FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『南瓜とマヨネーズ』『blue』早稲田松竹

名画座企画「漫画家・魚喃キリコの世界」。
『blue』を見逃してたのでありがたく二本立てに馳せ参じました。

◆『南瓜とマヨネーズ』

▲フルスペック・モテ男(左)と直線二車線女(右)。

五つ星評価で【★★主人公達を好きになれない】
共感しづらい主人公にしているのはわざとだろう。それがある意味、映画の売りなのだと思う。
それぞれ問題のある人物同士の組み合わせピースが合わない様子を上から俯瞰する映画。

主人公の臼田あさ美を好きになれない。美人なのだけど、常に相手に、自分が求めている状態を要求する。一見「一点」だけを要求するその姿勢は優しそうに見えるが、その一点の為には他の全ての犠牲を強いるというのは常軌を逸している。臼田あさ美は観客に一部の共感を許しながら、次の瞬間にその共感の根拠を打ち砕いてしまう行動を取る実にハードな役であった。と言うか、オダギリジョーが出る前と出てきた後で役柄の性質が変わりすぎている気がする。

もう一人の主人公、太賀は臼田あさ美のヒモに甘んじているミュージシャン。彼が職業的なミュージシャン足りえないのは、バンド側の問題もあるが、臼田あさ美の束縛が強固すぎるからである。なので、臼田あさ美の太賀をミュージシャンとして大成させたいという思いは臼田あさ美と太賀が恋愛関係にいるうちは成就しない。二人の関係を壊す突破口がいる。

その突破口はオダギリジョー。素晴らしい最低男ぶりにちょっと震えた。ナチュラル・ボーン女垂らし。物語後半に出てくるこのオダギリジョーを見てしまうと、物語前半に出ていた光石研に同情せざるを得ない。光石研は臼田あさ美とSEXしているにも関わらず臼田あさ美の主観で繋いでる映画画面上にそのカケラすら見せる事を許されない。もう、いてはならない人間扱い。光石研もオダギリジョーもタイプ違いのゲス人間(SEX大好き野郎)なのだが、どちらかと言うと光石研に近いので光石研には同情を禁じ得ない。


◆『blue』
五つ星評価で【★★後半長い】

▲アバンチュール母性強い女の子(左)とパイオニア(右)。

小西真奈美と市川実日子がラブラブちゅっちゅの挙句、破綻して思い出になるまで(か?)
小西真奈美の顔のパーツがみんな曲線。なんて女の子な顔立ち。
対する市川実日子の顔のパーツはどれも直線。なんて男前な。
そして二人ともまだJKだなんて、ハァハァ。
小西真奈美は顔立ち通り、「女の子」であり、過去の男を忘れられない。
市川実日子は女でありながら少年。だから小西真奈美に惹かれてしまう。
女子校という限定の空間では秘かにベストカップルだが、世界が広がると通用しなくなってしまう。
小西真奈美は女性らしく、そのルールに従順だ。
市川実日子はそのルールを乗り越えようとするパイオニアだ。
二人して乗り越えたいのだが小西真奈美はもう二人の関係を維持できない。
映画は市川実日子に寄り添って描かれるので「小西真奈美つれないな」と思ってしまうが、小西真奈美サイドからみたら優しくしていた妹がバイブ持って駆け落ちしようと言ってきたみたいなニュアンスなのかもしれない。その辺は描写不足で今一つ小西真奈美の気持ちが伝わってこない。

リアルになるように丹念に演技を積み重ねて作った物語だったが、
前半から終盤まで、その丹念な構築のスピードが変わらないので、
後半になるとテンポの悪さにちょっとイラっとしてしまった。

主演二人の居住い茂もステキなら、
風で厚紙のようにカクカクと広がるスカートもステキ。
ラストの海の青はメディアの問題で今見ると野暮ったく感じる。

「子に死」って漢字変換は鋭いぞ、パソコンよ。


【銭】
通常料金1300円で鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
南瓜とマヨネーズ@ぴあ映画生活
blue@ぴあ映画生活
スポンサーサイト