FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ホーホケキョ となりの山田くん』国立映画アーカイブ

◆『ホーホケキョ となりの山田くん』国立映画アーカイブ
五つ星評価で【★★★問題は多々あるが、これはこれで良くない部分も含めてギリ良し】 
特集企画「逝ける映画人を偲んで2017-2018」からの一本。
1999年のカラー映画、103分、公開以来2回目。
まんが映画としてはいろいろ問題があるだろう。
・山場がない。
・大爆笑ネタがない。
・ネタとネタの間の切り分けが悪い。
・タイトルに出てる「山田くん」のウェイトが低い(出番少ない)。

理詰めでダメ出しは簡単なんだけど、
居心地がいい映画である事は否定できない。
一つ一つの小さなネタはどれもつまらなくない(あれ?何かよう理解できんで終わったみたいなのも幾つかある)。ただ、いしいひさいちにしてはおとなしい。どちらかと言うと高畑勲の影響の方が強く出たのかもしれない。通常の3倍の動画枚数を使い、今までにない水彩画のようなタッチ、見た目以上にムチャクチャ金がかかってるらしい。その金に見合う事なく、興行大惨敗だったのは覚えてる。人間国宝が作った一個百万の和菓子みたいなアニメ、贅沢とはこういうもんであろう。作った本人達は最後まで貧乏だったに違いなかろうけど(それはいわゆる手塚の呪縛)。

山田くんのウェイトが低いけど、恋愛ネタとか、かーいらしくてええわあ。
父ちゃんのスピーチもステキ。月光仮面はいらない。
父ちゃんの声、増岡徹ってのはうっすら覚えてたが、母ちゃんの声は朝丘雪路だったのね。全然、分からんかった。


【銭】
国立映画アーカイブ一般料金520円を映画の教室全回鑑賞者特典入場券で無料鑑賞。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
ホーホケキョ となりの山田くん@ぴあ映画生活
スポンサーサイト