FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『泣き虫しょったんの奇跡』ユナイテッドシネマ豊洲2


▲「俺だって喫茶店でこんなウェイトレスさんに話しかけられたかったやい」

五つ星評価で【★★★極めて演歌的な一本】  
ずっと待ってたのに最後までショコタンが出て来なかったよ。

将棋と言うのは極限の論理ゲームと思うのだが、将棋その物の狂気には触れず、役者の芝居の積み重ねで世界を構築した。すげえ演歌っぽい映画。出ずっぱりの人から、ちょっとだけ出演の人まで、何とも役者が魅力的に映っている事。逆に言えば「それだけ」な感じもかなり強い。割と大した話ではないと思うのです。

将棋と言うゲームの特性に付いては、映画の中で全く何も語られない。おそらく語るのを避けたのだろう。
だから、この映画の中で将棋はただ「強弱」があるだけで、戦法の違いによる組み合わせや、相手の試合の棋譜を読む事による相手の指し方の予習など全く描かれない。大胆かつファンタジー。

主人公・松田龍平は腫れぼったい目とゴツイ手首が良い。らしい。
初恋の相手と同僚に上白石萌音と石橋静河。美人ではないが感情が露骨に顔に出るような癖が強い二人。リアルにいそうだし、いてほしい感じの人選。
イッセー尾形いいなあ。負けた男のかっこ良さが滲み出てる。
松たか子もああいう人いそうで、とてもいい。そして、松たか子が演じるからこその説得力。
プロ棋士を目指す三段リーグの住人達、妻夫木聡、駒木根隆介、永山絢斗、ナイーブで良い面々。渋川清彦は何の説明もなかったからプロ棋士とは思わなかったな(チラシにプロと書いてある)。
藤原竜也の贅沢な使い方。
渡辺哲の贅沢とは思わんけどそれしか出んのかいな使い方。
プロ編入試験の対極棋士は全員本物の棋士なのか。いや、強さが気持ち悪いくらい滲み出てた。

手足を折って『芋虫しょったんの奇跡』だ。


【銭】
ユナイテッドシネマ金曜メンバー割引で1000円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
泣き虫しょったんの奇跡@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
泣き虫しょったんの奇跡@あーうぃだにぇっと
スポンサーサイト