FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『パッドマン』トーホーシネマズシャンテ1『SPL 狼たちの処刑台』新文芸座

ハシゴ鑑賞2本をちゃっちゃっと手早く。
と、言いながら記事を一度オシャカにしている。つらい。つらすぎる。『殺破狼』のように辛すぎる。

◆『パッドマン』トーホーシネマズシャンテ1

▲確かに交際した当初はそんな事で仲違いするとは思わなんだよなあ。

五つ星評価で【★★★★想定通りに進むが良い】
ちょっとした思い付きが主人公を動かし、動かし続けるが全てを失い、放浪した末に、遂に成功に至る。起承転結のパターンを踏襲しながらも、脇道や枝葉の少ない単純な話なんだけど、見ている間ずっと退屈しないのは主人公ラクシュミを演じるアクシャイ・クマール氏の好感度が高いからだろう。善人にしか見えない。感情移入バッチリ。

映画のラスト、リアル本人さんの写真が一枚だけ映される。うわ、吉本系じゃん。やはり、南キャンの山ちゃんや野生爆弾のクッキーが「ここここここ、これ」とか言ってナプキン持って来たら、世のお嬢さんはそれを大事な所にあてがうのは抵抗あると思う。清潔って言われてもそんなん山ちゃんとか手袋をしていても雑菌付いてそうだし(すんげー失礼な事書いてる)。司馬遼太郎の『五黄加治』みたいな事が起こらんとも限らん(←知ったかマウント)。逆に女子が男子へのプレゼントにくれるパンツを1日履いておいたからねと言うのなら私は大丈夫だな、但し、美人に限る。

女子協力者が出てから話がやっとよい方に転がり出す。やはり、この女子の事は女子からではないと通りが悪いというのが実にリアル。まーそーだよなー。協力者のパリーが美人でちょっとグッと来る。よろめきそうでよろめかないパッドマンが偉い。

アメリカにはバットマン、インドにはパッドマン、日本にはパットマンX。

これ、この後の『まんぷく』で立花萬平が手掛けそうなエピソードだよ。

冒頭にかかる妻への好き好きソング好き。


◆『SPL 狼たちの処刑台』新文芸座

▲ビジュアル力強し。

五つ星評価で【★★それはないだろ】
いやいやいやいや、それはないだろ。
香港刑事ルイス・クー怖い顔。怖い態度。怖い逮捕に怖い堕胎。もう怖さの塊状態。
今までのどんなジャンプより悲壮なトニー・ジャーのジャンプ。
現地警察の捜査官ウー・ユエ、アジア人剥き出しの顔がたまらん。優しそうなんだ。そして、あの人ちょっとスピード・ワゴンの小沢に似てる。スピード・ワゴンの小沢なのにアクションやれるから凄い。
ルイス・クーの娘役さん不思議な透明感。あー、パンチラ写真見たい(やーね男って)。
相変わらずサモハン、アクション監督は外さない。でもアクションだけ切り抜いて見に行く訳じゃない。話を見に行くんだよ。
で、なんだ、えーと、いやいやいやいや、それはないだろ。


【銭】
『パッドマン』:ムビチケを1000円で売ってるのを購入。
『SPL 狼たちの処刑台』:文芸坐ラスト一本割+会員割引で850円。もう一本は『マンハント』。ラスト30分くらい見なおしたかったのだが、文芸坐ですら途中入場の規制が厳しくなっているので、時間が合わす断念。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
パッドマン 5億人の女性を救った男@ぴあ映画生活
SPL 狼たちの処刑台@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
パッドマン 5億人の女性を救った男@ここなつ映画レビュー
パッドマン 5億人の女性を救った男@あーうぃ だにぇっと
パッドマン 5億人の女性を救った男@ノラネコの呑んで観るシネマ
パッドマン 5億人の女性を救った男@大江戸時男の東京温度
SPL 狼たちの処刑台@ここなつ映画レビュー
SPL 狼たちの処刑台@銀幕大帝
スポンサーサイト



久しぶりにやってしまった。

「パッドマン」と「SPLⅢ」ブログの記事書き終えた所で全部、パー。

きつすぎる。

『まんぷく』記事まとめ記事

記事も泣かずば撃たれまいに(何じゃそりゃ)。

『まんぷく』に関する記事をまとめた記事です。
2018年12月23日に新着記事として作成しましたが、
被まとめ記事が増えるごとに作成日付を更新して最新にします
(今の所、まだ増えるかどうかは未定)。
順序は古い順(新しい記事が一番下)

▼関連記事。
『まんぷく』雑談@死屍累々映画日記・第二章
「まんぷく」コラボを無駄に考える@死屍累々映画日記・第二章
『シン・ゴジラ VS 対立花萬平』@死屍累々映画日記・第二章

54才で40肩その後

2018年12月15日(土)朝に始まった四十肩(医療機関非公認)、
約一週間後の2018年12月22日(土)現在(一日オーバーしたか)、
どんなんなったかと言うと、ほぼ収束しました。

肩が頭上に上がらないとかいう事もなく、
筋肉痛のような痛みもほぼほぼ抜けてます。
明確な理由はよう分からないのだけど、
痛みが残る動作を痛みを我慢して繰り返す事によって
その部分の筋肉なり何なりの使用許可を貰い直すような感じ。
ほぼほぼ貰い直して、痛みのない部分を増やしていき、
まだ少し残っているが日常生活に支障があるほどではない。

元々なんで四十肩になってしまったか原因が分からんので
再発の可能性は大いにある。
多分、不摂生とか貯まると出るんだろうなあ。
物言わぬけど『タリーと私の秘密の時間』のタリーかよ、おめ。

▼関連記事。
54才で40肩@死屍累々映画日記・第二章

(2019/3/24にカテゴリ「ふじき78記録部」から「ふじき78闘病部」に移動)