FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アントマン&ワスプ』トーホーシネマズ日本橋7(ネタバレ部分あり)


▲ワスプ(雀蜂/左)とアントマン(蟻男/右)。二人ともスーツの色味が果てしなく地味。でも、カラーリングがミクロイドSだったら、それはそれで恥ずかしいからせんないか。

※ ラストについて触れている箇所がありますので未見の方はご注意ください

五つ星評価で【★★★快調なテンポと適当さ】  
アントマンの一番の魅力は他のマーベル・ヒーローと比べて適当な事にある。アントマンの能力はサイズを変える事だが、サイズが変わる事による生物学的なデメリット等は一切考慮されない。ただ無邪気に質感や重量とともにサイズだけが変わるのである。例えば身長が5倍になったら体重は容積の単純換算で5×5×5で125倍になり、その重さを支える骨の強度が従来の物では成り立たなかったりみたいな話は無視なのである。大きくても小さくても強度は変わらないと言うのは都合がいい嘘で、多分、スーツが外界と完全遮断されているなら可能だろう。でも、そうするとスーツを着用すると着用した途端に中の人間は死んでしまう。呼吸でも熱でも完全な遮断の上で人間が生きるのは難しい。
その辺、一切、無視して大きい小さいを繰り返すのは、とても都合が良いではあるのだが、効果としてはとても面白い。
一定の容量空間(例えば自動車車内)に占める密度の取り方を0から100まで変える事によってこんなに面白いアクションが可能だとは。これはカトゥーン・アニメの大袈裟なアクションの魅力に近い。物理的にありえないような大袈裟な衝撃。それを正義タイプではない適当な主人公が演じるのがたまらん。このスーツをキャプテン・アメリカが着たら悩みだしそうだ。
アントマンは考えない。
アントマンに比べて理性的理知的である筈のニューヒロイン、ワスプもいきなり出てきて大活躍するが、彼女も考えない。彼女にあるのは行動と信念だけなのである。この人は大日本帝国軍人の鬼軍曹に近い。科学は後から付いてくる。
そして、この超科学(魔術に近い)を開発したマイケル・ダグラス老博士は「超天才」、その設定だけで全て逃げきってる。うおおおおおおー、適当(褒めてる)。

今回このバックス・バニーみたいな面々がスクリーンいっぱいに追っかけっこするのをただ見てるだけである。基本、物語にヴィラン(悪玉)と語るほどの大悪党は出てこない。

極小化システムを盗んで売って大儲けしようとする悪党はマフィアと言うより、部下の少ないチンピラだし(メインは3人くらい)、あんなん、あーた、鼻くそですよ。鼻くそ。どっちかって言うとアントマン&ワスプ&博士(お荷物)の能力が「超人」の域に達していないからチンケな悪役とバランス取れてるってだけ。

マスクを付けてアントマン達と敵対する「ゴースト」もベクトルが違うだけで「悪」ではない。ゴーストもアントマン同様、考えなしに機能をだだ漏れさせながら使っているだけである。と言うよりもゴーストの場合は機能があって、人格がそれに引きずられてる訳だが。なので、ゴーストさんはもうちょっとちゃんとした人格を与えてあげて魅力のあるキャラにしてあげてほしかった。

アントマン&ワスプ&博士&ゴースト&チキチキ強盗団&FBIの家駆け付けチーム&ペーニャ、の仁義なきずっこけ追っかけアクション・ムービー。 in バックス・バニーみたいな世界。だから、蟻とかがたまに命を落としたりするんだけど、ほぼほぼ心が痛まない。あれはそういうシステムだから。俺、蟻とか虫に感情移入はしないんだ(虫は無視だ)。あれがルーニー・チューンズだったら、蟻に天使の羽根と神様の輪っかが付いて天国に召されただろうけど、流石にそれをやったらドラマとして破綻するから抑えたんだろうな。それはしょうがない。

チラシにゴーストの素顔載せてしまってるのはどうかしてる。
逆にゴーストのスーツ姿がチラシに載ってないのもどうかしてる。

ガクーンと気分が落ちたのがラスト。
これで、このラインも『アベンジャーズ』に取り込まれてしまうのだな。割と同じグループにいながらも、地上寄りの汚いコメディーやってますよって感じで極力、影響を受けずに別枠にいたのに。そしてそれが『アントマン』の魅力なのに。全体構想からして見ればしょうがないのかもしれないけど、実に勿体ない。これで、ゲスい話であり、アベンジャーズとかと同じ地球で働いてるけど、ご近所の話だから温かい目で見てやってね、という息抜きラインは『デッドプール』だけになったのだな。あー、あれは興行系列的に違う地球らしいのだけど。どんな些末なシリーズでも見ないと『アベンジャーズ』に差し障りありまっせというのは緩慢な脅迫で、ちょっとイヤだなと思う。

世界観的な意味合いでディズニー(マーベル)地球とソニー地球が融合する中、Xメンとデップーの20世紀地球が別の軌道にあるという事でいいのかな? ファンタ4はどこだろう? まあ、もっと遠い所にDC地球があって、デップーだけはそこに非常勤で出入りしてる感じなのが流石デップー。

相変わらずアントマンの娘が犯罪犯したくなるくらい可愛かった。

マイケル・ダグラスの奥さんが行きっ放しになった世界からやっと帰ってきて体質が変わってるって、ちょっとジャミラっぽいので、水をかけたら悶え苦しむかもしれない(やめてあげて)。

初代ワスプがどんどん小さくなり世界を救ったが(『火の鳥 鳳凰編』だがや)、アントマンが機械の故障で際限なく大きくなっていったら宇宙はともかく、地球くらいは滅亡するのでは?


【銭】
トーホーシネマズデーで1100円(サニー満席だったからこっちにしたよ/でもこっちも最前列)
▼作品詳細などはこちらでいいかな
アントマン&ワスプ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト