FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ザ・プレデター』『MEG ザ・モンスター』『愛と法』『すばらしき映画音楽たち』『ネバーエンディング・ストーリー』

摘まんで5本まとめてレビュー。

◆『ザ・プレデター』トーホーシネマズ渋谷4

▲「廊下でケンカしてるって先生に言い付けてやるんだからね」的なショット。

五つ星評価で【★★★プレさんは外さないっしょ】
プレさん相変わらず強くておもろいなあ。
掴みはOKみたいな最初の出会いから、研究所抜けだして、
でっかいプレさんといざこざ起こして、
そのでっかいプレさんをどうにかするまでが今回。

シュワちゃんグループをシュワちゃんを除いて壊滅させた1の圧倒的な強さを考えると、ちょっとお手頃な弱さにスケールダウンした気がする。色々条件が異なるにせよ、伝説のハンターなんだから、強さにあまり違いがあるのはいかんだろう。いろいろバタバタした展開で、今、思い起こしてもどっちがどっちのプレデターだか曖昧なのだけど(多分、子供浚われる前までが実験体で、攫われた後が図体でかい奴)、主人公の軍人の動きに話が乗っかっていて目的がブレないから見ていて見やすい。

プレさんがでっかいのは良い。
プレさんの宇宙船と米軍戦闘機の空中戦があるのは良い。
ラスト始末を付ける所のアイデアはよく考えてあるが、案外狂人とか含む地球人の軍団とプレさんが互角に戦ってるように見えるのはよくない。そもそも昔は場所も分からず銃撃不可能だったし、被弾しても効果がなく絶望的になるのが定番だったのに、今回は恐れ知らず。狂人だからか。

プレさんのメンタリティーは「キカイダー01」のワルダーにちょっと似てるかもしれない。
じゃあ、ビジンダーも出して胸の第三ボタンを開けるかどうかでドキドキさせてほしい。


◆『MEG ザ・モンスター』109シネマズ木場7

▲「積年の鱶鰭の怨みを受けるがよい蛸坊主」「蛸坊主言うな」

五つ星評価で【★★★鮫にステイタスなら外さないっしょ】
鮫がでかいだけでおもろい。映画の構成なかなか上手いし。
その上にステイサム。
女の為に勝てない鮫に向かうステイサムかっけーわ。
効果として血がドバドバというのは無しにしてるそうで、
なので年齢指定制限が付いていない。人間そのものが噛み砕かれるような描写もなかったし。では怖くないかと言うと、鮫をでかくした甲斐があって丸呑みOKなのだ。なるほど。ラストシーン、メガロドンとは別に通常サイズの鮫がチリメンジャコみたいな感じで出てくるのだが、それってメガロドンが出ないとしても、あのビーチあかんという事じゃないか?
中国人のヒロインが出てくるのは無理やり作った必然性から分からなくもないが(妥当かどうかは別)、前の奥さん出すなら、その辺りの役は前の奥さんに振った方が自然じゃないか? ステイサムとヒロインを恋愛関係に持っていくのはちょっと距離が開いてる気がする。ラストちょっとダレて意識失った。


◆『愛と法』ユーロスペース2

▲サバサバしてていい人感強いろくでなしこ氏。

五つ星評価で【★★★妙に冷静な同性愛ドキュメンタリー】
リアル『チョコレート・ドーナッツ』 in JAPAN。
でも、泣いたりわめいたり女装したりエイズで死んだりがない同性愛映画。
じゃあ、エモーショナルなのは二人が関わる裁判なのか?
それも極めて淡々と進行する。良くも悪くも上品である。
無理に下品にするのもおかしいからこれは正解かもしれんが
無駄にエモい展開が下品な私は欲しかった。
だってその方が盛り上がるじゃん。


◆『すばらしき映画音楽たち』シネマ・チュプキ・タバタ

▲「これが全部内臓だったらキモイ」とか無駄連想するダメ俺。

五つ星評価で【★★★楽しいんだけどな】
とってもよく出来た蘊蓄ドキュメンタリー。
まあでもどんなにいい蘊蓄でも2時間インタビューしかない
映画を見てるのはやっぱキツい。
『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』『スーパーマン』『卒業』『めまい』『サイコ』『バットマン』『レイダース』『スター・ウォーズ』『ロッキー』『猿の惑星』etc,etc。そら音楽かかるだけで楽しい。
久々に聞くJAWSのテーマはやっぱり大リーグボール3号のテーマに似てた。


◆『ネバーエンディング・ストーリー』シネマ・チュプキ・タバタ

▲何か姫の顔ながくね?

五つ星評価で【★★やっぱつまんねーよなー】
公開以来2回目。あのリマールが歌う「ネバーエンディング・ストーリー」が冒頭からかかって、これが小洒落たポップスでもう出だしからグズグズセンス悪い。リアル・ワールドとファンタージェンの二つの世界の物語なのだけど、リアル・ワールドに時間を割いていない分、大半はファンタージェンなのだが、ここの世界が子供だましに見えて仕方ない。荒野ばかりで、そこに岩男や魔法使いや小鬼がいる。このキャラが感情表現がダダ漏れてるぶん、ちょっとお金を掛けた着ぐるみに見えてしまう。そんな中、少年の英雄が窮地を脱する為に冒険の旅に出るのだが、この旅がひたすら場所から場所に移動する地味でつまらない旅。あ、曲がジョルジョ・モロダーだ。
最後の10分だけ面白い。

【銭】
『ザ・プレデター』:トーホーシネマズの会員ポイント6回分を使って無料入場。
『MEG ザ・モンスター』:109シネマズの会員感謝デー(毎月19日)で1100円。
『愛と法』:ユーロスペース会員割引1200円。
『すばらしき映画音楽たち』:期限無期限のシネマ・チュプキの12回券を10000円で購入、2回目使用。
『ネバーエンディング・ストーリー』:期限無期限のシネマ・チュプキの12回券を10000円で購入、4回目使用。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ザ・プレデター@ぴあ映画生活
MEG ザ・モンスター@ぴあ映画生活
愛と法@ぴあ映画生活
すばらしき映画音楽たち@ぴあ映画生活
ネバーエンディング・ストーリー@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ザ・プレデター@ノラネコの呑んで観るシネマ
ザ・プレデター@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
MEG ザ・モンスター@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
スポンサーサイト