FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『八重子のハミング』をギンレイホールで観て、介護の道は殺さぬゾンビ道★★


▲夕陽。

五つ星評価で【★★若年性アルツハイマーで記憶を失う妻を介護する12年間】
……という重い題材で、キツイ表現も多い中、それでも最後までとくとくとちゃんと見つめさせられるのは、随所に埋められた気を抜く場面であったり、高橋洋子というファニーな存在の絶妙なリアリティーのなさ(アクの弱さ)だったりにあるのだと思う。これが逆に高橋洋子が升毅を介護する映画だったらリアリティーがのしかかってきて悲惨すぎる。升さん成人用オムツ似あいそうだし、苦み走ったいい男であるだけに絶望感が半端ない。

介護はもう本当、大変そう。徐々に記憶を失っていくというのも恐ろしいが、それは序の口で、ある一定のラインを越えたら意思の疎通が出来ない何かに変わってしまっていて見ていて辛い。それはゆっくりと子供に帰っていってるという事なのだが、意思の疎通の敵わない子供は「ご飯を食べるのを嫌がったとしても」物理的に制圧できるのだけど、大人が同じように暴れられだしたら手の施しようがなくて大変だ。綺麗事ではなく、物理的に大変なのだ。

つまり、これは「人に噛みつく」という要素をなくしたゾンビをひたすら世話して過ごさなければならない勇者という物語で、加えて、勇者なのに糞尿処理をしなければいけなかったりもする。泣きながらも笑顔を絶やさない升毅が勇者だわあ。

高橋洋子演じる「母さん」は二児の母であり、元音楽教師で「おんな先生」と呼ばれていた、とても知的な人間なのである。彼女を中心に物語ればジュリアン・ムーアの『アリスのままで』になる。でも、そういう描き方はしなかった。これは被介護者の受難の話ではなく、変質してしまった伴侶を介護する夫側の視線で語られる物語だ。これが介護に対する一番一般的な視点であろう。この映画の中の人物は「母さんはきっと今こう思ってる」とか「母さん、とても幸せそう」とか根拠のない想像を口にしない。おそらく、それは気休めであり、そういう事を言ってもすぐ覆されかねない事を知っているからではないだろうか。だから逆に「母さん、笑ってる」「母さん、今、楽しそうだよ」みたいな事実は口にする。そこがリアル。相手(高橋洋子)の事は今では分からない存在になってしまったが、それでも大切にしようとする升毅の態度がバッチ正しい。升毅は高橋洋子が何故、そういう事をするのかは分からないのだと思う。分かってもしょうがないと思っているかもしれない。でも、大切にする。その姿勢が知的だ。この映画の升毅のように知的でないと、きっと「俺が、俺が、こんなにお前の事を思ってやっているのに、お前と来たら俺の事を何も分かろうとしない!」と叫びだして悲劇に邁進してしまいそうだ。ゾンビに変わってしまった伴侶に昔の面影を求めてはいけないのである。ただ、『ペコロスの母に会いに行く』くらい、相手のファンタジーを信じる事が出来るなら(信じられる素地があるという事かもしれないが)それはそれで幸せだと思う。

升毅の親友役の医者・梅沢富美男がとても情に厚いE男を演じているのだけど、そう言えば医者なのに知的には見えない。どこかで「べらんめい」とか言って諸肌出して桜吹雪とか見せそうでもあるのだ(そんな医者はいないて)。

出演の理由が「特別出演」だから、と言う事しか思い浮かばない井上順も個性の強いだけの役を好演。でも、あの役カットしても差し支えないなあ。

PS 高橋洋子が元女子プロボクサーで、
 映画の題が『八重子のサミング』だったら怖いわあ。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。カップリングのもう一本は『人生フルーツ』。既鑑賞で、起きて見ていられる気持ちが全くなかったので今回はスルーした。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
八重子のハミング@ぴあ映画生活

『シーモアさんと、大人のための人生入門』をギンレイホールで、『超能力だよ全員集合!!』を神保町シアターで観て、どちらも寝ぼけてる感じ

◆『シーモアさんと、大人のための人生入門』ギンレイホール
ギンレイピアノ映画祭から1プログラム。
五つ星評価で【★★人物ドキュメンタリーの難しいところ】
ピアノに関係する映画&ピアノ演奏付き無声映画の祭典というのはなかなか活かしてる、てな事で時間があって見てなかった1本だけ。俳優のイーサン・ホークがピアノ教師シーモア・バーンスタインにインタビューして作ったドキュメンタリー映画。イーサンが感銘を受けたシーモアさんの人と成りを見も知らぬ私たちに解説してくれるという構図な訳だが、イーサンが受けた感銘がちゃんと私には伝わってこない。私にとってシーモアさんは遠い世界の他人だからもともとあまり強い関心を持てないのだ。だから、監督であるイーサン・ホークが画面に出てくる場面はちゃんと面白い。主題がハッキリすると同時に、イーサン・ホークには関心があるので集中力が持続するのだろう。
自分のピアノ人生の頂点(有名演奏家)を捨ててピアノ教師になったシーモアさんの境遇はドラマチックだが、人と成りが落ち着きすぎてて、そういうスキャンダルな経歴がリアルにあったように見えない。奏でるピアノの音色はオルゴールのようで気持ちいい。でも、だからこそ逆に凄みを感じづらい。そこが映画のネックではないだろうか?


◆『超能力だよ全員集合!!』神保町シアター
五つ星評価で【★★ドリフ4本目】
特集「植木等と渡辺プロダクションの映画」から1プログラム。
メンバーか荒井注から志村けんに変更されている。
志村けんの役柄は中本工事の腰巾着。
仲本工事と志村けんと高木ブーはほぼストーリーに参与しない。
いかりや長介と加藤茶はいつも通り。
「超能力だよ」と言いながら、映画内に超能力は出てこない。


【銭】
『シーモアさんと、大人のための人生入門』:映画祭価格、会員500円。
『超能力だよ全員集合!!』:神保町シアター一般入場料金1200円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
シーモアさんと、大人のための人生入門@ぴあ映画生活
超能力だよ全員集合!!@ぴあ映画生活

『ブレイブストーム』推奨

一日一回 21:55 開始なんてイジメとしか思えない。
そんなタイムテーブルを消化して『ブレイブストーム』を
見てきました。明日の朝、また、会社に行かないかんので
じっくり感想をしたためているゆとりはないので、
推薦一言だけ。
「好き者は見るべし」
でかい画面で見ると気持ちいい映画ですよ。

トーホーシネマズ上野

トーホーシネマズ上野に始めて行った。

「上野」にあるかと思ったら最寄駅は
東京メトロ 銀座線 上野広小路駅 徒歩1分
都営地下鉄 大江戸線 上野御徒町駅 徒歩1分 って辺りらしい。
これはトーホーシネマズ日本橋の最寄駅が日本橋じゃないのに似てる。
ややこしーことすんなよ。

今回は銀座線 上野広小路駅から徒歩1分コース。
東京都台東区上野三丁目24番6号 上野フロンティアタワー7階
らしいが、地下鉄の駅近郊地図にそれらしきものは見当たらず。
いや、そこは町の顔になるようにインフラ整備していこうよ。
とりあえず地上に出てアメ横らしきのを探す。
それは、トーホーシネマズの上野開店CMでアメ横映ってたから。
で、広い道沿いに、新しいビルらしき物を見つけたので
行ってみたらフロンティアタワーだった。

フロンティアタワー(=開拓者の塔)ねえ。
リボルバーで撃たれたりせんだろうなあ。

7Fまでエレベーターで直行。エレベーター出た所が
吹き抜けのロビーでここが広くて中々気持ちがいい。
発券場や売店、もぎりは特に目新しい事にはなってなかった。
ごくごく普通のトーホーシネマズ仕様である。

もぎりにもぎってもらって場内に通じる通路に。
あれ、この通路の天井が低くて圧迫感。
アンドレ・ザ・ジャイアントとかぶつかんない?
閉塞感を感じる、アンドレ・ザ・ジャイアントでもないのに。
場内に入ったら広い。椅子も新しくていい感じ。
上下の段差がかなりついてて天井が高いのは、好印象。
ただ、前後の椅子間隔は他のトーホーシネマズ同様、ちょっと狭い。

まあね悪くはないんじゃないの?

しかし、上野の先付予告で「トーホーシネマズ上野」の開店CMを
上映する理由はないだろ。あと、あの予告の背景「アメ横」だが、
あれは表向き、上野駅近くの方じゃないのか?
迷子を増やすようなCMを作ってはいかんぞ。

そういう意味では「トーホーシネマズ日本橋」開店CMの
鷹の爪団はかなり分かりやすく最寄駅やテテナントビルの名前を
アピールしてた。流石。紙兎ロペはつまらんし、そういう客目線がない。

『刺青』をフィルムセンター小ホールで観て、まだまだおもろい映画はあるね★★★★★

五つ星評価で【★★★★★不勉強に私が観てないだけだけど】
フィルムセンターの企画上映。
全五回で今回のお題は「色彩の探求」映画の教室2017下
三回目は「イーストマンカラー①」で、お題を満たす映画は1966年増村保造の『刺青』。いや、面白いわ。ビックリだわ。

増村の『刺青』は初見。
「色」という観点からも素晴らしい映画でした。
若尾文子の「可愛い」「美しい」では推し量れない魅力が凄い。
「ドス強い」とでも言おうか、自分を曲げる事なく、
欲望に固執する様から目を離せない。


【銭】
フィルムセンター一般入場料金520円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
刺青@ぴあ映画生活

1999年の熱い犬

手元に1999年1月10日号のホットドックプレスがある。
特集は「かわいいコみんなあげちゃう!」。
女の子特集でこういうの好きだから買いっ放しにしておいたのだ。
今、見るとムチャクチャ面白い。

奥菜恵・新山千春・安西ひろこ・優香・来栖あつこ・本上まなみ
この辺りが巻頭の第一線。まあ、一線を退いちゃった人はいるけど
そこそこ皆さんレジェンドな感じである。写真みんなフォトジェニックだわ。
一番芋いのが優香。優香は頑張ったんだな。

女子高生アイドルとして加藤あいと田中麗奈が同枠でピックアップされてる。
もうこの頃から紺ソクなんだな。

’99水着キャンペーンガール6人集めてって記事で中の3人が
片瀬那奈・菊川怜・井川遥。すげえなあ。みんな芋い感じです。

榎本加奈子はTVバラエティのアケスケ発言から
スケベ発言を無理強いさせられてる風な変な色が付き出してる。

もっとも頁が割かれてるのは広末涼子。
ポケベルのCMで「どっかーん」な訳だが、
この年に早稲田に入学して徐々に陰りの時期に入っていく。

宣伝で「ヘアマガジン」今すぐモテる!大特集で
宣材写真が池内博之の坊主頭写真がドーン。違うだろ。
池内博之だからかっこいいだけだろ。

宣伝で「デビルマン ペーパークラフトBOOK」
全長60cm翼長85cmのデビルマンのペーパークラフトが作れて
値段が2500円。高いわ!(マニアは買っちゃうんだろうけど)
「永井豪先生公式認定モデル」とコピーに書いてるけど
講談社みたいな大会社が作るのに永井豪先生に認定されてない
方がおかしい(案外そういうもんだったりするのかもしれないけど)。

露出の多くない本上まなみの脚が綺麗で良いなあ。

『氷菓』をユナイテッドシネマ豊洲9で、『検事とその妹』をシネマヴェーラ渋谷で観て、ええやんまあええやん

同日鑑賞2本をまとめてレビュー

◆『氷菓』ユナイテッドシネマ豊洲9

▲濃い美少女二人と軽い青年二人。山崎くんはジャニーズじゃないから写真OKなのか。そんなイメージだったから、思わずちょっとだけ好印象。

五つ星評価で【★★★アリスと藤子の空気感が好き】
学園ミステリー「古典部」シリーズなのだそうだけど、
謎を解明するというオマケは別として、
そもそも「古典部」が何をする部なのかがよく分からない。
「古典文学部」という事なのだろうか?
それは又つまらなそうな。
「リアルに源氏物語を再現」とかそんな事を考えてるのかしら?
いやらしいって、それは俺か。

ミステリーとしてはまずまず。
謎が小さいし、そんなん知ってる人に聞けよって突っ込みを
かわせないのがちょっと痛いか。
かわせるように防御線張っておけばいいのに。

主人公二人にキャッチフレーズが付いてて
「好奇心MAXお嬢様:千反田える」=広瀬アリス
「IQ未知数の省エネ探偵:折木奉太郎」=山崎賢人

何でそんなに何でもかんでも気になんねんと言うのと
何でそんなに省エネ行動取りたがるねんと言うのが
せっかく最初の話なのに語られていないのは残念。

山崎賢人は決して上手い俳優ではないので、
ボロが出なければ褒めてあげていい(優しすぎか?)。

広瀬アリスの茫洋とした黒目に「何が何でも」感を
強く感じる。あの握ってしまうのはいいなあ。
青春少年少女は実にあんな事をやったりやられてたりしそう。
ええのう。

はぐらかす岡山天音・追う小島藤子という組み合わせも面白いのだが、
この二人も最初に関係性を言葉で伝えてそれっきりと言うのも何だか。

岡山天音、小島藤子って『ひよっこ』でアラサーみたいな役だったのに。
いや、小島藤子好きだから出てくれるだけで嬉しいけど。
(おはスタ時代から知ってるぜ)

文集の題名の話は私的には榊原郁恵の「夏のお嬢さん」だ。
シネマッシモさんの所の話だと、これは西暦2000年くらいの話らしい。
すると、本郷奏多くんは郁恵ちゃんの歌はまだ知らないな。


◆『検事とその妹』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★丹波痩せてる】
特集上映「新東宝のもっとディープな世界」から1プログラム。
原節子作品のリメイクらしい。
リメイクでも充分古い。1956年のモノクロ作品。
兄・丹波哲郎が検事になるのを秘かに支える妹・日比野恵子。
丹波かっけーし、日比野は綺麗。
この丹波・苦学生時代のエピソードが
艱難辛苦にじっと耐えるだけみたいなのが存外にキツイ。

「♪泣くな妹よ妹よ泣くな~」の聞き覚えのあるフレーズは
この(と言うより原節子版)が出自らしい。映画音楽とは思わんかった。


【銭】
『氷菓』:ユナイテッドシネマ、メンバーズデー(曜日)で1000円。
『検事とその妹』:通常二本立てて興行価格1500円-200円(夜間割引)-400円(会員割引)。カップリングの『背広さんスカートさん』は別カップリングで見てたのでスルーした。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
氷菓@ぴあ映画生活
検事とその妹@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
氷菓@ペパーミントの魔術師
氷菓@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

マンガ『MASTERグレープ 第一巻』原作:土屋理弘、作画:高橋アキラ、ゲッサン少年サンデーコミックスペシャルを読書する男ふじき

「グレープ(葡萄)」は「武道」、ダジャレである。

「猛獣もし戦わば」の人間版。
この場合の人間は殺し合いなので武器の携帯を許される。
という訳で、武器を持った達人同士が戦ったら何が一番強いか
というテーマのマンガ。

主人公が杖術使いなので、そこに贔屓はあるが
ナイフ 対 竹刀
杖 対 槍
杖 対 竹刀 などの戦いでいちいち蘊蓄が面白い。

マンガとしては画面が白っぽい。
ちょっと背景が省略されてる感じ。あと、トーン使うのが少ないのだな。

『イット』を109シネマズ木場1で観て、この恐怖感削減は意図的か?


▲このシーンは怖い。このトーンでずっと行ってくれれば…

五つ星評価で【★★★いい部分もあるがいかんせん「イット」が怖くない】
そう、負け犬少年(&ガール)が集まって、大人でも解決できない町の恐怖を撲滅する。このプロットがとても魅力的。集められた少年は皆、ひ弱かデブ、身長は低く、獰猛な(と言うより気が狂っている)体育会系には勝てない。彼等は吃音症だったり、臆病だったり、内気だったり、口を開くと「開くんじゃねえ」だったり、虐待を受けてたり、ともかく、弱者だ。その弱者がそれぞれの力を持ち合わせて、得体のしれない「それ」に勝つ。いいプロットだ。でも、ちょっと彼等の数が多い。もちっと整理できなかったのか(原作あるし、チャプター2との絡みもあるから、事はそう単純ではないか?)
このプロットが良いから、いい話を見終わった感はそこそこ高い。

でも、問題なのは「それ」が怖くないのだ。
ピエロって何にもしなくても怖いものなのに。
何にもしなくてもいいのにしちゃうんだ。馬鹿だなあ。

さて、「それ」が何なのかは解明されない。
どうやら、昔からいて、恐怖する人を食らう。
「彼」でも「彼女」でもないから「それ」としか言えない。
つまり「それ」は人格を認められない何かだ。
町に潜む恐ろしいシステムに近い。
「それ」はピエロを偽装する。何故か。
おそらく、子供を捕食する「それ」は
子供が敵意を見せない物に偽装するメリットを選んでいる。
版権的に問題がないならミッキーでもキティちゃんでもいいだろう。
おそらく、人々がアメリカに移住した頃から
「それ」はこの偽装をしている。
その時にはこれくらいしかそういうキャラがいなかったからだろう。

さて、ピエロは何故怖いのか。
私感ではピエロは白塗りが怖い。
「舞踊」を踊る時の山海塾や麿赤児のようだ。
白塗りは表情を塗りつぶす。
塗りつぶした表情の上に笑顔や泣き顔が描かれるが
それはあくまでそういう偽装である。
心の中ではどう思っているか分からない。
つまり、何も表情のない仮面をそいつは付けている。
原始、捕食者と向きあってきた経緯から、
人は相手の真意が読めない状態に対して恐怖を覚える。
それは真意が読めない相手がいきなり害意を剥き出しにして
捕食者に変わる可能性があるからだ。
「恐怖」と言うのは獲物である人類が持っている
捕食者に対する危険信号である。
だから、捕食を悟られないよう、感情が見えない、
もしくは別の感情を上書きして真の感情を隠匿しているピエロは怖い。
なのだが、乳児に近い幼児などは「この隠匿」その物に気が付かない。
だから、ピエロを恐怖なしに楽しめる。
社会性を身に付けた大人も
「まさかピエロがいきなり害意剥き出しで襲ってくる」とは思わないから
日常生活でピエロみてションベンちびったりはしない。
ただ、何となく怖い。怖いの原因はそういう所にあるのだと思う。

だから逆に「イット」のピエロは怖くない。
「イット」はその表情が饒舌で獣のように感情が剥き出しである。
そうすると、逆にピエロのコスチュームがただ単に派手で
人目を引いて捕食に有効でない頭の悪い所作にしかならない。
一番悪い組み合わせである。
例えば、「イット」がほぼ等身大の人間同様、病んだ感情を剥き出しにして
ピエロのコスチュームも雨曝しで色落ちなどしていれば、
それはそれで異様な怖さの空気が漂ってきたと思う。
それは害意をまき散らして然るべき当然の空気感を纏っているから。
その時点で、その「イット」は「それ」ではなく、「彼」感がとても強くなってしまうが。

映画内の「イット」は「それ」ではない。
素性は分からないが「彼」である。
「それ」と称される非人格性を剥奪されてしまっている。
恐怖映画としての、この悲劇。

そして、このアンバランスな状態であるからこそ、
恐怖シークエンスはいっぱい入れられる(モジリアニとか(笑))のに
根本で心底からは怖くない、変な恐怖映画として出来上がった。
これはこれで失敗ではなく、そういう物を意図して作ったのなら凄い。

だって、こういう構造の方がティーンとか大挙して見に来れるもの。
割と計算されて怖くなくしているような気もするが、
そうすると悪評はピエロを演じた役者に集まってしまうかもしれない。
それは可哀想かもしれないし、ギャラ貰ってるからしょうがないかもしれん。

多分、役者の顔を消して、ピエロをのっぺらぼうにしてしまえば
「イット」は「それ」になり、恐怖映画としてのグレードは上がると思う。
ただ、興行収入は落ちる。
怖すぎる映画は間違えて爆発的に入ってしまう事もあるけど
世間からそれほど熱狂的には求められていない(マニアは別)。
みんな怖がりたいけど、そこには「発狂したいほど」とか
「失禁したいほど」というレベルは求めていないから。
うんまあ、私もそうだから、「イット」は「イット」という名前の「彼」でいい。

女の子ちゃんがビッチで可愛いけど純情っぽさも残っててよかった。
あの河ポチャのブラとかヤバイ。
あ、このメンツって白雪姫と七人の小人なのか。
デブくん、童話の垣根を乗り越えて頑張ったな。
ただ、それでも童話の主人公にならないところがデブくんのペーソスな部分だ。やるせねえ。俺はお前の味方だぞ、デブくん。近寄って来たら汗くさそうだから「あっち行け」とか言うかもしれないが、心では支持してる(うさんくせえな俺)。


【銭】
109シネマズのメンバー割引デー(曜日)で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
IT/イット “それ“が見えたら、終わり。@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
IT/イット “それ“が見えたら、終わり。@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
IT/イット “それ“が見えたら、終わり。@ノルウェー暮らし・イン・原宿
IT/イット “それ“が見えたら、終わり。@ノラネコの呑んで観るシネマ
IT/イット “それ“が見えたら、終わり。@あーうぃ・だにえっと
IT/イット “それ“が見えたら、終わり。@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

マンガ『あさひなぐ 第二十四巻』こざき亜衣、ビッグコミックスを読書する男ふじき

出たのを知らんで一月買い遅れてしまった。

そうだよな、映画公開に合わせて発売したんだよな。きしょー。

河丸摂戦を終え、話はいきなり熊本へ。
ここで天才・戸井田奈歩の下で秘かに仇花を咲かそうとする島田十和の物語が紡がれる。
強さへの憧れから勝つためにスタイルにこだわらなくなる島田は、とても変節しているようにその表情が描かれる。王道の正しき武道を進む戸井田は一点の曇りもない剣聖宮本武蔵のようだ。ただ勝ちをあさる島田は忍者衆・黒鍬者のようだ。そこに身を落とすしかなかったハイエナみたいな彼女には強く惹かれる。同学年である事から今後、主人公の旭と比較されるだろう。

後半は大工原とトドの問題点を抱えたままで合宿。
大工ちゃんの精神の弱さがとことん剥き出しにされそうで怖い。
怖いが早く続きを読みたい。
前のページ 次のページ