FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ジオストーム』『エル』『セールスマン』

2018年1月23日に見た1本、24日に見た2本をまとめてレビュー。

『ジオストーム』丸の内ピカデリー1

▲キャスティング・ディレクターの女優見る目は中々信用できる。

五つ星評価で【★★★★バカおもしれえじゃん】
大の大人があっちこっち走り回って危機回避するような映画がつまらない訳がない。
ジェラルド・バトラーの博士が世界の気象危機を回避する為に気象コントロール衛星を設計着工したと言ってるのだけど、インテリくささゼロで、皆が作る横でムチ振るってたとしか思えない。この人自身が何か一つ得意分野があるようには見えないから、棟梁としての統率力があったのだろう。そのバトラー博士の弟がジム・ステージェス、地球滅亡を阻止するよりも兄弟仲の復縁を謀る方が大事、という危険思想の持ち主。
あと、アンディ・ガルシアが大統領の国は何かどこかヤバイだろ。
久々の都市破壊映像も中々楽しいけれど、予告やCMで見たのが総量というくらいで、何か思ったよりは量が少なかった(とは言え、きちっと楽しめたのだけど)。東京とか「東京」なんだけど作りものっぽい感じもする。やっぱり漢字がそんなになかったからだろうか。

こういうIQ低い映画大好き。

次は『ジオストーム VS シャークネード』じゃないかと思っちょる。


『エル』ギンレイホール

▲犯人が割とコナンの犯人くんに似てる。

五つ星評価で【★★何でこれがそんなに評価いいのか分からない】
イザベル・ユペールに興奮しないからか、あまり面白く思えない。傾向としては「強姦されてしまうか弱い彼女が実は何よりも図太い」みたいなギャップ展開じゃないかと思うのだが、私個人が思うに最初から「か弱い彼女」に見えない。
主人公イザベル・ユペールの会社で作っているゲームソフトがどうにもこうにもクソゲーくさい。イザベル・ユペール、ゲームの操作性やシナリオ以上にゲーム表現(キャラクターにさせる演技)に強いダメ出しをしている。宮崎駿かよ!


『セールスマン』ギンレイホール

▲おっと怖い。

五つ星評価で【★★★相変わらず語り口が上手い。でも長いは長いかな】
確かに先の展開は読めないし、凄く丁寧に撮ってるのは分かるのだけど、ちょっと長い。
原題どーだか分からないけど「セールスマン」という題もピンと来ない


【銭】
『ジオストーム』:松竹の前回鑑賞クーポンを使用して1300円。
『エル』『セールスマン』:ギンレイホール会員証で入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ジオストーム@ぴあ映画生活
エル ELLE@ぴあ映画生活
セールスマン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ジオストーム@ここなつ映画レビュー
ジオストーム@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ジオストーム@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
スポンサーサイト