FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『銀魂2 掟は破るためにこそある』ユナイテッドシネマ豊洲9


▲大勢すぎ。

五つ星評価で【★★★ギャグがキレッキレ。アクションがだらだら】  
まずは「将軍接待篇」。ギャグのテンポやくだらなさがマンガやアニメのソレとシンクロしてきてて実に面白い。いちいち突っ込む新八が実にゴクローさん。ギャグが一つ一つくだらなくて、その上、オンパレードでずっと続くのが楽しい。
床屋のシーンとか凄い。元々、小栗旬・菅田将暉・橋本環奈という役者三人がコスプレして主役三人組を演じているのだが、そのコスプレして成立してるキャラクターが更に身を隠す為に仮装するのである。それでも「この三人」と分かる加減具合が凄い。

キャバクラのシーンとかオールカットでも全然大丈夫な感じがとても好き。
柳楽優弥がカメラで橋本環奈パシャパシャ撮ると橋本環奈が照れるのが可愛い。
長澤まさみの出番が少ないのが悲しい。
夏菜が夏菜に見えない。いや、ああいう個性しかないようなキャラは好きだけど。
キムラ緑子、キムラ緑子のままで銀魂キャラを演じ切れるのが凄。

さて、問題なのは「真選組動乱篇」サイドのダレ具合。
アクションなげーなー。何であんなに長く感じるんだろう。
アクション的な見せ場ポイントは時間が長いだけに多いのだが、見栄を切るとか、いい場面を輝かせるとかの演出が皆無じゃなかろうか。ギャグではあんなに演出するのに、アクションは流しっぱなしみたいな。
危機に陥った局長・中村勘九郎を奪還するってミッションなのだが、なかなか中村勘九郎が乗ってる電車まで追い付かない。最終的に主役三人は副長・柳楽優弥を届けるのが仕事でその後、小栗旬は途中で別れてしまうし、橋本環奈はバタバタ動いていたが、菅田将暉なんてアクションやってるイメージが残っていない。電車内のアクションも人が多すぎて整理されてないから見づらい。いや、人が多いとかではないか。因縁的な対決で「吉沢亮(沖田)vs三浦春馬(伊東)」「中村勘九郎(近藤)vs三浦春馬(伊東)」「柳楽優弥(土方)vs三浦春馬(伊東)」みたいなのを一々やってるから長いのか。こんなんやってたら菅田将暉や橋本環奈はアクションで美味しいカット撮る余地とかないよな。それに真選組の3トップとわざわざ戦わせるほど三浦春馬の伊東が面白かったり強かったりする訳でもない。
変な演技を堂々とやる柳楽優弥は美味しい。
顔から液と言う液を全部出して熱い演技をこんな映画でぶちまける中村勘九郎もちょっとウザいがまあまあ美味しい位置にあり、いいプロモーションと言える。本当は熱血いい人プラス全裸みたいなので、いいバランスになると思うのだが。
吉沢亮のサド美形でしかないキャラは周りがオチャラケてない状態では、裏切ったり表替えったりって勢力ベクトルの移動にしか使えず全然美味しくない。前作と比べて一番美味しくなかったのはこの吉沢亮と長澤まさみだろう。長澤まさみは出番が少ないのが美味しくないのだが、吉沢亮は出番が多くて美味しくないから、心底美味しくない。
悪い側はガクトみたいなのに常に浮気した夫を責めるような目つきをしてる三浦春馬の存在感が良い。伊東に扇動されて近藤にまで手を挙げるという動乱を描くには尺が短いので、存在感で攻めるしかなかったとも言えるが。これの少年時代にまで遡らなくてもよかったと思うな。テンポも落ちるし、どんな少年時代だったか、今、思いだせないくらいだし。
堂本光一と窪田正孝も最終的に何を求めてどうしたいかが分からない悪役と言う立ち位置にいるだけの悪い人。窪田正孝もまた徹底的に美味しくない人の一人だ。窪田正孝なのに窪田正孝に見えないし、夏菜みたいなギャグで色付けますみたいなのもないし、単にラスボス前の強い人。初出演組の中では堤真一があんなに美味しいと言うのに。勝地涼も今一つではあるのだけど、全裸になった将軍の将軍家では代々将軍的ではない部分が前田敦子とよろしくやってるとか考えたら内助の功でギリ良いとしてあげたくもなる。うどん粉塗ってやれよ(それは『のみとり侍』)

ギャグだけの一時間の映画とアクションだけの一時間の映画(監督は福田雄一以外)にすればいいんじゃないかねえ。


【銭】
ユナイテッドシネマ金曜メンバー割引で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
銀魂2 掟は破るためにこそある@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
銀魂2 掟は破るためにこそある@いやいやえん
銀魂2 掟は破るためにこそある@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
スポンサーサイト