FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アイネクライネナハトムジーク』トーホーシネマズ日比谷13

◆『アイネクライネナハトムジーク』トーホーシネマズ日比谷13

▲二人とも凄く安そうなスーツに見えるのが衣装の「腕」。

五つ星評価で【★★★★多部未華子無双】
まず二部制の群像劇だけど、一部と二部のキャラの繋がり具合の面白さや、キャラが普通かつ平凡なのが逆に良い。一人一人に対して深く描かれないのだけど、平凡である事によって、身近な人物として補完されて見れてしまうのかもしれない。

特に、今更そんなこと言われても感は本人凄くあるだろうけど、多部未華子お嫁さんにしたい女優ベストワンすぎる。だってごくごく普通のお嬢さんのいい所だけ集めて作ってる感じがする。そして万能(いや、万能でなくてもいいのだけど)。割とちゃんとコミュニケーション取れるけれど怒りそうにない。これはダメンズにボロボロにされるタイプだ。でも、可愛い。この人は幾つになっても変わらないなー。顔の造形的にけっこうゴツイのだけど、受けが柔らかいので、そういう風に感じさせないのが、この人の持ち味。まあでも、この映画に出ている女優は全て良いので、監督はきっと女好きだと思う。
この多部未華子と一緒に物語の中核に鎮座するのが三浦春馬。三浦春馬は勿論若いんだけど、10年の月日を映画の中で過ごしてちょっとくたびれた感じになっても、青春の青臭さが抜けない感じが見事だった。彼が最初から未完成で、最後のシーンでもちょっとだけ成長したけど、まだまだ未完成でノビシロがありそうなところが三浦春馬の良さだと思う。
愚者だけど愚者なりに完成した人物として出てきたのが矢本悠馬。こういう癖のある小さい役をやらすと外さない。馬鹿なようで馬鹿、でも、愛される馬鹿というのは美味しい役。
垣松祐里がちゃんと普通にJKしてて『サクラダリセット』の野獣みたいな役じゃなかったので安心した。
サンドイッチマンおいしいチョイ役。この使い方はアンパンマンのダダンダン(バイキンマンが作るロボット)の声とかと同じくらいのちょうどいいどうでもいい役。
柳憂怜なんて出てたか。あー、あの歯車の父ちゃんか。
濱田マリは多分、あの世界の中で口喧嘩させたら最強。

あと原田泰造に「しょんぼり」という役を宛てたのは意外で良かった。


【銭】
2019.9.25から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その2本目
(『プライベート・ウォー』見ようと思って弾かれて19時代に見れる作品がなく、2時間待ってレイト。相変わらず制度が変わってから、全然フリーパスじゃないぜ)。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
アイネクライネナハトムジーク@ぴあ映画生活
スポンサーサイト