FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』新宿バルト9-3、『のり平の浮気大学』『強情親爺とドレミハ娘』ラピュタ阿佐ヶ谷

同日鑑賞縛りで3本まとめてレビュー。

◆『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』新宿バルト9-3

▲ビンガム(上)に対して「お姉さんが教えてあげる」的上から目線の胸富士子もとい峰不二子(下)。

五つ星評価で【★★★★絵だな。絵が好きだな。】
ともかく空気が濃密だった。好き。
絵に惚れるようなタイプの映画なのだが、クリエイターにそれだけの実力があるならそれでいい。
原作者モンキー・パンチ氏は「俺のルパンは背中を撃てるんです」と言ったが、このシリーズのルパンはそのモンキー・パンチ氏の世界観にもっとも近いと思う(いや、モンキー・パンチ監督作品は見てないのが我ながら怪しいのだけど)。そういう意味で、不二子も病気の子供に甘くない。生きている者として対等に扱い、対等に勝負し、そして足払いして利を得る。そういう女なのだ、不二子は。
ビンカムの得体の知れなさはいいなあ。
今回のエピソードで劇場版3本が続きの話である事が分かった。そこはそうじゃないよう独立性を担保した方が本当は良かったと思う。もう、繋がってしまったからには次回作以降、その決着を付ける話になっちゃうんだろうなあ。それは話の展開の仕方としてはあんまり面白くなさそうだ。


◆『のり平の浮気大学』ラピュタ阿佐ヶ谷
五つ星評価で【★★安定した小品】
企画「添えもの映画百花繚乱」から2本で1プログラム。
1956年、白黒、56分、初見。
夫が三木のり平、妻が中田康子。
中田康子、脱ぐ訳でもないけど妙におっぱいでかいなと思った。おっぱいでかいのに、でかく見せないようにガッチリ固めたような服を着せたらかえって胸のでかいの強調しちゃったかのよう。


◆『強情親爺とドレミハ娘』ラピュタ阿佐ヶ谷
五つ星評価で【★★安定した小品】
企画「添えもの映画百花繚乱」から2本で1プログラム。
1957年、白黒、55分、初見。
父ちゃん柳家金語桜、娘ペギー葉山って名前だけ聞くと遺伝的に無理がありそうだが映像になるとそうでもない。森光子が町内会会長みたいな役で「時間ですよ」感が色濃い。


【銭】
『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』:一般料金1300円、前売りも同額だが、チケ屋で1280円でGET。
『のり平の浮気大学』&『強情親爺とドレミハ娘』:特集特別料金1500円だが3回券を3600円で購入。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘@ぴあ映画生活
のり平の浮気大学 愉快な家族@ぴあ映画生活
強情親爺とドレミハ娘@ぴあ映画生活
スポンサーサイト