FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『パペット大騒査線』シネクイント


▲「これがハリウッドの相棒だ!」って水谷豊はこんな下ネタやらんだろ。

五つ星評価で【★★下ネタは嫌いじゃないけど、そこにしか活路を見いだせず成功してないのは痛ましい(性交はしてると思い付いたが、それ自体が寒くてたまらない)】 
パベットと人間が共存する町で元刑事のパベット探偵が元相棒のおばさん刑事と猟奇事件に挑む。
とにもかくにもパペットで下ネタやり尽くしたぞという一本(一本が違う意味に聞こえるがな)。下ネタ以外も差別ネタや猟奇系も入るが、「見て見て、パペットをこんな冒涜に使う俺ってクール」みたいな感じで不道徳がワンパックぎゅうぎゅう詰まってるだけな感じで、思想性は感じられない。いや、こんなんに思想性はなくてもいいのだが、不道徳を詰め込む事に熱中したあまり、思想性はともかく、娯楽性が高まらなかったのは残念だと思う。ベースになるアクション映画として極めて「のっぺり」な作りになってる(鈍器で殴られたように寝てしまったから一応「おそらく」と言っておこう)

エンドロールで映る撮影風景がジャッキー・チェンの現場のように楽しそうなのはいい。
と言うより、このエンドロールでパペットを使う撮影がこんなんかと分かるのが一番おもろいと思う(撮影現場と仕上がり映像が全然違って意外性がある)。ある意味、これを副音声とワイプ映像みたいなので見せた方が面白いんじゃないかと思ってしまうのは『カメラを止めるな!』を見たからかもしれん。編集にセンス求められるから難しそうだけど。
ノーカット生放送でやれ、言うたらTV初期の『ひょっこりひょうたん島』とかにほぼほぼ近くなるのかな。あれはパペットちゃうでとヘンソン御大は言うかもしれんが。


【銭】
シネクイント、テアトル同様水曜日は1100円均一と言うのも復活しても残ってた。それを利用。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)@ぴあ映画生活
スポンサーサイト