FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『汚れた英雄』を角川シネマ新宿1で観て、薄くて薄くて大笑いふじき★★

143130_1
▲キャー、まさおーっ。

五つ星評価で【★★人間ドラマは皆無。レースシーンは本気度が伝わってくるがレース展開等は全く分からない】
原作小説未読。だが、多分こういう話ではないだろう。
初見。角川映画祭の1プログラム。

草刈正雄かっけーな。何か脱いで尻ばっかり出している。
角川春樹がついに監督に手を出した初監督作であり、
後の『愛情物語』『天と地と』と同じように、とてもダラダラした演出がなされる。
どれも群衆を使うシーンが多い映画なのだけど、その群衆がニヤニヤ笑ってて緊張感がない。大きくレースシーンとレース以外のシーンに分かれるが、レースシーンはひたすらバイクの走行シーンを撮り続け展開が分かりづらい。ただ、レース撮影に関してはそんなに悪くない。全体としてイカされてないのは残念だが。
問題はレース以外のシーン。「映画生活」の映画の粗筋を読んでやっと分かったのだが、草刈正雄のレースの資金源は金のある女であちこちから貢いでもらってる。それで『汚れた英雄』なのか。初めて分かった。映画内では惚れっぽい男が次々と自由恋愛してるようにしか見えん。濡れ場も含めて、人と人の対話シーンは凄く引いて景色や一枚絵のように撮る。すごくこだわっているのだけど、引きすぎてて役者が誰だかも分かりづらいカットがいっぱいある。「味」と言う以上に役者の演技が届かない失敗演出だと思う。

草刈正雄はかっけーの代名詞。
その草刈正雄とねんごろになる木の実ナナ。まだ若いが外見はあまり変わってない。
もっともでっかい集金パイプにしようと、ねんごろになったレベッカ・ホールデンは可愛くも美しくもなく、醜くもない金持ちの金髪というだけだ。女性を魅力的に撮るのも監督の仕事だが、その辺はバリバリ、スルーしてた。
草刈正雄のメカニック・チームは奥田暎二(この時はまだ「英二」名義)と浅野温子。
浅野温子まだ若くて溌剌としているけど、
彼女と奥田は夫婦役なので、草刈との濡れ場はなし。

ともかく主題歌がかっこよく、
映画より主題歌の方が全然、上。



【銭】
角川シネマ、テアトル系なので水曜は1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
汚れた英雄@ぴあ映画生活

PS 当時「スネークマン・ショー」などで気を吐いてた伊武雅刀が
 レースの実況DJを担当しているが、これが「ナウい」感覚に満ち溢れていて、
 今見るとかなり恥ずかしい。
 芸人だったころの「でんでん」の持ち芸みたいな粋がってる恥ずかしさがある。
スポンサーサイト