FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『50回目のファーストキス』ユナイテットシネマ豊洲11(酷評)

※ 酷評をするので、面白いと思って、その気持ちを害されたくないと思うあなたは記事を読まずにスルーするのをオススメします。

五つ星評価で【★やっぱ原典が良すぎるか?】

▲胸毛と乳

ドリュー・バリモアの映画が好きで、
日本版を作る必要性を感じていない。
(と言いながらもうほぼほぼ覚えてない)
見ないでダメ出しも出来ないので見てみる。
うーん、ダメだ。
ロマンチックにもコメディーにもなっていない。
筋を知らない人が見ればロマンチックかもしれない。
ただ、笑いを詰め込んでる割には笑い所がない。

登場人物のキャラ設定のベクトルがそれぞれ少しずつ違う気がする。

山田孝之:誠実かつコメディー・メーカーみたいな役どころなのだが、
 一途ではあっても、コメディ・パートの為に言動をコロコロ変えるので、
 あまり誠実そうには見えない。
 山田君の顔はいい人より奇人演じる方が合う顔だし。
長澤まさみ:可愛いけど、この物語の「ヒロイン」としての
 「らしさ」に欠ける。もちっといい感じで鈍感っぽい方が良い。
 それは長澤まさみにそうしろと言うより、
 そういう人をキャスティングする方が正解だと思う。
 鋭敏な感じで痛々しい演技されると観客に悪く響く。
太賀:ホモネタが不快。いなくても良い。そういう意味で言えば
 山田の会社の二人もムロツヨシもいらないと言えばいらない役。
 味が濃いのがあちこち点在しながら面白くないのがどうにも邪魔。

福田雄一らしさを全部捨てて、主人公二人を高校生にして、ラノベ映画みたいにした方が楽しめるかもって、それは『一週間フレンズ』か。こんな悪口ぷんぷん言いながらも、福田雄一テイストが一番色濃いキャスティングであるのに、佐藤二朗は好き。いつもの無駄な演技も入れつつ、ちゃんと娘を心配するお父さんとして凄く真っ当に見えるからだと思う。逆に言えば、山田孝之と長澤まさみの恋愛パートがあまり胸に迫って来ないのは、山田孝之が長澤まさみに惹かれる理由が単に外観から始まっており、その外観を越えて裏打ちするような恋愛に二人が到達するだろうという見通しが「フィーリングが合う似た者同士」という一点に絞られており、そのフィーリングが福田節が強く出すぎて観客が共有とか納得とかできないからに違いない。うん、上手く行きそうに見えないし、運命の相手に全然見えないのよ。あっ、それか。運命の相手ってなかなかロマンチストじゃん、俺。


【銭】
ユナイテッドシネマ会員更新時の映画一本1000円で見れる券を使用して鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
50回目のファーストキス@ぴあ映画生活
スポンサーサイト