ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『モンキー・シャイン』『ダーク・ハーフ』を新文芸坐で観て、ロメロったらんもう★★★★,★★★

新文芸坐が企画したロメロ追悼レイトショー(一本立て×2)。

◆『モンキー・シャイン』
五つ星評価で【★★★★無茶苦茶面白かった】
事故により四肢機能不全になった患者のケアを訓練した猿にやらせる実験。だが、そこに特殊な臨床実験中の猿が紛れ込んだ事により、患者の近親者の命が奪われていく事件が多発する。
ファーストランの時に見てて2回目。
もうメチャクチャ面白かった。

高知能猿エラと同調して見る猿目線カメラの気持ちいい事。
エラも牝猿である事から、被害者の大半は女性。
でも、看護婦も、元カノも、母親もゲスい奴等オンパレードで
全く同情できない。
特に母親については「もうほんま許してやれよ」という罰ゲーム状態で、
エラさまさまである。

あと、スタンリー・トゥイッチがまだ全ハゲじゃない所が見どころ。


◆『ダーク・ハーフ』
五つ星評価で【★★★雀】
初見。『雀たちの沈黙』
雀のカットいい。
手術という物理的な兆候から始まって、
その残りの半分は超自然的な存在として処理する。
何やら不整合でギシギシ言ってるみたい。まあ、キング原作らしいか。


【銭】
新文芸坐・会員割引なし均一料金1プログラム1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
モンキー・シャイン@ぴあ映画生活
ダーク・ハーフ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』をユナイテッドシネマ豊洲2で、『プリズマ☆イリヤ』を角川シネマ新宿1で観て、どっちもおいおい★★,★★

今一だったアニメを2本一緒に落とす。

◆『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』『プリズマ☆イリヤ』

▲エウレカちゃんほとんど出ていません。

五つ星評価で【両★★どっちも配慮がない】
エウレカは既存のドラマ+新作を三部構成で新たに作るという物らしい。『まどマギ』の劇場版構成に近い構造と考えていいだろう。原典であるTVアニメシリーズを見てないので、今回の映画が原典の一部なのか、全部なのか、原典に描かれていない部分かなどは全く分からない。ただ一つ言えるのは、頭から作った物語であるにもかかわらず、一見さんには分からないように作られており、少なくとも一見さんにとっては大変、不親切な作りであると言う事だ。
物語の主人公レントンの成長具合はとてもよく描けているが、その背景である作品の世界観、背景は「そんなんお前ら知ってて当り前だろ」という傲慢さで全く描く気がない様である。リブートはリブートらしく、新規参入観客に納得がいくように作ってもらいたい。じゃないなら、単にシリーズの再構成ではなく、続編を作った方がいいと思う。
あ、でも、エンドロールの曲が予告編でも使われていた大変素晴らしい曲で、このエンドロールを聞き終わって大層素晴らしい作品を見たと勘違いしそうになった。恐るべし、音楽の力。


▲桜のお兄ちゃんのゲス具合は良かったな(図案の中にいないんだが)

『プリズマ☆イリヤ』は何本か劇場版アニメがつくられてる『Fate』の最新作。これも見終わって煙に巻かれたみたいに何だか分からなかった。今までの『Fate』の設定と微妙に外れているのだが、それが何故なのかは描かれない。いやいや、そんな今まで出された情報を何でも丸呑みして全て咀嚼してきたような親切かつ優良な観客ではないのだよ、私は(あかんのか、俺があかんのんか?)。という訳で、こっちもよく分からなかった。まあ、よく分からないなりにアクションシーンはパッション響いててなかなかかっこよかった。でも、夜の戦いが多く、スクリーンの光量にはちょっとコントラストが足りない感じで、かっこいいアクションが存分に楽しめる感じではなかったのは残念な事だ。ちゃんとやろうよ。仕事なんだし、お金を取ってるんだから。


【銭】
『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』:8,9月期間限定割引サービスクーポンを7月入場時に貰い割引1800円→1300円。
『劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』:テアトル系会員割引で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1@ぴあ映画生活
劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBのみ)。
交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1@だらだら無気力ブログ
交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1@あーうぃ だにぇっと

マンガ『ありふれた職業で世界最強 第一巻』原作 白米良 漫画 RoGa、ガルドコミックスを読書する男ふじき

ロールプレイングゲーム的なファンタジー世界に学校のクラスごと飛ばされた凡人で心優しい主人公が、特に勇者的な能力の開花もなく、与えられた地味な能力を応用しながら最強の存在になっていく。

というアウトラインはワクワクするのだけど、思ったより「他人から注目されない授かった能力」を重用して強くなる訳でもないのが引っかかる。もうちょっと心優しい彼のまま、知力で能力を補完しながら頑張ってくみたいな話かと思ったのだが。彼はとても原始的に彼の授かった能力とはそう関係なく、生きる為に魔物を食らった事で魔物の能力を総取りしてしまうのである。なんかそれはずるい気がする。「人喰い」にも通じるが、食う行為そのものは相手の力を自分の中に取り込む事だからそれを否定はしないのだけど、それでスキルをばんばん上げていくというのは反則だろう(RPGやらんから何が王道だかは実はよく分からん)。とは言え、続巻は読んでみたい。気になる。

マンガ『すこしふしぎな小松さん』大井昌和、ヤングアニマル・コミックスを読書する男ふじき

帯によれば「SF小説好きJKのテンパリ読書コメディ」

テンパって赤面して、逃げて、逃げて、ちょっと距離が縮まって、という主人公は面倒くさい。
このキャラを許す読者はそういう人物像を愛すべきキャラクターとして認めてあげるという心の広い人なんだろうけど、こちとらキッチリ心が狭くってしょうがない人間だから、もうごめん。ただこういう人物像はリアルな世界に置き去りにして、空想の世界のマンガくらいはハッキリ物申すみたいな手っ取り早いコミュニケーションで満たされたいと思ってしまったりする。

「テンパって赤面して、逃げて、逃げて」って自分に自信がない事の表れだけど、ある意味、そういう風に自分を低みに設定しておけば、単に傷つかないっていやらしい憶測が充満してる感じでイヤなのだ。相手がこじ開けてくれるのを待つのではなく、もうちょっと譲歩して自分から近づく、そういう進歩をもうちょっと見たかった(そういう面もあるのかもしれないけど、私には感じづらかった)。

倍賞千恵子版『霧の旗』を神保町シアターで観て、傑作に震える★★★★

特集「女優倍賞千恵子」から1プログラム。

五つ星評価で【★★★★いやあ面白い】
1965年白黒、初見(『霧の旗』自体が初見である)。

倍賞千恵子が今の顔のイメージと違う。若いと言う事は勿論だが、眉毛が太くて濃い。その眉がしなやかさ、たおやかさより、田舎者の純情だけど野太い感じを上手く出している。倍賞千恵子怖い。頑固で一途。不退転。後ろに下がらない。ああ、怖い。この映画の4年後に『男はつらいよ』のさくらを演じるのだけど、この映画でも親のいない二人兄妹で兄の問題に悩まされる。そして兄の問題がどうにもならなくなった時、倍賞千恵子は静かに狂いだしてしまうのである。何という「裏寅さん」。この狂えるさくらの純粋だが手の付けられない感じが素晴らしい。心の底が見えない感じが怖い。ゾッとする。これは倍賞千恵子より松本清張の功績かもしれない。
兄貴が露口茂。また、山さんである。なんつか「山さん」に出会うまで、この人はろくでもない人間の役ばっかだったのだろうなあ。極悪ではないけど、善人よりは悪役の顔をしている。

倍賞千恵子が田舎から登って来たばかりの「オノボリさん」なら、同郷でママにまでなってるのが市原悦子。今とそう変わらないような感じなのが凄い。そら、流石に今の方が全然老けてはいるけれど。

ちょっと話が面白すぎて、山口百恵版も見たくなった。



【銭】
有料非割引時に貰えるスタンプ5回分で無料入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
霧の旗〈1965年版〉@ぴあ映画生活

『それでも夜は明ける』『ムーンライト』『ディストピア パンドラの少女』『ゾンビ処刑人』

キネカ大森の名画座企画「月が照らす希望とアイデンティティ」と
「未来はゾンビの手の中に!!!」と。二本立て×2

◆『それでも夜は明ける』キネカ大森1

▲主人公(左)とカンバ演じる飼い主(中)

五つ星評価で【★★★クロンボに生まれると大変だ、な一本】
自由黒人という人たちがいるのね。
彼等は常に自分が「自由黒人」であるという証明書を持ち続けていなければ、自分の立場を保持できない。現代日本で大袈裟にデフォルメするなら、免許証を携帯し忘れたら捕縛されるみたいな状態だ。人間の身分から家畜に落ちる。良くてペット扱いである。「うちのわんちゃんはペットじゃないんです、家族なんです」と言い張ろうが、射殺されてもお金さえ積めば保証は済んでしまう。そんな存在になるという事なのである。そういう位置への転落がとても簡単にシフトチェンジできてしまう事が怖い。1841年、日本では天保12年、明治元年の27年前、まだチョンマゲだ。それを考えるとアメリカの生活様式は見た目、ほとんど変わらない。逆に奴隷制度がなくなった事が日本がチョンマゲやめて世界に鎖国を解いたくらい大きな事なんだろうなあ。
今回この映画ではシスティマティックなビジネスではなかったが、自由黒人を奴隷として売る闇ビジネスが普通に成立してたと思うとこんな話はゴロゴロしてたに違いない。ただ、奴隷から自由黒人に戻ってきた例が希少すぎて規模も何も分からないと言うのが実情ではないだろうか。
奴隷商が奴隷を売るのに、古代ローマの市場みたいな競りにせず、全身裸に剥いた奴隷を室内に調度品のように立たせ、サロンのような雰囲気の中、売買しているというのが、絵空事でないリアリティがあった。ヨドバシカメラやビッグカメラの1フロアに奴隷専門のフロアがあるみたいな感じである。

SF小説の中でドイツ・日本が第二次世界大戦に勝利する、架空戦記物等は日本にもあるが、同じようにアメリカでは南北戦争で南軍が勝利を収めて奴隷が解放されなかった架空未来SFとかあるのだろうな。あまりに現実から遠くて日本人には予想できない。

カンバーバッチみたいに、いい人なんだけど奴隷制度に支えられた生活をしているので、奴隷制度は肯定せざるをえないという飼い主と、骨の髄まで奴隷制度を支持している飼い主とを併記している所は構造として良心的だと思う。

『それでも夜は明ける』って何かタイトル的にどこかで聞いたような気がすると思ったが、アレだ。藤圭子の『夢は夜ひらく』だ。せっかく思い付いたのに、そんなに似てないなあ。


◆『ムーンライト』キネカ大森1

▲色覚検査っぽい。

五つ星評価で【★★★切ない一本】
切ない話だ。
でもまあ、そんなに主人公に同一化できなかったので、思った以上にグッとは来なかった(人非人俺)。主人公の3世代を演じる役者はみんな真剣なよい表情をしている。麻薬ディーラーという存在は本来、撲滅すべき悪党だと思うが(アクション映画で唯一一切の背景なしに殺されても文句言われない悪役)、街の風景の中ではしっかり根を張って、それなりに人格者みたいな撮られ方をしてるのは面白いと思う。押し付けて売っているのでなければ、売る方より買う方が悪いという皮膚感覚が場所によってはあるのかもしれない。
章立てで使われる名前が
「リトル(チビという意味の別称)」
「シャロン(親からもらった社会的な名前、ウィキによると女性の名前)」
「ブラック(焦がれている人からもらった名前)」
という形で主人公が徐々に自己確立していく事を表わしているのではないか?


◆『ディストピア パンドラの少女』キネカ大森2

▲ポスタービジュアルに使われてるマスクもそうだけど、拘束用車椅子とかアイデアやビジュアルが斬新。

五つ星評価で【★★★ムチャクチャ作り込んだ世界観に好感が持てる】
新種ゾンビもの。ハングリーズと呼ばれる新ゾンビはキングが手掛けた『セルラー』の携帯ゾンビと行動がちょっと似てる。襲う時は果てしなく襲い、静かな時は集団として統制が取れながら静か。キングのアレ、あくまで映画だけを見た限りにおいては設定が適当なので、この映画のゾンビの複雑な設定には太刀打ちできない。と言うか、行動パターンはゾンビであるが、もうこんなに設定を作り込まれたら単純に「ゾンビ」ではないわな。
主人公側のゾンビ特性を持ちながらそれを抑制している少女のゾンビ特性演技が素晴らしい。いや、彼女に限らず、ハングリーズになった者の演技はみな素晴らしい。従来のゾンビとは異なる特徴のあるボディー・アクションが付いており、それがとても良い。演出の演技付けが上手いのかもしれない。
エンドロール見てグレン・クローズが出てるとは思わんかった。グレン・クローズなんてじっくり撮ったら確実にゾンビより怖い女優だもんなあ。
但し、あの特に何も解決せずに時間だけ先延ばしにしてるように見えるあのラストはちょっと好きじゃない。


◆『ゾンビ処刑人』キネカ大森2

▲ふじき的にビックリする結末が待っていた。

五つ星評価で【★★割と安い】
冒頭とラストに付けた特殊な場所での行動以外は
今までどこかで見たようなデジャ・ブが蘇ってくるありがちな話。

と思ったら、今はなきシアターN渋谷で昔一回見てた。

おいおいおいおい。覚えてなかったなあ。
どうりで見た事があるような映画と思った筈だ。


【銭】
2017年4月始まりで購入したキネカード(名画座回数券)。キャンペーン期間中につき半年間で3回入場券付で2000円。うち3回分の使用を終わったので一回1000円で見れるフリーパスとして使用(4回目と5回目)
▼作品詳細などはこちらでいいかな
それでも夜は明ける@ぴあ映画生活
ムーンライト@ぴあ映画生活
ディストピア パンドラの少女@ぴあ映画生活
ゾンビ処刑人@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
それでも夜は明ける@映画のブログ
それでも夜は明ける@映画的・絵画的・音楽的
ムーンライト@映画的・絵画的・音楽的
ムーンライト@或る日の出来事
ディストピア パンドラの少女@だらだら無気力ブログ
▼関連記事。
ゾンビ処刑人(1回目)@死屍累々映画日記(コメとかTBとか)
ゾンビ処刑人(1回目)@死屍累々映画日記・第二章

『トリガール!』をユナイテッドシネマ豊洲5で観て、98分一発のリズム物か?★★


▲ムカデ人間やるとしたら土屋太鳳はつらいポジション

五つ星評価で【★★不思議な映画。明らかに嫌いな部分があるので点は辛目】
ジャンルで言うとコメディーになると思うが、意図的に記号として埋められているコロコロチキチキペッパーズ・ナダルの薄い美声や、これ見よがしの池田エライザのスマイル、矢本悠馬軍団の画一的なナーズ芝居とかを除くと、物語的なコメディー要素は低い。通常のコメディー作品のように、ドラマを引っ掻き回す異常な人間や異常な設定が用意されていない。にも関わらずコメディーのように見えるのは中央に位置する間宮祥太朗と土屋太鳳の丁々発止のやり取りが内容は別にしてテンポが異常にいいからだ。この内容とは無関係のテンポの良さはアレに似てる。オリエンタル・ラジオのネタ「武勇伝」だ。ネタの当たり外れ関係なく、押せ押せテンポが脳内麻薬を排出させる。この映画は漫才・コントのリズムネタを映画98分一本に凝縮させたリズムネタ映画だ。

なので、それを成立させた中心ユニット間宮祥太朗&土屋太鳳は凄い偉い。
間宮祥太朗、『帝一の國』『お前はまだグンマを知らない』と同一人物に見えない。引き出し多すぎ。
土屋太鳳はカマトト芝居でどちらかと言うと苦手な役者なのだが、この映画の土屋太鳳に関しては積極的に褒めたい。ちゃんとやってる。面白い。これ、素に近いんじゃないだろうか。

土屋太鳳を誘うイケメン部長の高杉真由。「イケメン」という設定しかない役。いーんか、それで。
池田エライザなんて要所要所、微笑むだけの役。いーんか、それで(あ、変にオッパイのでかさが気になるようなスタイリングしてる)。エライザはもうちょっと恋バナの線を広げようとしつつ、バッサリ切ったみたいだが、そこにいるだけの人間として深く扱う気のないキャラなら、回収されない恋バナの伏線とか中途半端に貼らず、もっとキッチリ、ネタ要員として機能させるべきだったのではないか?

間宮祥太朗と土屋太鳳のベシャリはいいのだけど、「鳥人間コンテスト」の映画化として本当にこれで良かったの?という疑問はとても強く感じる。中心になるパイロット3人(体育会系)を支える約100人の理系メンバーが一切の人格を認められていないのは不快だ。パイロットに奉仕する働き蟻みたいな描かれ方をしている。こっちにも熱いドラマはある、と言うより本当はこっちのドラマの方が熱い筈なのだ。でも全て捨てた。潔いが、あまりその選択に拍手を送りたくない。一生懸命な奴が成果を評価されないというのは単純にストレスがたまる。あと「鳥人間コンテスト」で、前走者チームがちょっと出てくるだけで他のチームが一切出てこない。分からん。これでは「鳥人間コンテスト」がどんなものなのか全く分からんだろう。ルールの解説もしないし、何が最高到達目標かも話さないし、何故、飛行禁止区域が設けられているかも分からない。いや、もうちょっとちゃんとやろうよ。コメディーとは言え、マルクス兄弟みたいにギャグの間をドラマで埋めるようなコメディー映画じゃないんだから。

って事で「すげえうめえイクラ丼を作ろうとしたのに、土台のご飯を赤飯を使って硬炊きしちゃったので、全体はボロボロだけどイクラだけ掬って食べれば美味しい」みたいな、おめ、例えが分かりづらいよな映画でした。


【銭】
ユナイテッドシネマの有料入場ポイント2ポイントを使って800円割引の1000円で入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
トリガール!@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
トリガール!@だらだら無気力ブログ
トリガール!@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 坂場先輩と二人で殺し屋になる『トリガーガール』を作れ!

『おクジラさま ふたつの正義の物語』をユーロスペース2で観て、公平であろうとすること★★★★

五つ星評価で【★★★★イルカ問題の太地町に関する新しいアプローチ】
非常に冷静な映画で、偏見ありきで作られた『ザ・コーヴ』と、その反証で作られた『ビハインド・ザ・コーヴ』と比べると実に冷静に公平な視点で作られている。そもそも『ザ・コーヴ』が与太話の映画なので、『ビハインド・ザ・コーヴ』の時点で冷静さはあったのだが、今回の映画は更に冷静。

悪意があって(としか思えない)町を陥れようとしている問題発端となった『ザ・コーヴ』製作者達を除けば、対立してるけどみんないい人である。でも、対立軸は正しくぶつからないし、解消もされない。騒ぎは大きくなるばかり。

ちなみに私はバリバリの鯨なんか食ってまえ派です。
イルカ漁を反対するシー・シェパードも悪人ではない。このイルカ反対活動そのものが彼等のプロパガンダになり、それによって寄付金などの収入を得ているエコノミックな面はあるだろうが、イルカ漁をやめさせたいという彼等の熱意は伝わってくる。その根拠は「鯨・イルカは知能を持った高級な生き物であるから」。鯨やイルカは勿論、鶏や兎ほどバカではないだろうが、彼等が独自のイルカ語を持っているなどは、実は科学的には解明されていない「ぼやーっ」とした物らしい。そもそも、「賢い動物」という観点その物が「その動物の何を賢いとするか」という点によってバラつきがあるものであり、「賢い動物」というのはかなり茫洋とした概念にすぎない。そういう具体性のない物を根拠にするのは単なる感情論ではないかと思う。私は人間が人間以外の動物や植物を犠牲にして食べる事はそういうシステムで生物が作られているのだから、善悪で考えてもしょうがないと思っている。何を食べてもいいのだと思ってる。但し、諸事情があるから共食いは止めましょう。あと、絶滅種作成に寄与するような食べ方も未来の事を考えてやめましょうと思っている。シー・シェパードは「賢い生き物を食べるのはやめましょう」とは言うものの、「賢くない生き物を食べる事に問題はないのか」という論争には踏み込んでこない。賢い・賢くないが生殺与奪の観点になるのなら、犬と豚では豚の方が賢いというリポートだってある。でも、あんたら豚は食うけど犬を食ったら怒るだろ。
シー・シェパード以外の環境団体は太地町がイルカを斬殺し、絶滅に追い込んでいるような論調をSNSにあげ攻めてくる。でも、太地町が漁対象にしているのは絶滅危惧種以外のイルカである。この辺がすれ違っている。単に「殺している、殺している」と叫んでいるが違法ではないし、環境も悪くはしない。食べるための漁だからこれを非難するなら、牛や豚の「屠殺」をもっと騒いでもいいのではないか。ともかく、この「殺してる」コールが凄まじい物量でやって来て、太地町を「悪の観光地」として定着させてしまった。三千人の住民の町に対して全世界から「殺してる」コールが投げつけられる。単純に物量で勝てる訳がない。やはりここも感情論が論理を飛び越えてしまう。

私個人は鯨を食う事には賛成だ。
太地町を応援する派だ。
でも、捕鯨全面解禁になったからと言って鯨を食うかは別だ。
小学生の頃、給食で食った鯨に美味しい記憶がないからだ。
映画の中でも太地町の住民だが「俺は食わないね、それは不味いから」
と堂々と言う人間のインタビューがちゃんと残ってるのが面白かった。

「正義の反対は悪ではなく別の正義。」 というコピーはとてもクレバー。


【銭】
ユーロスペース会員割引1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
おクジラさま ふたつの正義の物語@ぴあ映画生活
▼関連記事。
ザ・コーヴ@死屍累々映画日記(コメント・TBあり)
ザ・コーヴ@死屍累々映画日記・第二章
ビハインド・ザ・コーヴ@死屍累々映画日記・第二章

『イップ・マン序章』『イップ・マン葉問』『イップ・マン継承』を早稲田松竹で観てウハウハ

この三本立てはその企画に敬意を表して
行かざるを得ないだろう、という類の鑑賞。

◆『イップ・マン序章』

▲お花がいっぱいあるお屋敷住まいです(前半)。

五つ星評価で【★★★★★だってイップ・マンだもん】
2回目。
前半は地元の道場主や道場破りを出しながらイップ・マンの超絶強さを炙り出す。
後半は屋敷を日本軍に接収され、いきなり貧乏になったイップ・マン一家と
日本の武道馬鹿との戦いを描く。
前半の見せ場は誰も勝てない道場破りを軽くいなすシーン、
中盤の見せ場は日本人空手家との10人組み手。
後半の見せ場は日本人最強空手家との一騎打ち。

中盤の十人組み手などは、こういう事が実際に実現可能なんだという事を説得力を持って見せるのが凄い。理屈的にはそんな事できる訳ないだろと思いながらも絵を見て納得させられる。説得力がありすぎる。強すぎる。

ラスボス三浦をちゃんと勤めた池内博之も偉いが(そんなにアクションやる人というイメージないし)、腰巾着で弱い立場の者をとことん蹂躙する「佐藤」役が素晴らしい。カンフーや空手などは出来ないが、実質憎まれ役をこの人がたった一人で全て引き受けている。そして、戦時下においてはこういう日本人いただろうなと思わせるベストアクトである。


◆『イップ・マン葉問』

▲サモハン「あじゃぱー」
  ドニーさん「よしなさい!」

五つ星評価で【★★★★★だってイップ・マンだもん】
3回目。
イップ・マンの3本の中では、これが一番好き。
前半、弟子の喧嘩に巻き込まれ市場で百人組み手。
中盤、サモハンとの卓上戦。
後半、ツイスターとの一騎打ち。

百人組み手なんて出来るもんかと思わせておいて、シレっとやってしまうから困る。
後半、ズンズン不利がかさんでくるのに、それでも負けないくっきょうさがよいなあ。
サモハンとの卓上戦は凄まじく、よくこんなの考え付くなあ。
アクションシーンはドカっとカメラが固定位置で見やすいったらありゃしない。

エンドロールが安いロックで邦画みたいになったのはご愛嬌。


『イップ・マン継承』

▲打楽器としての木人椿と演奏者

五つ星評価で【★★★★★だってイップ・マンだもん】
2回目
前二作に比べると大人しくて論理的。
これもよいけど前二作がともかく良すぎるので私はこれが三番目になってしまうなあ。

PART2からの延長組は妻と部長刑事くらい。
部長刑事もせっかく軽蔑上司がいなくなったのに又、ダメ上司が上にいて上司運がなさすぎる。
舞台はPART2で引っ越した香港で、長男は修行で田舎に預け、今作で一人っ子のように振る舞ってる子供は次男坊。前作でイップ・マンが受けた香港部門界への入門セレモニーは影も形もなくなって弱肉強食で参与出来るようになったようだ。まあ、あれはサモ・ハンが率いていたような組織だったので、サモ・ハンがいなくなって瓦解してしまったのだろう。

JPOPみたいだったEDが原曲に戻って一安心。


【銭】
三本立て1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
イップ・マン 序章@ぴあ映画生活
イップ・マン 葉問@ぴあ映画生活
イップ・マン 継承@ぴあ映画生活
▼関連記事。
イップ・マン序章(1回目)@死屍累々映画日記第二章
イップ・マン葉問(1回目)@死屍累々映画日記第二章
イップ・マン葉問(2回目)@死屍累々映画日記第二章
イップ・マン継承(1回目)@死屍累々映画日記

『わさび』『春なれや』『此の岸のこと』(外山文治短編作品集)をユーロスペース2で観て、残念だったがそれは俺のせい★★


▲これが問題の一枚。

五つ星評価で【★★作品よりも俺のせい】
外山文治監督の新作短編二編(『わさび』『春なれや』)と既出短編一編(『此の岸のこと』)を合わせた興行。
何が目的なのかと言えば『わさび』のチラシの写真に使われていた芳根京子ちゃんの黒タイツ脚がデニールが高そう(生地が厚そう)なのに実に細くて綺麗だったからそれを見に行った。つまり、性癖的な充足をしに行ったのである。映画ではビックリするほど脚が映ってなかった。うんまあ、人生とはそういう物だな。人生の岐路に立ちながら、ぶつかりながら凹んだり、突き進んだり、納得したり、芳根京子ちゃんは実に的確にいい演技をしていた。そして、セーラー服なんだぜい。これで脚が映れば………という訳で性癖的に今一つだった。映画としては拾う場所もいろいろある好編だとは思うが、私、最後にカチっと嵌るようないいオチのある作りの映画が好きなので、今回の三篇は情景を描きながら、最初から想像できる範囲の結論をそのまま提示するような映画だったので、ちょっと合わなかった。

▲美人親子。

芳根京子の別居中の母親役に富田靖子。美人親子じゃん。富田靖子は『もらとりあむタマ子』でも母親役で攻めてきてた。これからバリバリ母親役で攻めてくる事であろう。こんな母親だったら自慢の母親だよなあ。

あと『春なれや』の主役、吉行和子の通る声はいつ聞いても独特でいいなあ。


【銭】
ユーロスペース会員割引1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
わさび@ぴあ映画生活
春なれや@ぴあ映画生活
次のページ

FC2Ad