FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ホワイト・バレット』『ヘッド・ショット』をキネカ大森3で観て、みんなケンカしすぎなんちゃうん?

キネカ大森の名画座企画「頭に銃弾!手には汗!強烈アジアン・アクション」

◆『ホワイト・バレット』

▲最右の人間を削った奴らがワンダー3だ!

五つ星評価で【★★★ジョニー・トーのスタイリッシュ・アクション。ラストの見せ方がそんなに好きじゃない】
原題が『三人行』、英題が『THREE』、邦題が『ホワイト・バレット』って、全然偽物の題名である。どこから「バレット(銃弾)」持ってきたんだ。まあ、最後に銃弾戦その物があるから、全く嘘ではないけど。とは言うものの邦題『三』ではちょっとなあ(せめて「ワンダー」とか付けんと)。
「三」は、治療を受ける凶悪犯、治療する医師、秘密を抱える刑事、の三人を指し、いやらしく絡んでいく関係は見ていてストレスがたまる。みんなギスギスして嫌な奴だし、近くにいる患者がストレス貯めるために配置されてるみたいでウンザリ。そしてラスト、これがやりたかったという感じに銃撃戦が展開されるのだけど、制約もなく、ドカンドカン撃ち込む様な銃撃戦に何となく燃えたり出来ず、ここを楽しまなくてどこを楽しむんだと言うのは分かりつつ、醒めてしまった。まあ、多分、誰が傷付いてもイーブンであって、感情移入できないからどうでも良かったんだと思う。


◆『ヘッド・ショット』

▲綺麗どころ。

五つ星評価で【★★★物凄いアクションには拍手を送りたいがカメラの近さと動きが嫌い】
笑っちゃうくらい単純なストーリーに乗る超絶アクション。
アクションがともかく凄くて、ずっと延々と続くし、主人公が不死身なので、いい加減見ていて最後には疲れてしまう。物凄く計算されたアクションが計算された撮影方法により色んなアングルから収められているのだが、いかんせん被写体とカメラの位置が近く、カメラがあまり意味もなく動くので見せる筈のアクションが見やすくないのが残念だ。しかも、その状態が長く続くのでけっこう疲れる。よいアクションは長丁場でもそんなに疲れない。例えば、ドニー・イェンなんかがそう。あれはドニー・イェンのアクション自体も凄いが、カメラアングルが被写体と適度な距離を保っており、本当に必要なところ以外カメラを動かさないで撮っているのだ。

インドネシア女優3人はみんなステキだった(一人子供だけど)。
チラシ見たら女優一人日本人だったわ。そうかアクション姉ちゃん日本人の女子プロなんか。

PS 女子限定で『バスト・ショット』でもよかよ。


【銭】
2017年4月始まりで購入したキネカード(名画座回数券)。キャンペーン期間中につき半年間で3回入場券付で2000円。うち2回目を使用。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ホワイト・バレット@ぴあ映画生活
ヘッド・ショット@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(今回TBだけ)。
ホワイト・バレット@銀幕大帝
スポンサーサイト