FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『心と体と』『RAW 少女のめざめ』早稲田松竹

企画「私のなかの私が目覚めるとき」。

◆『心と体と』

▲お嬢ちゃん。

五つ星評価で【★★★★優しい】
男も女もそれぞれ事情はあるが観客に好かれる好人物。
でも、恋愛に発展するには、二人の人間的な組み合わせが違いすぎる。
『モリのいる場所』の山崎努と『パシフィック・リム』の芦田愛菜の恋愛みたいだ。
男ゲーザ・モルチャーニの風貌が良い。その風貌に彼の人生の全てが表わされてる。でも、もうちょっと彼女に対して彼女寄りに寄り添ってあげてほしいよなとは思った。そこはまあ致し方ない。そういうコミュニケーションが双方から取れない二人による恋愛という物語なのだから。でも、それでも、彼女の方が断然近くまで寄り添いに来てるのが分かるだけに同じ野郎としてヤキモキした。
女アレクサンドラ・ボルベーイの凛と孤独で研ぎ澄まされてるように見えながら、本当は単にコミュニケーションが取れない女子小学生みたいなメンタリティーというのを異常な説得力で体現。「ああもうこの子ったら」と、環境も何も違う外国のオヤジに子供を思うよう心配させるなんて、何て凄い事よ。何も現れない表情の奥に百倍くらい激しい感情が渦巻いてると思うと実に切ない。そして、もどかしい。
鹿が名バイプレイヤー。鹿は偶然撮影したショットを積み重ねて作ったのではなく、全部、調教して演技させたとか。それ凄いな。
牛が名バックグラウンド。まあ、死んでくだけなんだけど。そこだけ特殊な閉鎖的な環境というのを牛が表わしていたんだと思う。逆にそういうちょっと外界と隔絶した場所だからこそ、この二人の組み合わせが成り立てたのかもしれない。

私だって鬼じゃないんだから、可愛らしいカップルを見かけたら上手く行ってほしいとちゃんと思う。ああ、ほんま、可愛らしいカップルだった。この映画が終わった後の彼等の人生も頑張れとエールを送りたくなる二人でした。

▲おっちゃん(100円ショップ大納言っぽい)


◆『RAW 少女のめざめ』

▲ウェット&メッシーど真ん中。

五つ星評価で【★★投げっ放し】
超ド直球ビンボール。
ぶつけるのはいいが、ぶつけた後の話の回収が雑。
美少女がすげえ美少女。姉貴はそこそこ。
「目覚め」ってそれかよ。目覚めた瞬間の音がロックで効果的。ああなる確率が高い事は当然知っていたにもかかわらず獣医大なんかに入学させてしまった両親がポンコツ。
「RAW」って何やねんと思ったら「生(なま)」の事なのね。そうね、一番題名にふさわしいね。
主人公のジュスティーヌはサドの「美徳の不幸」の主人公と同じ名前。戒律を守ろうとしてさんざん酷い目に会う。彼女には正逆の奔放な姉が居り、そちらは極悪非道な「悪徳の栄え」の主人公である。名前が同じアレックスだったら面白いのだけど、そうはいかず名前はジュリエットである。ちょっと遠くて結びつかんな。


【銭】
一般入場料金1300円だがアンケート記入で招待券が当たって今回は無料鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
心と体と@ぴあ映画生活
RAW~少女のめざめ~@ぴあ映画生活
スポンサーサイト