FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ザ・ファブル』ニッショーホール

◆『ザ・ファブル』ニッショーホール

▲こんな人の顔がニョキニョキしてるような髪型の奴がいたら普通じゃない。

五つ星評価で【★★★★アクションと笑い】
岡田准一のアクションが速すぎて見えない。だからきっと私には分からないけどアクション凄いのだろう。あんなに簡単にすっとビルが登れるって本当凄い。ナチュラル・ボーン・下着泥棒とかできる。オウムはあまり出番がなかったから、いなければいないでよかったと思う。これは「ジャッキー・チェンの映画をバスター・キートンを主役に撮ったらどうなるかと言う映画」とツイッターで呟いた。そんなんを実現できるアクション・スキルの岡田准一、下着泥棒にしておくには惜しい逸材だ(いや、それは違うだろ)。
そして、本当のところ誰が描いてるのか分からないけど、あの「絵」にムチャクチャ癒された。
山本美月ちゃんメチャめんこい。「いい人」顔なのだよねー。彼女が仮にビッチであっても、顔が「いい人」だから、このキャスティングは成功。まあ多分、彼女はビッチじゃないと思うけど(ビッチでもええよん)。理想は「俺の前でだけビッチ」。うわあ、すげえヤンマガ感。
粘着質な役をやる柳楽優弥が怖くてたまらん。善玉よりはこっちが本業じゃなかろうか。
『居眠り磐音』の芋姉ちゃんっぽさで個人的に株を下げてしまった木村文乃もこの映画ではよかった。しかし、ファブルはほぼほぼ相棒いらないよね。ラストでいいところ浚うけど全体的に大活躍はしないし。

ということで普通に面白かった。

ただ、岡田准一演じるファブルが本当に「こっち側」なのかどうかについて見ていて不安を覚えてしまった。
まず、原作のマンガは読んでない。
でも、マンガは映画よりリアルの線引きが低いから、主人公がクズだったり、鬼畜だったりしても、それなりに読めてしまう。逆に、主人公がクズや鬼畜の方が面白さを強調する事にすらなる。それはマンガというジャンルが完全に絵空事だからだろう。マンガで読んだ事が自分自身に振りかかる可能性は低いし、そんな事を考えながらマンガは読まない。
そんなマンガと違い、映画の場合、例えば主人公が「こっち側の」善人なのか「あっち側」のイカレタ狂人なのかは大きな問題だ。他人にまでキッチリ聞いて確認した事はないが、私自身、映画を見ていて善行がなされる事を待ち望んでいる。映画の中では勧善懲悪がなされてほしい。なので、ファブルが「こっち側」か「あっち側」なのかは、見るのに大事なポイントなのである。岡田准一くんが演じるんだから「こっち側」だろうと思うのだが、要所要所、極限まで感情表現が抑えられたファブルについては、見終わった今でも「こっち側」かどうか即答できない。おそらく「こっち側」だろう。そこが私を不安にさせる。何と言っても彼が感情を爆発させるのがジャッカル富岡のギャグを見てる時だけなのだ。すげー「あっち側」っぽい。

エンドロール後のオマケは久々に「必見」と言う言葉に似つかわしい。


【銭】
講談社連合試写に当選。ありがたや、ありがたや。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ザ・ファブル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ザ・ファブル@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ザ・ファブル@日々是精進
▼関連記事。
・ザ・ファブル(1回目)@死屍累々映画日記・第二章
ザ・ファブル(2回目)@死屍累々映画日記・第二章
スポンサーサイト