FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『長いお別れ』トーホーシネマズ日比谷2

◆『長いお別れ』トーホーシネマズ日比谷2

▲自分でこーゆーの出来ないから感心するのだけど、男子が不在なので、このTV電話の設定とか、蒼井優がやったんだろうなあ。いいなあ、家に一人ほしいよなあ、蒼井優。

五つ星評価で【★★★悪くないけど良いともなあ】
凄く心を強打されるとかはない。色々な事件は起こるが、それは日常であり、殊更大事件として取りあげようと言う気はないようだ。なので、話は柔らかく淡々と続き、「それで終わるの」という感じに淡々と終わってしまう。山崎努を中心に3人の女性が右往左往する様は時にユーモラスであり、悲しい話である事を忘れてしまう。山崎努の認知症に対して周囲が困っていない筈はないのに、被介護者が死ぬか、介護者が死ぬかの二択を迫られるほどの痛々しさが滲まないので、他人事として温かく見守っていられる。
山崎努は最初から老人として現れるが、それすらどんどん削ぎ落して、徐々に物に近くなっていく演技に凄みを感じずにはいられない。『皇帝のいない八月』『必殺仕置き人』を見てると、この人が痴呆になる演技が嵌るほど長生きするとはとても思えなかったのに不思議なものだ。

蒼井優はこんなん見たら嫁さん候補№1でしょ。あのカレー屋のついついやってしまいがちな間違いベクトルも好感持てる。良くも悪くも不必要なところを切り捨てれば楽なのに、真面目なのだな。真面目だったりしっかりしてるから世の大多数の真面目じゃないに勝てないのかもしれない。

竹内裕子は大人になったなあ。『コンフィデンスマン.JP』の香港の女王とは当然ながら全然違う。まあ、ここではケレン味をどんどん引いていって無味無色になる演技だから、つまらないと言えばつまらない。西田尚美ポジションに割って入って来た感じ。夫の北村有起哉も普通の役。これも北村有起哉のケレン味を極限まで引いたような役。変な意味で不思議な夫婦。

女性陣の中では松原智恵子が一番めんこい感じで良かったです。


【銭】
時間見てチケ屋で額面1400円の前売りを額面価格でGETして劇場に行ったら残二席だった。危ない危ない。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
長いお別れ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト