FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『3人の信長』『ホテル・ムンバイ』『ロケットマン』『ガーンジー島の読書会の秘密』トーホーシネマズ日比谷11,9,13.シャンテ3

同日鑑賞を4本まとめてレビュー。

◆『3人の信長』トーホーシネマズ日比谷11

▲個人的には1000人でもいいぞ。

五つ星評価で【★★★解説付きで絵解きで見せる技術がなかなか巧み】
捕まえてみれば信長か3人と言う事態、まあ、全員の首を斬ってしまえばいいじゃないかと素人考えでは思うのだが、亡き殿の墓前に手向けるにはそういう雑な事は出来ないらしい。勿論フィクションだろうが、納得のいくアイデアであり、上手い事を思い付いたものだ。ただ、物凄く試行錯誤しすぎて一分の隙の無いパズルのようにしすぎてしまったキライはある。あまりにピッチリバッチリ型に嵌っているのは、頭で作った物感が高まってしまって心に届かなくなる。なんや難しいのう、われ。
冒頭から戦国時代の勢力構造を分かりやすく絵解きで見せて、たいそう親切。こういうのは素直に評価したい。
三人の信長を演じるTAKAHIRO、市原隼人、岡田義徳はいいバランス。欲を言えば、後者二人が曲者だから前者一人ももうちょっと曲者を連れてきてたら又違った味わいが出来たのかな、と。TAKAHIROって良くも悪くも普通のあんちゃんだ。信長っぽくはない。この辺のキャスティングは姫様も含めてエグザイル系が絡む事で企画がクリアしてそうなので、大人の事情的にしょうがなさそうだけど。
3人の中では岡田義徳の得体の知れない食えない感じが良い。
相手にされながら相手にならない相島一之の盤石の一手足りない感じもよかった。この人は好敵手の一歩手前が似合う人。色濃い小者感をそもそも持ってるので、この人に主人公が苦しめられていると、バカにバカにされてるような居心地の悪さが高まって、たいそうドラマとして盛り上がる。
髭が濃い役をやる時は武将でも自衛隊でも基本変わらない演技の高嶋政宏も適材適所で問題なし。ただ異常にいつも通りで、見ていて「やはりいつもと同じなのだけどこれでいいのだろうか?」と客側に思わせてしまうほど同じなのだけど、本当にこれでいいのか? そういう意味で謎の役者である。高嶋政宏はもう高嶋政宏という記号でしかない気がする。

3人の秀吉や3人の家康も出てきてほしかった。


◆『ホテル・ムンバイ』トーホーシネマズ日比谷9

▲左端にいるコック長はきっと戦わせたらセガールなみ。

五つ星評価で【★★★★圧倒的なその場へ放り投げられ感】
ホテルに来た4人のテロリストに普通の人、殺されまくりの映画。
たった4人でも火力を持ってさえいれば100人でも200人でも制圧できるのだなあ。ブルース・ウィリスのいない『ダイ・ハード』がどれほど悲惨かと言う実証映画。主人公や他のホテル関係者の誇り高い行動を称賛しつつも、最終的に何一つ解決もしていず救いようのない話でもある。
主演のデーヴ・パテール、『ライオン』の人なのね。かっこいいんだけど覚えづらい顔。整っているけど髭生やしてデコ出すと、申し訳ないけど、ハイグレードな「なすび」っぽい。


◆『ロケットマン』トーホーシネマズ日比谷13

▲前半、初の友達でうきうき高揚感上がるシーン。

五つ星評価で【★★★ビッチ女のロケットみたいな「まん」の映画って方が見たいかもしれない】
いたたまれない内容をロック・ミュージカル化。最初に出て来るオレンジの悪魔にハートの眼鏡が凄い。顔は冴えない中年男で、心の荒れが顔に滲み出てる。『必殺仕事人Ⅳ』でひかる一平を追い回していた梅津栄に似てる。そりゃあ地獄だ。監督の前作クィーン映画でもそうだったが洋楽は疎い。耳に覚えのある知ってる曲は2曲だけだった。周りもそんなもんなんだろうか。
神様は彼に音楽的才能を与えたが、愛は与えなかった。このもっともキツいケースが『ロケットマン』であり、音楽的才能を神の愛に置き換えて昇華させる事で宗教的な法悦境みたいな領域に押し上げたドラッグムービーが『蜜蜂と遠雷』のような気がする。『蜜蜂と遠雷』で神童達が酒やドラッグやセックスに溺れないのはクラシックという高貴な世界だからではなく、『ロケットマン』のポップ・カルチャーの世界のように巨大な金が唸る市場が近くにないからに過ぎない。金が唸る所にはクズが集まる。
ちょっと『ロケットマン』からはみ出す話だが、いい演奏だけ聞かせてもらえるのなら、酒やドラッグやセックスに溺れた、溺れる事によって得た感性での演奏を「より」聞いて見たいと思わせるのが『蜜蜂と遠雷』の鬼畜な結論である。ただ、バランスを取ってそんな結論は表面に出さないが。
あのオレンジの悪魔の服、ずっと見てると美空ひばりの黒い派手派手衣装を思いだした。そりゃあ、どちらにも怒られそうな人選じゃないか、俺。


◆『ガーンジー島の読書会の秘密』トーホーシネマズシャンテ3

▲リリ。

五つ星評価で【★★ちょっとウトウトしてる間に話に追いて行かれてしまったので好き星が低いって俺のせいじゃん】
リリちゃんは可愛いし、作家として生計を建てているからか、実にオシャレで金のかかった服を着ている。それで、愛情とかよく分からない婚約者からダイヤの指輪もらって、取材旅行に行った土地の男と恋愛してしまう。ビッチじゃん。成人映画だったら両方とも関係するシーンが映されるだろうが、もちろんリリ・ジェームズにそんな事をさせはせずにスルー。少なくとも婚約者とは肉体関係あるだろ。リリ・ジェームズが作家先生と言うのは、浜辺美波が文豪というくらい違和感がある設定ではないか?
秘密と言うか、謎が凄い謎ではない。いや、日本人だからフランスとドイツの愛憎関係に疎くてピンと来ないというのもあるし、そもそも読書会と言う設定が日本人には、いや、私自身には縁遠いからかもしれないが。ピンピンもビンビンも来ない(やめろよ下ネタ)。
あっ、ガーンジー島ってイギリスなの。第二次大戦中に唯一ドイツの占領下にあった島。それすら理解してなかった。
リリちゃんは可愛い。ビッチだとしても。イギリス人のビッチっていいなあ。えへへへへへへ。


【銭】
2019.9.25から一か月間トーホーシネマズのフリーパス使用その7~10本目。
映画ファン感謝デーなのだが、わざわざその日に6ポイント使って鑑賞する人も少なく、フリーパスとしては席を取りやすかった。まあ、満席にならない事だけ注意しなければいけなかったけど。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
3人の信長@ぴあ映画生活
ホテル・ムンバイ@ぴあ映画生活
ロケットマン@ぴあ映画生活
ガーンジー島の読書会の秘密@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です(一部TBなし)。
ホテル・ムンバイ@ノラネコの呑んで観るシネマ
ホテル・ムンバイ@yukarinの映画鑑賞日記α
ロケットマン@ここなつ映画レビュー
ロケットマン@ノルウェー暮らし・イン・原宿
ロケットマン@SGA屋物語紹介所
スポンサーサイト