FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『町田くんの世界』ユナイテッドシネマ豊洲4


▲主役二人に次ぐ功労者の前田敦子(右)と、その名もなき相棒(左)。

五つ星評価で【★★★★ラストの処理が違うかとも思うがエールをこめて星一つサービス】
主役の町田くんと猪原さんはオーディションで選ばれた新人、頑張った。がんばれー。
町田くんの足の遅さと、何かに気づいた時のビックリシャックリみたいなのがかーいらしい。しかし、こーゆー底抜けの善人は今まで山下清とかレインマンみたいな人しかアプローチがなく、少女マンガで恋愛対象になる外見ってのは新しいわあ。善人と言うより好男子から外見を取り除いた『俺物語』も新しかったけど。あれはあれでちょっと毛色が違うな。あれは何でも出来る善人。町田くんは何も出来ないけど善人の度合いだけ桁外れ。多分、「善人」と言う要素はそこそこ必須要素ではあるものの恋愛の最優先に捉えられた事がなかったのだろう。
猪原さんのストレス貯まりすぎて足ガタガタなのかーいー。
太賀の気持ちいい負け犬ぶりも良い。
前田敦子の醒めたJKはずっと見てたくなるくらい魅力的。彼女は実は観客視点のキャラで、皆が感じてる事を文章化する。
あと名前分からないけど、あっちゃんと恋バナする女の子がホンワカいい空気持ってて良かった。

何気に松嶋菜々子戸田恵梨香の母親陣にほっとする。
北村有起哉にはほっとしない。いや、スタンスが違うから。

終盤のファンタジーに結論を委ねちゃうのは賛成できない。そうしないと終えられない訳でもないだろう。あの結び方がベストチョイスとは思えない。

それにしても、映画内の池松壮亮よろしく、世界は今、善人に飢えているのだと思う。だから、この映画は尊い。そういう映画少ないし、善人の映画って悲劇で終わる事が多い気がしてならない。


【銭】
ユナイテッドシネマ有料入場時のポイント2ポイントを割引に使って1000円で入場。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
町田くんの世界@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
町田くんの世界@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
スポンサーサイト