FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

1999年の熱い犬

手元に1999年1月10日号のホットドックプレスがある。
特集は「かわいいコみんなあげちゃう!」。
女の子特集でこういうの好きだから買いっ放しにしておいたのだ。
今、見るとムチャクチャ面白い。

奥菜恵・新山千春・安西ひろこ・優香・来栖あつこ・本上まなみ
この辺りが巻頭の第一線。まあ、一線を退いちゃった人はいるけど
そこそこ皆さんレジェンドな感じである。写真みんなフォトジェニックだわ。
一番芋いのが優香。優香は頑張ったんだな。

女子高生アイドルとして加藤あいと田中麗奈が同枠でピックアップされてる。
もうこの頃から紺ソクなんだな。

’99水着キャンペーンガール6人集めてって記事で中の3人が
片瀬那奈・菊川怜・井川遥。すげえなあ。みんな芋い感じです。

榎本加奈子はTVバラエティのアケスケ発言から
スケベ発言を無理強いさせられてる風な変な色が付き出してる。

もっとも頁が割かれてるのは広末涼子。
ポケベルのCMで「どっかーん」な訳だが、
この年に早稲田に入学して徐々に陰りの時期に入っていく。

宣伝で「ヘアマガジン」今すぐモテる!大特集で
宣材写真が池内博之の坊主頭写真がドーン。違うだろ。
池内博之だからかっこいいだけだろ。

宣伝で「デビルマン ペーパークラフトBOOK」
全長60cm翼長85cmのデビルマンのペーパークラフトが作れて
値段が2500円。高いわ!(マニアは買っちゃうんだろうけど)
「永井豪先生公式認定モデル」とコピーに書いてるけど
講談社みたいな大会社が作るのに永井豪先生に認定されてない
方がおかしい(案外そういうもんだったりするのかもしれないけど)。

露出の多くない本上まなみの脚が綺麗で良いなあ。
スポンサーサイト



『氷菓』をユナイテッドシネマ豊洲9で、『検事とその妹』をシネマヴェーラ渋谷で観て、ええやんまあええやん

同日鑑賞2本をまとめてレビュー

◆『氷菓』ユナイテッドシネマ豊洲9

▲濃い美少女二人と軽い青年二人。山崎くんはジャニーズじゃないから写真OKなのか。そんなイメージだったから、思わずちょっとだけ好印象。

五つ星評価で【★★★アリスと藤子の空気感が好き】
学園ミステリー「古典部」シリーズなのだそうだけど、
謎を解明するというオマケは別として、
そもそも「古典部」が何をする部なのかがよく分からない。
「古典文学部」という事なのだろうか?
それは又つまらなそうな。
「リアルに源氏物語を再現」とかそんな事を考えてるのかしら?
いやらしいって、それは俺か。

ミステリーとしてはまずまず。
謎が小さいし、そんなん知ってる人に聞けよって突っ込みを
かわせないのがちょっと痛いか。
かわせるように防御線張っておけばいいのに。

主人公二人にキャッチフレーズが付いてて
「好奇心MAXお嬢様:千反田える」=広瀬アリス
「IQ未知数の省エネ探偵:折木奉太郎」=山崎賢人

何でそんなに何でもかんでも気になんねんと言うのと
何でそんなに省エネ行動取りたがるねんと言うのが
せっかく最初の話なのに語られていないのは残念。

山崎賢人は決して上手い俳優ではないので、
ボロが出なければ褒めてあげていい(優しすぎか?)。

広瀬アリスの茫洋とした黒目に「何が何でも」感を
強く感じる。あの握ってしまうのはいいなあ。
青春少年少女は実にあんな事をやったりやられてたりしそう。
ええのう。

はぐらかす岡山天音・追う小島藤子という組み合わせも面白いのだが、
この二人も最初に関係性を言葉で伝えてそれっきりと言うのも何だか。

岡山天音、小島藤子って『ひよっこ』でアラサーみたいな役だったのに。
いや、小島藤子好きだから出てくれるだけで嬉しいけど。
(おはスタ時代から知ってるぜ)

文集の題名の話は私的には榊原郁恵の「夏のお嬢さん」だ。
シネマッシモさんの所の話だと、これは西暦2000年くらいの話らしい。
すると、本郷奏多くんは郁恵ちゃんの歌はまだ知らないな。


◆『検事とその妹』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★丹波痩せてる】
特集上映「新東宝のもっとディープな世界」から1プログラム。
原節子作品のリメイクらしい。
リメイクでも充分古い。1956年のモノクロ作品。
兄・丹波哲郎が検事になるのを秘かに支える妹・日比野恵子。
丹波かっけーし、日比野は綺麗。
この丹波・苦学生時代のエピソードが
艱難辛苦にじっと耐えるだけみたいなのが存外にキツイ。

「♪泣くな妹よ妹よ泣くな~」の聞き覚えのあるフレーズは
この(と言うより原節子版)が出自らしい。映画音楽とは思わんかった。


【銭】
『氷菓』:ユナイテッドシネマ、メンバーズデー(曜日)で1000円。
『検事とその妹』:通常二本立てて興行価格1500円-200円(夜間割引)-400円(会員割引)。カップリングの『背広さんスカートさん』は別カップリングで見てたのでスルーした。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
氷菓@ぴあ映画生活
検事とその妹@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
氷菓@ペパーミントの魔術師
氷菓@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評