FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『スイス・アーミー・マン』『亜人』『あさひなぐ』『ダンケルク』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

またぞろ感想UPを5本終わらそうという目的のレビュー
ちょっと困った縛り。巻くぞ。

◆『スイス・アーミー・マン』東宝シネマズシャンテ2

▲「はいよー、しるばー」

五つ星評価で【★★いい話にしない方が好み】
ダニエル・ラドクリフが全編死体の役、というのに惹かれて行った。
まあ、死体なんだけど話すんだよな。
今時はゾンビだって話す亜種がいるけど、
ダニエルのはキチガイのロンリー・ボーイが
「死体が話してくれたらステキ」が高じた上での妄想なんである。
ちょっとガッカリ。
せっかくなので、ただの死体(物体)だけどチャーミング
みたいなラインで見たかった。
そら、そんなの相方側の芝居も大変だけど。
タイトルの「スイス・アーミー」は「スイス製ナイフ」で、
スイスの十徳ナイフ(多用途汎用ナイフ)は有名らしい。
ならば、死体の性能がもっといっぱいあってほしかった。
基本オナラばかりで大した機能がないと思う。
あと、こんな只の与太話を「いい話風」に仕上げようとしたのは
どっちかって言うとダメ人間側だからか、ちょっとやだった。


◆『亜人』ユナイテッドシネマ豊洲10

▲アクションで評判が良い川栄李奈さん。

五つ星評価で【★★アクションはともかくとして】
ユナイテッド豊洲オーシャンビュー大画面、平日18:30の回はちょっと時間が早かったからか10人入ってなかった。この後のレイト時間はもっときつかろう。終末ランキングは動員1位だったがちょっと惨憺たる入りだ。でも、その入りに応えるかのように作品の出来もそう良くない。
この実写化の前に三部作で作られた出来の良いアニメがあり、実写化はこれがお手本になる訳なのだが、尺が違うとは言え、かなり劣化が激しい。実写化の売りは人間が実際に演技する事でリアルを得るアクション。それはいいし、単品でそれだけ掬い上げると決して出来は悪くない。ただ、そのアクションを成立させるための世界観の説明がともかく下手だ。「亜人」という存在や、その亜人を取り巻く人間の気持ちや行動が絵空事にしか見えない。
原典が持ってる「亜人捕獲に協力したら1億円」というデマ、亜人差別感みたいなのを強調するセリフ、米国が国をあげて亜人研究に取り組んでおりIBMも科学的根拠がある物として理由は不明であるが説明されている事、この辺りの物語の嘘と現実を埋める設定がないがしろにされている。だから、この物語の「亜人」は「魔法使い」と言葉を置き換えてもそんなに違和感がない。「魔法使い」なら黒い巨人の召し使いとかいてもおかしくないし。
個人的に残念なのは佐藤健が演じていたからなのか主人公がクズという設定がなくなっていた事。佐藤や田中のメンタルと合わせて永井圭のメンタルが「人間らしくない」ところが、亜人の面白さでもあるのだから。

綾野剛はいい役作りをしている。
佐藤健は原作とは設定変えてるからあんなもんだろ。
下村泉の川栄李奈もいいコピーをしてる。アクション激しいな。
城田優は国内二体目の亜人「高橋」。高橋あんな美形になって(笑)
千葉雄大の役は車椅子の亜人「奥山」圧倒的な説明不足。
浜辺美波は今回は普通。
アクションするIBMは嬉しいんだけど、果てしなく説得力がない。アニメだとCGっぽい動きが人間のアニメキャラから浮かび上がるのでリアルになのだけど、実写だとCG丸出しのIBMと比較されるのが実物の人間なので、どう見てもIBMの方が嘘にしか見えない。


◆『ダンケルク』ユナイテッドシネマ豊洲10

▲綾瀬はるかに走ってもらいたかった。

五つ星評価で【★★ノーランさんはそんなに】
がんばるぞー。死なんぞー。生き残るぞー。
基本、そういう局面だけの映画。
どーせ、人が死ぬのなら、もっとベタな死を見たいのかもしれない。
大量に「死ぬ」という事は一つ一つの死(又は生)の意味を奪う事だ、
という逆目かもしれないが、どちらかと言うと私は
絵(情景)としての映画より、話(物語)としての映画の方が好きなのだろう。
陸・海・空の救助が一点で交わる瞬間はそれは美的には
そそるかもしれないが、やはり単にカンバスの上の構成にすぎない。


◆『あさひなぐ』ヒューマントラストシネマ渋谷1

▲可憐。だがそれだけでは不足だ。

五つ星評価で【★★原作読者なので】
映画化に際して、主要メンバーを乃木坂46で揃えようという事になったのが、そもそも誤りなのだと思う。いや、彼女たち自身は最大限に努力をしているのかもしれないが、起用した事によりゆるい仕上がりになってしまったのは事実だろう。
原作の一巻から二巻の入部から三年引退試合、國陵との練習試合、四巻の夏合宿を取り込んで再構成した脚本のベースラインは悪くないと思う。
限られたメンツから割りと似た人達を選ぶ事により成立しているキャスティングなのだが、演技その物は特に「こいつのせいで!」みたいなドベタな演者はいなかった。だが、しかし、みんなそれぞれ原作と少しずつニュアンスが違う。いや、そこは乃木坂に合わせるのではなく、マンガに合わせていこうよ。

主人公の旭は西野七瀬。かーいらしい。かーいらしいのとあまり小さく見えないのが問題だ。彼女は連れてこられてやってるだけなのだから(当然なぎなたは吹替えが付くと思ってたと言うインタビューが如実にそんな感じ)、出来ないのなら演出側がサポートすべきだ。小さく見えるように撮ってやれよ。小さく見えるように演技して成功するプロの役者とかもいるけどレベルが違うんだから。問題はも一つ。かーいらしいこと。原作の旭は「ぶざま」なのである。でも、ブザマでも何でもやって、進んで、乗り越えていく。そこに旭らしさがある。西野七瀬は弱くてできないなりに努力してという形は出来ている。でも、それは圧倒的に軽い。それは彼女がアイドルとして「出来てきた」人だからかもしれない。
旭の同輩、紺野さくら。松村沙友理。この子は逆にノッポで金持ちで実は腹黒という役なのだが、あまり長身でもなく、ただニコニコ笑ってるブリッコになってしまった。
旭の同輩、八十村将子。桜井玲香。この子は中肉中背、ヤンキールックスで鼻柱が強い。見た目は違うが原作とのギャップは小さい。ただ、同輩二人は旭との対比に使われなければならないのに出番が少なく、内面にまでは入り込めなかった。
二年の三人もそうだが事実を淡々と描くだけで内面がない。
ようはみなキャラが立っていないか、キャラがゆるまっているのだ。
集団ドラマで、これで面白くなる訳がない。
このキャラを見た目くらいでしか選別しない事で一番損をしているのが
生田絵梨花の一堂寧々。彼女には彼女の怒りの理由があるのに
一切何も触れなかったので単にいつも不機嫌な
「あの子、生理なのかしら」みたいなキャラみたいになってしまった。

あと、なぎなたの試合パートが長いが、撮り方が引いて撮っていて平坦。
演者も観客も素人なので、なぎなたの腕の良し悪しは分からない。
だが、それは分かるように描くべきではないか。
そして、勝つべき人が勝った時は
とても気持ち良くなるように撮るべきではないか。
伴奏もずっと同じものが鳴りっぱなしでメリハリなかった。
対戦者がどちらが味方なのか分かるような配慮もなかったし。

なんかないない尽くしで表面だけ似せて作った気がしてならない。

あ、尼さんの江口のりこだけはよかった。
何かそこにいる事に必然性があって、マンガともぶれない強いキャラだった。


◆『ナミヤ雑貨店の奇蹟』ユナイテッドシネマ豊洲4

▲「愛人にならないか」という悩みの尾野真千子。おまえら愛人になった事もないのに杓子定規に愛人否定しちゃあかんのではないか?と思いつつも、とても定番な回答に着地する。

五つ星評価で【★えーと】
何でだろ。何でだか分かんないけど無性につまんなかった。
あっ、久しぶりに山下リオちゃん見れたのはよかった。そんだけ。
ナミヤは悩み(783)に通じる。そしてこの783に警察(110)事が
加わるとヤクザ(893)になるんだよ、バカヤロ、コノヤロー

そうだ。子役の演技が凄かった。


【銭】
『スイス・アーミー・マン』:映画ファン感謝デーで1100円。
『亜人』:ユナイテッドシネマメンバーポイント2ポイント使用で1000円。
『あさひなぐ』:ヒューマントラストシネマ渋谷水曜割引で1100円。
『ダンケルク』:ユナイテッドシネマ金曜メンバー割引で1000円。
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』:ユナイテッドシネマ金曜メンバー割引で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
スイス・アーミー・マン@ぴあ映画生活
亜人@ぴあ映画生活
あさひなぐ@ぴあ映画生活
ダンケルク@ぴあ映画生活
ナミヤ雑貨店の奇蹟@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
スイス・アーミー・マン@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
亜人@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
亜人@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ダンケルク@いやいやえん
ナミヤ雑貨店の奇蹟@映画的・絵画的・音楽的
ナミヤ雑貨店の奇蹟@タケヤと愉快な仲間達
ナミヤ雑貨店の奇蹟@☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト