FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『スカイスクレイパー』109シネマズ木場4


▲最強夫婦。

五つ星評価で【★★★★相変わらずロック様は外さない】  
飛んだり跳ねたり殴ったり、相も変わらず大活躍のドウェイン・ジョンソンことロック様である。今回は片足義足で人質を取られる事にトラウマを持つパパさんなのだが、この片足義足ってのがどう考えてもハンデでしかない。なのに、その片足をあんな事やこんな事そんな事まで。『燃えよドラゴン』リスペクトの部屋が出てくるのだから、あの足も大富豪が「実はこんな事もあろうと、こんな物を作ってたんだよ」と『燃えよドラゴン』の鉄の爪みたいな鉄の足の爪を出してくれても良かったのに(出るか、そんなん!)。
しかし、片足がハンデかと言うと、実は最初の方の肉弾戦で片足がないロック様と戦う男が実にキツそう。片足しかないから、バランスが取れないロック様がムキムキの身体に体重かけてぶつかってくるのである。そら、勝てないよ。

▲中国人大富豪。何か見覚えあるなと思ったら枝野さんに似てるのだな。耳はそんなに福耳じゃないな。

しかし、高層ビルが火事になるからパニック映画になるのかと思うと、中にほとんど人が入ってないから、そういうドラマをバッサリ割愛できたのは逆に良かった。そういうのはそういうのでロック様以外の映画で見るからいいや。

予告が最近のロック様の予告らしい「がなりたてるバカ予告」なのだけど、あの狂った予告のせいで中身が全く伝わって来なかったのは逆に良かった。ネタバレするような内容があるかどうかは微妙に難しいかもしれないが。

ロック様の奥様役、昔ホラー映画にいっぱい出てたネーヴ・キャンベルなのね。割と素行が悪い役が多かった筈だけど、遂に奥様の役をやるようになったか。昔の役柄のままだったら主婦売春かドラッグのディーラーくらいやってるに違いないが、そうでもなさそうだった。ただ、映画の中でも何気に強い。案外、若かりし頃は宮崎萬純くらいスカート長くて、鞄ペッタンコだったみたいな逸話があるのかもしれない。
基本、最強夫婦である。
物理的に強い夫と霊的に強い妻。

まあ、しかし、勿体ない犯罪だ。
あの現場跡地、問題建築物を撤去するの大変そう。

ロック様はこういう次に続き出来そうにない映画でもポンポン出演して、大概面白いから凄い。
これも続き作るの難しそうな一本で、仮に続きが出来るとしたら、追加ハンデとして、どこか身体の部位を一つ削らされたりして。桑原桑原。
いろいろ辻褄が合わない事もあるかもしれないけど、まあ、それはいいじゃん。ロック様の映画でそこに捕らわれなくてもいいじゃん。


【銭】
109シネマズ、20時以降のレイトショー割引料金で1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
スカイスクレイパー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
スカイスクレイパー@yukarinの映画感想ぷらす日記
スポンサーサイト