FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『8年越しの花嫁』をニツショーホールで試写で観て、役者の地力だろうか★★★


▲トリガールと亜人。

五つ星評価で【★★★予告編通りの話で驚くような展開はないが、役者の力で見せる映画】
佐藤健と土屋太鳳が中心でいい演技をして、それに寄り添うように北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、杉本哲太、薬師丸ひろ子が好演を添える。ベタなんだけど、とても気持ちのいい映画だった。

佐藤健は「かっこいい」を封印して野暮ったい兄ちゃん。内省的でコミュニケーション能力は低いが、ちゃんとやるべき事をやるタイプ。佐藤健、短髪にするとはんにゃの金田に似てるのがマイナスだけど、それくらいのしょぼい感じが役に合ってる。

土屋太鳳は私、顔つきが好きでないので強固な反対派という、本人が割とどうにもできない所から嫌いなのだけど、今回はよかった。役に合ってた。マンガの映画化みたいな可愛子ちゃんの役が実はこの人は似あわない。その手の演技の幅が狭く、みんな同じ演技にしてしまうのだけど、今回のようなリアルな役だとちゃんと演技が合ってる。で、決して可愛かったり、美しかったりする役ではない。寝顔は腫れてしまって不細工だし、リハビリ中の無表情もとても気に障る、イライラさせられる。でも、その演技は正しいので、ストンと腑に落ちる。上手くなったじゃん。

北村一輝なんて一つ前は『無限の住人』の超変態だろ。あのコスチュームで演じてほしかったってそれは無理。佐藤健と土屋太鳳は『るろうに剣心』コスで立ち向かえって、それも無理。いや、北村一輝のあの濃い顔は人情芝居が割と似あうんだよなあ。浜野謙太の先輩役も一目で「ダメ」と分かる人選でよかった。浜野謙太が新郎になる結婚式なんて兼業役者と思えない実にいい演技。

一周回って佐藤健はともかく優しい役。『ユリゴコロ』の宣伝コピーに

あなたの優しさには、容赦がありませんでした。

というセリフがあるが、この『8年越しの花嫁』の佐藤健も大概な野郎である。


【銭】
スポーツ新聞の懸賞に載ってた試写会。。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
8年越しの花嫁 奇跡の実話@ぴあ映画生活
スポンサーサイト