FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『恐怖のまわり道』シネマヴェーラ渋谷

五つ星評価で【★★★まずいの主体違い】
1945年、白黒、68分。初見。
特集上映「蓮見重彦セレクション ハリウッド映画史講義特集」から1プログラム。

映画が悪いんじゃなく俺が悪かった。
仕事が押して昼、夕飯抜きで仕事抜け出すようにして、やっとヴェーラに到着したので集中力が弾切れしてしまった。又、字幕が多いってか、ずっと主人公が喋り続けてるのよ。なので多分、映画は悪くないんだけど、俺が映画を見る状態に自分を保てなかった。突発的に進行してる四十肩とも戦い続けてるってのも言い訳の一つに加えておこう。ダメ人間だからそんな事もあるさ。何だ。覚醒剤でもやらな映画を見れんのか俺。やらんぞそんなん。



【銭】
通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
恐怖のまわり道@ぴあ映画生活
スポンサーサイト