FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『犬猿』テアトル新宿(ネタバレ気味)


▲年長組の醸し出す武将感と若者組の出す下剋上は目指してないけど不服はある小者感が色濃く出たチラシ・ビジュアル。

ネタバレ気味なので、鑑賞前の人は回れ右

五つ星評価で【★★★吉田恵輔らしいが吉田恵輔らしすぎる】
吉田恵輔監督はコメディ・ベースで話を進めながらピリっと性格の悪いスパイスを混ぜてくるような映画を作る。元々はコメディの部分がかなり大きく、それが故に「どんでん返し」的な「いや~な部分」が効果的に効いていたのだが、前作『ヒメアノ~ル』から少しコメディ・ベースは薄れ、真剣に人生を考えるような作品に移行しつつあるように見える。いや、そう見えてしまってるのは自分だけなのか。もちっと軽く笑いたかった。

新井浩文と窪田正孝の兄弟と
ニッチェ江上敬子と筧美和子の姉妹の
関係性を突き詰めて描く。

どちらかと言うと近寄ってお互いを認めあうような傾向以上に、題名から類推されるようにどこまでも憎んで睨みあってるみたいなしんどい関係性だった。

弟の窪田正孝は地道にこつこつスローペースで生きてきたのに、その傍を猛スピードで土煙や土砂を振り撒きながら走る兄に辟易している。兄の新井浩文はオール・オア・ナッシングな生き方を貫く男だが、その成功の成果を誇りたいのに誰も相手にしてくれない。もちろん近くにいたら怖くてたまらないが、窪田正孝より新井浩文の方に若干惹かれている。窪田正孝のコツコツや、借金を地道に返す姿勢がアリバイのように見えてしまう。そういう生き方をしていれば問題なく生活させてもらえるでしょ、みたいな。窪田正孝は成功を望んでいない。失敗は勿論望んでいないが、単に息をして持続して生きていければそれでいい、つまらない奴なのだ。それはどこにでもここにでもいる、まるで俺みたいな奴だ。つまり彼はごくごく普通の世間一般である。ニッチェ江上の心情に興味はないのに軽いデートくらいは受けてしまう。それなのに恋愛対象は筧美和子。ドライな奴じゃないか? 新井浩文は成功を求めるが、その成功で何が得たいのかと言うと周囲からの愛なのだ。愛されたくてたまらない。でも、愛するための手段が分からないから札束でひっぱたくような事をする。多分、彼が求めているのは彼の頭を撫でて「よく、やった」と褒めてくれる家族や弟に他ならない。妻はいないから金で愛を与えてくれるデリヘルを買う。多分、哺乳類史上最強の女とかが妻になって惜しみない愛を捧げれば、新井浩文はこの映画の中ではこの上もなく幸せになれそうだ。

ニッチェ江上と筧美和子姉妹のバランスの悪さもキツイ。これ外見が似てるから『リバーズ・エッジ』の引きこもり姉とヤリマン妹に似て見える。違うのは引きこもり姉は何一つ能力を持つていなかったが、ニッチェ江上は生きる為のスキルを全能のように持っているのだ。『リバーズ・エッジ』の引きこもり姉は、生きる為の仕事や家庭のスキルを持っていようが持っていまいが、ニッチェ江上が幸せになれない事の反証のようだ。つまり、一定線の外形を保持しない女性は愛を求めても結果が得られないと、とても明確に解答を出している。すげーシビアだ。であるなら、ニッチェ江上は地上最強の空手を取得し、熊を倒し、その後に新井浩文とラブラブになれば全て丸く収まる。

兄弟姉妹のいがみあいの話は別として、
新井浩文、ニッチェ江上は愛から見放されているサイドなので、この二人が補完しあえる関係になればとても上手く行く可能性を秘めている。
逆に、窪田正孝と筧美和子は恋愛関係を結んでいるように見えるが、これはそうしている方がそれぞれの世界に対して居心地がいい。つまり、アリバイとしての恋愛関係みたいな物であり、もともとこの二人とも愛を欲している様には見えない。愛される資格はそれぞれ持っているが、そんなに強く愛する感情を持っていないのではないか。何となく好意があるからSEXをする関係。凄く悪い書き方をしているのだが、求めている物(手に入れる事の出来る生活)が似てるから案外ベストカップルな気がする。私は筧美和子が芸能界を目指しているのは通常の社会では生きていけないからアリバイ作りとしてであり、結婚によって安泰な生活が約束されるなら全然、それで構わなそうだと思ってそうだと思うのだ。窪田正孝と筧美和子の結婚した後の生活が楽しいのかどうかと言うと、とても楽しくなさそうな演劇を演じるような空白な夫婦じゃなかろうかなんて思うのは、私がやはり愛から見放されてるサイドの人間だからだろうか。

主役の四人がそれぞれリアルにダメをひけらかし(役としてね)、ひけらかしショーで終わって、普通その後に見える微かな希望みたいな物も薄めなので、私、これはやっぱキツくて、吉田恵輔と言う才能をリスペクトしつつも、映画としてはそんな好きじゃない。窪田正孝の「やめて、お兄ちゃん」が本当のDV見てるようでキツい。そう言えば相変わらず、あどけない美女(筧美和子)みたいなのが出てくるときっちりビッチなのだよな。辛い経験してそうだな、監督。


【銭】
テアトルの会員証更新時に貰える一カ月有効の招待券を使って無料鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
犬猿@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
犬猿@ここなつ映画レビュー
スポンサーサイト