FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『生理ちゃん』ヒューマントラストシネマ渋谷3

◆『生理ちゃん』ヒューマントラストシネマ渋谷3

▲生理女優 二階堂ふみ。

五つ星評価で【★★★こんなバリバリ企画ものの映画に出る二階堂ふみ偉いよなあ。】
「生理」を擬人化したキャラクターを使いながら主人公の奮闘を描くマンガの実写映画化作品。
絵が粗雑だなあと思いつつ、手に取るまでは至らず、表紙は知ってるけど原作未読。
「奴が来た」の一言だけで、「生理ちゃん」が生理の擬人化キャラクターである事など一切言わない。「察してください」と言う事なのだが、男らしいつーか、バカじゃね? 映画の題名が『生理ちゃん』だから察しないでもないけど。

生理ちゃんとタッグを組まされる女性は主に三人。
①バリバリのキャリアOL二階堂ふみ。
②二階堂ふみの妹、松風理咲
③恋と縁遠い二階堂ふみの会社の清掃業者、伊藤沙莉。

①はベテラン、②は新人、③は打席に立たない二軍選手みたいな扱い。割と③の伊藤沙莉はエピソードが凡庸で、彼女を削って①②の肉付けを太くすればいいのに。

「生理」その物は無関係で縁遠く、ピンと来たり、「あるある」感を共有できなかったりだが、「性欲くん」とは俺、深いところで分かりあっている。

「生理ちゃん」のデザインと仕上がりと何もやらない所が良い。
二階堂ふみが駆けだすシーンはこんな映画なのにグッと来た。


【銭】
テアトルの会員割引にて1300円。
▼作品詳細などはこちらでいいかな
生理ちゃん@ぴあ映画生活
スポンサーサイト