FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『気違い部落』『広い天』『赤い水』シネマヴェーラ渋谷

伊藤雄之助縛りで3本まとめてレビュー。

◆『気違い部落』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★ちょっと気が重くなる】
企画「怪優対決 伊藤雄之助vs西村晃」から1プログラム。
1957年、白黒、134分、初見。
「気違い」で「部落」、流石映画館でしか見れない映画、という事で良い集客に繋がっていた。でも「精神障害」「同和部落」と言う意味合いはなく、内容に最も近いタイトルの「貧困集落」と言うタイトルだったらソフト化されない事もなかったんじゃなかろうか?
村のまとめ役、山形勲に逆らった為、村八分にあってしまう伊藤雄之助の頑固さ、それがついに折れそうになった時、今まで単に雄之助に従ってるだけに見える淡島千景が雄之助以上の頑固を見せる展開が泣ける。人は信念を失ったら人でなくなるのだ。
冒頭20世紀フォックスもどきファンファーレが松竹の富士のマークに被さるのがアナーキー


◆『広い天』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★★割と単純な内容のこういう映画好き】
企画「怪優対決 伊藤雄之助vs西村晃」から1プログラム。
1959年、白黒、79分、初見。
一人で疎開しようとする少年は親から貰った疎開先の住所をなくしてしまう。偶然、電車で出会った親切な伊藤雄之助に世話になる事になる。ぶっきらぼうだけど優しいのに顔が長いだけで「悪漢かもしれない」と思われたり、「馬のおじさん」と呼ばれる伊藤雄之助が最高にキュート。
それにしても疎開先で優しくされたというドラマや記録は見つけるのが難しい。田舎者らめがーっ!!


◆『赤い水』シネマヴェーラ渋谷
五つ星評価で【★★★大怪演】
企画「怪優対決 伊藤雄之助vs西村晃」から1プログラム。
1963年、白黒、99分、多分初見。
山本薩夫が村議会のエゲツナイ拝金主義にオーケストラをジャカジャカ鳴らす。タイトルの「赤い水」は出ない物を出る物とうたって拝金せしめようとする「温泉」の事。
伊藤雄之助のギャグの出落ちみたいな生臭坊主が凄い。


【銭】
各作品、通常一本立て興行価格1200円-400円(会員割引)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
気違い部落@ぴあ映画生活
広い天@ぴあ映画生活
赤い水@ぴあ映画生活
スポンサーサイト