FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

マンガ『村人ですが何か? 第4巻』原作 白石新 作画 鯖夢、ドラゴンコミックスエイジを読書する男ふじき

読んでた奴の続巻。

ずんずんつまんなくなっているのはマンガがゲーム化しているからだろう。私はゲームをやらないから面白く思えないが、ゲーマーが見れば面白いのかもしれない。ただ、試練をクリアするのに、この技とこの技を結合して出して、こういう理由で勝利するというのが話の作り手しか知らなければ、どんな勝敗操作も出来てしまう。それはインチキじゃないか? 物語の流れその物を作るのは作者だから、バトル構成をインチキ呼ばわりするのは失礼かもしれないが、そういうのはやはりインチキに見えないように自然に読者に周知した情報の中から気付かないような奇手を出すからこそ、そうかそうかとなるのだ。理屈があってるから勝って正解、ただそれだけではない。

ほぼ全否定するような感想になったが、ラスト1頁の引きの強さには期待を高めてしまった。
スポンサーサイト