FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『honey』『ヴァレリアン』『ぼくの名前はズッキーニ』『トゥームレイダー』『ペンタゴン・ペーパーズ』

摘まんで5本まとめてレビュー。

◆『honey』丸の内TOEI①

▲眠りトラップを発動する平パイセン。

五つ星評価で【★★★平佑奈が可愛ければ他はもうどうでもオマケ】
平祐奈パイセン、ちゃんと一作一作演技変えてくるから偉いわ〜。
どこかで見たような場面が続いてもそれが苦にならないのはキャラクターをきちんと許せるように構築してるから。
ジャニの彼も声がスリムクラブの真栄田賢寄りではあるけどあまり悪い気はしない。平佑奈ともども体格とムチムチで高1には見えんけど、その辺は愛嬌愛嬌。
なんつか、こーゆーむずがゆい壁ドン系は女の子が可愛ければもうほんまそれでどんなでも耐えられる気がする。だから、他の普通に映画を見てる人とは映画の結論は合わんかもしれん。ええんよ、こんなん理屈的にガタガタの話でも。その理屈の正しさを見たいために見てるんじゃないのだから。


◆『ヴァレリアン』トーホーシネマズ日本橋4

▲にらめっこ。

五つ星評価で【★★★映像が無駄に豪華なのが楽しい】
冒頭の美しさったらない。これはベッソンの『フィフス・エレメント』的な「絵の映画」なのだ。筋(ドラマ)の快楽よりビジュアルの快楽が優先される。そしてその映像が実に「センス・オブ・ワンダー」だ。長さゆえ中弛みもあるが、ドラマをそこそこ放棄してるのだから、そこはしょうがない。
まあ、でも、明日になったら忘れてそうだ。
宇宙人いっぱい出てきて楽しいのだけど、人類はあんな宇宙船に巣食う原始人みたいな種族と握手しなくても良かったんじゃないかな?
デハーンがただの軽い兄ちゃん役(=ヴァレリアン)。ルサンチマン持ってない役とか、初めてじゃない? 不敵な感じがちょっとベニチオ・デル・トロがヤングになったみたいで良い。
ヴァレリアンの相棒(=ローレリーヌ)のカーラ・デルヴィーニュは勿論美人だからそれで全然OK。
一瞬でエロナースになるダンサー好き。
あ、あれ、イーサン・ホークなの?(=ショー・パブの客引き)
情報屋トリオの声をアルフィーにした人、冴えすぎてる。


◆『ぼくの名前はズッキーニ』恵比寿ガーデンシネマ2

▲エレベーターを溢れ返させるゾンビの群れっぽい。

五つ星評価で【★★誰に見せたかったのだろう】
紆余曲折はあったけど、不幸のどん底ではなく、最悪に陥らないちょっとだけ上の部分でとどまってる。不幸の中で見つけたささやかな幸せだけど、幸せの火が小さすぎて消えてしまわないかと、見ていて心配になる。主人公達が大勝しないので、明確にスッキリして終わらない。こういうのは作品の対象者である子供が見て楽しめるのだろうか。いや、それ以上に同じような境遇の孤児がこれを見て楽しめるのだろうか。別にアニメは「夢がある」という嘘をついてもいいと思うのだ。それはリアルじゃないからと否定して、最初から大人の批評家を対象に作ったような作品はどうも好きになれない(いや、子供の心を打つようにリアルに作るという方針が成功するのなら、この限りではないのだが、この状態であまり成功してるとも思えない)。


◆『トゥームレイダー』丸の内ピカデリー2

▲ザ・保護色女。

五つ星評価で【★★せっかく日本の話なのに】
実は謎に覆われた遺跡の舞台は日本であり、埋葬された悲劇の女王は卑弥呼であるとの事。そんな風には全く見えねー。
アリシア・ヴィキャンデルは可愛いし、アクションとかもよくやってると思うけど、何か盛り上がらない。彼女が主役の話なのに、彼女に感情移入しづらい。基本一人で、独断でどんどん物事を進めてピンチをどんどん引き寄せるけど反省もなく悪ぶれない。設定が天才と凡人のどちらにも寄ってないのかもしれない。全てのピンチを自らの才覚でバリバリ切り抜けるほど英雄的に突出してる訳でもなく、失敗を繰り返すが、その失敗の中で彼女の人柄が見えて好きになってしまうほど庶民的でもない。中途半端にどっちつかずの位置にキャラクターを設定してしまったため、彼女が何者か、どう見られたがっているか、などがボケてしまった。
アクション映画としては、作品の舞台やミッションに既視感が付きまとう。又、ジャングルなどの舞台でアクションする人物のシルエットが綺麗に抜けて見えない。見やすくない。
自転車ラリーが一番目新しく、見やすくて良かったかも。
と言いながら、あれは全部カットしてもOKな独立したアクションなのだけど。


◆『ペンタゴン・ペーパーズ』ユナイテッドシネマ豊洲2

▲白雪姫と七人に満たない小人っぽい。

五つ星評価で【★★★★ともかく緩急が素晴らしい】
スピルバーグは相変わらず緩急が上手い。飽きさせない。
そもそもメリル・ストリープの演技が「緩」で、
トム・ハンクスの演技が「急」なので、
バランスよく映せば自然に「緩急」が付く構造が天才的である。
あと、シリアスな物語の中に、たまにちょこんと出てくる子供たちが
スピルバーグ幼児嗜好症ちゃうんかと思うくらい可愛くてホッとする。

一番、権限を握っている人物なのに、単に女性であるという一点のみで
「お飾り社長」として存在がないみたいに扱われるメリル・ストリープの
不条理と、正しさを問わないが豪腕であるトム・ハンクスの危なさが
いい対比になっている。

そして一見、本当に「できる」人材に見えないメリル・ストリープが
覚悟を決める場面の鮮やかさが素晴らしい。


【銭】
『honey』:東映株主券2980円をチケット屋で買って6回分のうち1回(2枚目)。
『ヴァレリアン』:映画ファン感謝デー料金で1100円。
『ぼくの名前はズッキーニ』:ユナイテッドシネマ会員ポイント2ポイントを使って1000円。
『トゥームレイダー』:前回有料入場クーポンを使って1300円。
『ペンタゴン・ペーパーズ』:ユナイテッドシネマ会員ポイント2ポイントを使って1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
honey@ぴあ映画生活
ヴァレリアン 千の惑星の救世主@ぴあ映画生活
ぼくの名前はズッキーニ@ぴあ映画生活
トゥームレイダー ファースト・ミッション@ぴあ映画生活
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ヴァレリアン 千の惑星の救世主@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ヴァレリアン 千の惑星の救世主@SGA屋物語紹介所
トゥームレイダー ファースト・ミッション@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書@映画のブログ
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書@ノルウェー暮らし・イン・原宿
スポンサーサイト