して、ドリフの落語を見せたりもするのだけど、
そんなに落語がどうだこうだで見せる話ではないので、あれはどうかと思う。

突然出てくる萩原健一がいきなりなので、とても変。
たぶん製作が(松竹+渡辺プロ)なので、渡辺プロのバーターとして顔見せ出演をしたのだろう。ドリフとショーケンが同じ芸能プロダクションでマネージメントを受けてたってのは別に驚くには値しないだろうが、なんか変な感じがする。


【銭】
フィルムセンター一般料金520円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
春だドリフだ全員集合!!@ぴあ映画生活
▼関連記事。
正義だ!味方だ!全員集合!!@死屍累々映画日記
スポンサーサイト



プロフィールだ

fjk78dead

Author:fjk78dead
ふじき78
映画を見続けるダメ人間。
年間300ペースを25年くらい続けてる(2017年現在)。
一時期同人マンガ描きとして「藤木ゲロ山ゲロ衛門快治」「ゲロ」と名乗っていた。同人「鋼の百姓群」「銀の鰻(個人サークル)」所属。ミニコミ「ジャッピー」「映画バカ一代」を荒らしていた過去もあり。

最新記事だ
検索できるんだ
最新コメントだ
最新トラックバック(直結)だ
俺のリンク集
カテゴリだ
月別アーカイブ(タブ)
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる