FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『フォルトゥナの瞳』一ツ橋ホール


▲異常にコンタクトレンズのCM感が高いツーショット。

五つ星評価で【★★★役者は褒めたい】
他人の不幸を肩代わりする能力と言う設定が乙一の『傷』に似てると思ったが、一応違う物として仕上がっていて安心。盗作とか言う気はないがタイプの似た同根の作品ではある。百田尚樹氏の原作は未読だが、『傷』が短編小説だったように、内容的には短編の内容だと思う。なので、映画にするにはちょっと短く、映画が長い。非常に丁寧に演出されており、その為、ラストの落ちにかなり早い段階で気が付いてしまった。それだったら、もっと作為的に荒い演出でいいんじゃないのか。

人が透ける特撮が自然で上手い。
ただ、映画前半と映画後半で「透ける能力」が発動する時間差が大きく違うのに何も説明されない点は減点。

ホモじゃないけど主演の神木隆之介が可愛い。世の女性の母性本能をくすぐるどころか蛸殴りにする感じ。「もう、本当に童貞なんだから」みたいな。野暮いファッションが徐々にオシャレくなってくのは何か幸せな事なんだけどちょっと悔しい感じもあり。

お相手の有村架純は悪くない。何かとってもいいバランスの組み合わせだと思う。ただ、有村架純は『ひよっこ』のみね子で大当たりを食らった影響で、あれ以上の名演を引きだせないでいる後遺症の中でもがいてるように見える。まあ、とても普通にやってる。そこが悪くはないのだけど、残念に感じてしまう所だ。

神木隆之介に突っかかる素行の悪い職場の先輩に、これも朝ドラ『半分、青い』でブレイクした志尊淳。「ボクテ」とはちゃんとテイスト変えてるから最初誰か分からなかった。

神木隆之介の親代わりに、こんなところに時任三郎、こんなところに斉藤由貴。海燕ジョーとスケバン刑事だから本当は二人とも強いのである。おまいらが、その能力で神木隆之介の運命をどうにかしてやればええんのとちゃうんか!(いやまあ、ちゃうんやろなあ)

神木隆之介の主治医に北村有起哉。適材適所。説得力ありあり。何も説明しないが、足引きずってるのがさもありなん。

そして、神木隆之介の初恋の相手をやり捨てて金が稼げなくなったのでソープに沈めたホスト役のDAIGO。凄い。そういう人に見える。DAIGOは最近では他に二つの役を見てる。『嘘を愛する女』の興信所付きハッカー。『ニセコイ』のピンクのスーツを着こなすマフィア。実はこの三役とも演じているDAIGOの心が伝わって来ない。本人に自覚があるかどうかは分からないが、それが無性に良い。何となく問題がないようにその場にいて、その場を進行させ、大きな波風を立たせない。この正反対の演技が『七つの会議』の香川照之。ムチャクチャ波風を立てて心情を嵐のように現場に残す。アレはいい。アレはそういう演技が求められて、その結果だ。なんつーかDAIGOの役って情報なんである。そういう人間がそういう事をした事がアリバイのように残せればOK。『嘘を愛する女』のハッカーは外見は特徴あるものの、発言力のない端役であり、存在感だけあればいい役だった。『ニセコイ』のマフィアはコミカルな「そんな奴いっこねえ」というファンタジーな役だった。なので、感情とか過剰に付いてると邪魔になる。そして今回のホストは極悪非道な役なのだが、ホストだから外見は無表情でクール。本気の感情表現はいらない。それを崩してこの映画の中で強く深い感情表現とかされると、ここだけマリワナ海溝のように深く重くなってしまい、映画の中心が変わってバランスを崩す。よい意味で今回も端役である。なんかこれは凄い役者として適しているのか、運がいいのか、面白いフィルモグラフィーだ。いいな、この腰かけ俳優感。妻の北川景子があれだけの美女なのに本気に熱演系なのも又、ギャップがあって面白い。という事で、俺、DAIGOって「ロックはそういうもんじゃないだろ」と言う面も含めて、凄い嫌いなキャラなんだけど(ともかくDAI語が嫌い)、映画に登場する役者としては次に何やってくれるのか、ちょっと楽しみになってしまった。

▲DAIGOと沈む前の松井愛莉。

そのDAIGOに売り飛ばされる初恋の君が松井愛莉。ああっ売り飛ばされた後が見たかったというバリバリにゲスい俺。


【銭】
マンガ雑誌の試写会当選。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
フォルトゥナの瞳@ぴあ映画生活
スポンサーサイト