FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『焼肉ドラゴン』ニッショーホール


▲構成的にはサザエさんに近いが、一家団欒が熱い。あと、血の関係がちょっと複雑なので遺産分配にもめたりしそう(遺産がないから大丈夫そうであるが)。

五つ星評価で【★★★★真木よう子と井上真央💛】  
高度経済成長期の韓国人一家、ぶつかりあって生きていく。
在日韓国版『寺内貫太郎一家』と言う感じ。
だけど小林亜星と西城秀樹の取っ組み合いはない。
ケンカは主に痴話喧嘩なのである。

真木よう子と井上真央が素晴らしい。
毅然とした態度を崩さない、家族の中で一番正義を貫いているのに、愛についてのみ最後に自分の正義をも濁らせてしまう真木よう子。びっこを引いてるだけで人生背負わされちゃった感が濃厚で好き。
そして、ずっと怒ってる激怒の女、井上真央。昭和風の安い服がたまらん。井上真央の選択もいい。彼女はただ幸せになりたかっただけなのだ。彼女と大泉洋の間には距離の近さはあるが幸せはなかった。

▲綺麗どころ二人。

大泉洋も盤石。言い訳を言わせたらこの人にかなう役者は日本にいないと思う。何でそんな特殊な演技に嵌るのかはよく分からないけど(『水曜どうでしょう』の成果か?)。すげえクズだけど一途なクズなので許せてしまう。
あと、お父ちゃんのキム・サンホが凄い存在感。うーん、日本人だと思い込んでたー。

もうのっけから猥雑で貧乏で一生懸命が押し寄せてるのが好感モテモテ。一つ一つのセリフが面白い。役者が生きている。ただ、全体のまとまりがちょっと悪い。映画と言うより、お茶の間のドラマを演劇に昇華して見せられてる感じ。話の筋や映像で語る上手さみたいな物より役者の演技を優先して見ちゃう私みたいなタイプは、かなりちゃんと楽しめると思う。127分の長さは感じないが、今回の試写開場は椅子が硬かったのでお尻が痛かった。


【銭】
雑誌の試写会申し込みで当たり。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
焼肉ドラゴン@ぴあ映画生活
スポンサーサイト